> > > 転職したら連絡が必要になる?カードローン契約中の注意点

転職したら連絡が必要になる?カードローン契約中の注意点

カードローンでお金を借りている最中に、転職してしまうということが起こることも少なからずあります。このような事態になったらどのように対処したらよいのでしょうか。

また、転職してしまったらお金を借りられなくなってしまうのか?など、思うことがあるでしょう。転職後のカードローン利用はどうなってしまうのでしょうか。

カードローンの契約中に転職

カードローンと契約しているときに転職したらどうなるのでしょうか?

  • 連絡する必要はあるのか?
  • 融資はできるのか?
  • 返済を一括で請求されるのか?

疑問を抱くかと思いますが、まずは転職したということを連絡する必要はあります。融資は、もちろん可能ですし、一括で返済請求されるということもありません。限度額や金利も変わることはないので、引き続き契約中のカードローンを利用することができます。

連絡をしておかないと、融資ができなくなる、制限されてしまうこともあります。転職したなら、連絡して新しい仕事先を新しい勤務先に変更しておきましょう。

変更する方法は?

転職して勤務先を変更するにしても変更の仕方がわからないと手続きすることもできません。手続きの仕方はいくつかあり、web上からでもできるし契約しているカードローン会社に電話して変更することもできる。

その他にも書類を取り寄せて変更、契約機や窓口に行って変更ということもできるのです。

勤務先の変更方法は、カードローンにもよると思うので、公式サイトで確認しておくとよいでしょう。

その他連絡が必要な情報は?

カードローンで契約すると連絡が必要になりますが、その他に何か情報が変更になったら連絡するものはあるのか?

カードローンに申し込みするときに個人情報を入力すると思いますが、自分の個人情報で変更があったものは基本連絡しておく必要があります。

たとえば、女性の方なら苗字が変わったとか住所が変わったとか、このような場合でも変更は行っておいたほうが良いといえます。自分の情報で変更があったのであれば、カードローン会社に変更手続きを行うようにしましょう。

変更しなかったらどうなるの?

カードローン契約時に入力した個人情報が変更になったにもかかわらず、変更手続きを行っていなかったらどうなってしまうのか?

勤務先が変更になった場合、仕事先の変更を行っておかないと最悪の場合だと融資できなくなるということも考えられます。また、住所や電話番号というものが変わって変更手続きを行っておかないと、カードローン会社から連絡を受けるのが困難になります。

カードローン会社から連絡があっても、「連絡を受けられない」ということになってしまうと、融資が受けられなくなるということになってしまうこともある。

個人の情報で変更があったのであれば、変更手続きを行っておかないと、融資ができなくなる、ということも考えられるので必ず変更手続きは行っておくようにしましょう。

転職後、カードローンの注意点

カードローンと契約している最中に転職したとしても今まで通り融資を受けることは可能です。この際、勤務先の変更は行っておくようにしてください。転職しても今まで通り融資を受けることはできますが、いくつか注意することもあるのです。

転職後の収入はどうなるのか?

転職すれば、収入にも変化があるわけで、「転職前」と比べると減るのか?それとも増えるのか?よく計算しておく必要があります。

  • 転職前に比べると収入が減る

という場合だと、転職前と同じように融資を受けていると、返済ができなくなってしまうということになりかねません。「収入に変化なしとか、増える」ということなら今までどおりでもOKですが、収入が減る場合は融資額には注意するようにしましょう。

返済できなくなると

転職して収入が減ったにも関わらず、いままで通り融資を受けていると返済できなくなるということも考えられます。返済ができなくなると、融資を受けられなくなってしまうので注意しなくてはいけません。

また、返済できない期間が長くなってしまうと、最悪「金融事故」としてブラックリストに情報が載ってしまうことになります。

こうなってくると、現在利用中のカードローンだけでなく、新たに融資を受けられなくなってしまいます。1か月とか返済が終わるまでというものではなく、5年とか割と長い年月融資することができなくなってしまうのです。

転職したら収入を確認してどのくらいまでなら問題なく返済していくことができるのか?収入と融資額をよく計算しておくとよいでしょう。

対策はなにかあるのか?

転職後に返済が遅れてしまう、ということにならないためには対策はあるのか?収入と融資額をよく計算しておく、ということも対策ですが、他にも融資できる額を下げておく。という方法があります。

カードローンには限度額というものがあると思いますが、この数値を下げておけば使いすぎを防ぐことができるのです。収入が減るのであれば、限度額も下げておいて融資のし過ぎを防いでおくとよいでしょう。

転職後、在籍確認は行われる?

