> > > 銀行でも審査の緩いキャッシングはあるのか

銀行でも審査の緩いキャッシングはあるのか

ひと昔前までは、カードローンというと消費者金融でしたよね。しかし今では銀行もカードローン業務に力を入れています。

テレビのCMや街中の広告などでも、大手都市銀行のカードローンの宣伝を見かけない日は無いほどですよね。

その信頼性の高さと低金利という武器を手に、銀行のカードローン人気は急騰していますが、審査が厳しいというイメージがどうしても付きまとっているのです。

では審査の緩い銀行キャッシングはあるのか?その実態を探ってみたいと思います。
(⇒審査が緩いキャッシング、在籍確認は必要?

キャッシング審査ではどこを見るか

カードローンを申し込む時に、誰もが通らねばならないのが審査です。いくら誰でも利用出来るとはいえ、この審査に通らなければお金を借りることは出来ないのです。

しかし、審査というのは自分の評価を受けることであり、結構不安に感じる人は多いのです。実際、審査が嫌で申し込みを躊躇される人もいるでしょう。

では、カードローンの審査ではいったいどこを見てどう判断しているのでしょうか。まずは誰もが知りたいそのポイントをお教えしましょう。

  • 身元はしっかりしているか
  • 安定した収入はあるか
  • 返済能力はあるか

お金を貸す側としては、返してもらうことが最も重要です。ですから、この3項目が審査の全てだといえるでしょう。

まず、どこの誰ともわからない人にお金は貸せませんから、身元を確認するのは当たり前ですね。これは申し込み時に提出する本人確認書によって行われます。申し込み書類と本人確認書に相違はないかを見るのです。

そして、カードローンの唯一の申し込み条件である「安定した収入があるかどうか」を見ます。これは申し込み書類に申告された職場で実際に働いているかどうかを、在籍確認によって行います。

そしてもうひとつ重要になるのが、返済能力です。これは安定した収入があることもそうですが、さらに過去の返済状況や現在の他社からの借り入れ状況を確認することで判断されます。

こうしたキャッシングの履歴は信用情報機関に全て記録されていますから、審査では必ず信用情報機関への照会が行われ、これが審査の要ともなるのです。

また、これらの審査内容が申し込み書類の内容と相違ないかを確認することで、その人が嘘の申告をしていないかを見ます。信頼出来る相手かどうかを見定めるということも審査の一部なわけですね。

このように、審査では大きく分けて、「本人確認によって身元・勤務先の確認をすること」と、「信用情報機関への照会による過去の返済履歴を見ること」が最大のポイントとなるのでしょう。

こうして審査で見るポイントが分かれば、審査に対してむやみに不安を感じることもなくなるのではないでしょうか。実際カードローンの審査というのは、それほど心配するものではないのです。

やっぱり銀行の審査は厳しいのか

しかし一般的に、銀行の審査は消費者金融よりも厳しいというイメージが定着しています。それはほんとうなのでしょうか。それを知るために、銀行と消費者金融の審査基準を表にして比べてみましょう。

審査基準 銀行 消費者金融
安定した収入 配偶者の収入・年金も可 本人の収入のみ
年収制限 年収の3分の1まで 制限なし
過去・現在の借り入れ・返済状況 返済遅滞などの記録があるとNG 返済遅滞などの記録があるとNG

表にすると、実は審査基準自体は両者に大きな違いがないことが分かりますね。さらにいえば、「安定した収入」の基準が本人の収入だけでなく、配偶者の収入や年金でもオッケーという点で、どちらかというと銀行の基準の方が甘い印象さえあります。(こちらもご参考に→審査は甘いカードローンは高金利?

これは消費者金融が総量規制の対象であるのに対し、銀行は総量規制の対象外であることによるメリットで、年収による借り入れ限度額の制限がないというのもこのためです。

つまり、カードローンの審査基準としては銀行は決して厳しくないのです。銀行の審査が厳しいイメージがあるのは、住宅ローンなどの高額融資を行っているために、そうした大きなローンの審査の厳しいことからきているのではないかと思われます。

審査の緩いカードローンとは

つまり、銀行カードローンの審査は決して緩いというわけではありません。そもそもカードローン自体、審査はそれほど厳しいものではなく、誰でも借りられるのが大きな魅力になっています。

ですから、その中でさらに審査が緩いということになれば、キチンと審査をしていないことになってしまいます。

とはいえ、審査というのは自分の事を調べられているようであまり気持ちの良いものではありません。結果を待つあいだは結構ドキドキするものですよね。ですから、出来れば少しでも審査の緩いところが良いと思うのは当然でしょう。

それでは審査の緩いキャッシングについて考えてみましょう。

審査の基準に大きな違いナシ

カードローンの申し込み条件は、「20歳以上であること」と、「安定した収入があること」の2つだけです。ですから審査も基本的にこの2つをクリアしていれば通るわけです。

これは銀行も消費者金融も変わりません。パートやアルバイト、また主婦や学生でも安定した収入があれば借りられるという基準はどのカードローンも同様です。

しかも今は、どのカードローンも最短30分ほどで審査結果が出て、申し込み当日にもお金を借りることが出来ます。このように誰もが気軽に借りられるということこそ、カードローンの大きな魅力なのです。

結局、銀行も消費者金融も関係なく、カードローンの審査の基準に大きな違いはなく、特に厳しいとか緩いとかの差はないのが実情でしょう。

特別緩いところは闇金だけ

ですから、もしも特別に審査の緩いところがあるとしたら、それは闇金である可能性が高いので注意が必要です。

例えば「無職でもオッケー」とか、「ブラックでもオッケー」といった甘い謳い文句を掲げているような消費者金融会社などは、明らかに闇金の危険性があるので、出来れば避けてください。

闇金というのは、財務局や都道府県で申請を受けていない、いわゆる無資格の消費者金融業者です。法外な利息を取ったり、乱暴な取り立てをするなどといった問題も数多くあるので、気を付けねばならないのです。

ですから、基本的にカードローンの審査に落ちた場合、他のカードローン審査で落ちる確率も高く、その場合は借り入れを諦める方向で考えた方が良いでしょう。

どうしても必要だからと審査の緩い消費者金融で借りてしまうと、後で返済に困ることになってしまいます。もしその借り入れ先が闇金であった場合は、身の破滅をも招いてしまうでしょう。

審査の緩い銀行はあるか

このように、銀行のカードローン審査というのは消費者金融と大差なく、決して厳しいものではありません。しかし特別緩い銀行というのもないのも事実です。つまり、どの銀行の審査も十分に通るものなので、敢えて緩いところを探す必要もないのです。

安定した収入があり、過去に返済遅滞などの履歴が無ければ、ほとんど審査に落ちることはありません。銀行だからといって、決して心配することはないでしょう。

銀行というのは、誰もが必ず利用している、最も信頼度が高い金融機関です。消費者金融に抵抗があって、キャッシングを躊躇していた人でも、銀行だったら安心して申し込めるのではないでしょうか。

しかし、それでもやはり審査が心配というのであれば、今はどのカードローンでもWEB上で借り入れ診断が出来ますから、まずはそこから試してみましょう。数秒で結果が出るので、きっと安心して申し込むことが出来ますよ。

【参考ページはこちら】
審査が緩いカードローンの限度額相場は?

新着記事
TOPICS