カードローンと契約している時に、転職した場合、もう一度在籍確認は行われるのでしょうか。

これは、調べてみましたが、行われないということがわかりました。在籍確認するために、転職後新しい職場に電話がかかってくることはないので会社の人にばれないので安心してもよいでしょう。

在籍確認は行われませんが、転職したということはカードローン会社に連絡はしておきましょう。

行われるとしても

カードローンと契約中に転職しても新しい職場に在籍確認が行われることはありませんが、もし、万が一行われたとしてもばれずに済ませてしまうこともできます。

100%ばれない、というものではありませんが、カードローン会社が在籍確認のために電話してきた場合、個人名で連絡してくれるようになっているのです。

カードローンの名前や金融名を出すこともないので、万が一来たとしてもあまり気にしすぎるのもよくないといえます。

増額中に転職したらどうなる?

カードローンでは限度額を増やしてもらうことができ、これを増額と呼んでいます。これには審査が行われるのですが、この「増額審査中に転職したら」どうなるのでしょうか。

このような場合だと、やはり転職したということがばれてしまうと審査で落ちてしまうようです。増額したいのであれば、転職したことをカードローン業者に連絡してから増額の申し込みをするとよいでしょう。

カードローン利用で注意点は?

カードローンの注意点といえば、やはり返済のことについてでしょう。返済が遅れると信用情報にキズがついてしまうし、利用できなくなるということもあるのです。

カードローンも借金ですので、利用する場合には利息も含めてどのくらい返済していくのか、よく計画を立てておかないといけません。

借金ということを忘れない

カードローンというものは、ホントに便利になっていて借金ということを忘れてしまうこともあるようです。自由にお金を借りたり、返済したりすることができるので、カードローンではなく、キャッシュカードなどと間違えてしまうことも考えられる。

カードローンはあくまでも借金なので、お金を借りてもよいですが借金ということを忘れずに返済できる範囲で利用するようにしましょう。

複数のところから借りない

カードローンやキャッシングというものは、複数の会社に申し込みもできてしまうので、一人でいくつものローンを組むことができます。一人で2社、3社と契約している人も中には結構いるのではないでしょうか。

複数の会社と契約することはできますが、できるだけ1つのところから借りるだけにしておきましょう。よく借金の返済が間に合わないから、ほかの業者から借りて返済するという人もいますが、これもよくありません。

カードローンを利用するのであれば、1つのところから集中してお金を借りるようにしましょう。

利用状況がひどいとブラック

カードローンの返済など、利用状況が悪いとブラックリスト入りしてしまうということもあります。最初のほうにも少し出てきましたが、ブラックになってしまうと、当分は借金自体ができなくなってしまいます。

  • 返済の遅延

ということなら、3か月・約60日以上、遅延や延滞してしまうとブラックリストに載ってしまうので、そうならないためにも借金はよく計画を立てることが大切です。

一度でもブラックリストに載ってしまうと、ほかのローンにも影響を与えてしまい、お金が必要という時に融資を受けられないということになります。

複数のところからお金を借りすぎて、返済ができなくなってしまうということもあるし、自分の収入に見合った融資をしていないと返済の遅延ということになりかねないので、やはり1つのところから返済できる範囲で融資をするようにしましょう。

1つのところから借りるメリット

1つのカードローンを使い続ければ、利用状況によってですが限度額を増やしてもらうこともできるし、限度額が増えれば金利も安くなってきます。

さらに1つの業者にのみ返済するだけでいいので、管理も簡単だし、利息も契約している業者分、払わなくていいので安く済みます。

1つの業者から融資を受けるメリットはありますが、返済を行っていないメリットにならないということも考えられます。

やはりカードローンを利用するのであれば、返済が遅れないようにするということが大切なので、よく計画を立てて自分の収入にあったお金を借りることが重要といえます。

カードローン、転職後も利用可!

カードローンを利用していると、まだ返済中・利用中だけど転職するということが起こる人も中にはいるでしょう。利用中・返済中でも引き続き融資を受けることはできるので、転職したということは伝えておいて、勤務先の変更を行っておきましょう。

また、勤務先だけでなく自分の情報に変更があった場合には、必ず連絡して変更手続きを行っておくようにしましょう。

変更するにはWeb上の公式サイトからも行えるし、電話で手続きすることもできるのです。電話番号は契約中のカードローンの公式サイトで確認することができるので、変更があった時に確認してみるとよいでしょう。

また、転職すると年収が下がるということも考えられるので、この場合の借金返済には注意するようにしましょう。年収が下がった状態で転職前と同じようにお金を借りていると、返済が間に合わなくなることもあり得ます。

自分の収入・年収を確認して、どれくらいなら問題なく融資していけるのか、計算しておくとよいでしょう。

嘘の情報を連絡しない

すでにカードローン利用中ということならこのようなことをしないと思いますが、嘘の情報を連絡しないようにしましょう。利用中に転職しても在籍確認が行われないとしても、嘘がばれてしまうと、利用できなくなってしまうことも考えられます。

入力ミスなどにも注意して、契約した時の自分の情報に変更があった場合には連絡しておくようにしましょう。

【参考ページはこちら】
転職後でも利用可能なカードローンを教えて!

新着記事
TOPICS