> > > カードローンを確実に融資するためにやるべきこと

カードローンを確実に融資するためにやるべきこと

カードローンを申し込もうと思ったとき、何をすべきか理解していますか。確実に融資してもらいたいとは誰しも思っているはずでしょうが、自分がやるべきことをきちんと理解してから申し込むのと、何も考えずに申し込むのでは、おのずと結果が違ってくることでしょう。ここでは、カードローンを申し込んで、確実に融資してもらうためにやるべきことをまとめてみました。

カードローンってなに

カードローンという言葉、よく聞きますが、実際はどういうものなのか、ちゃんと理解していますか。まずはカードローンの性質を理解していないことには何もはじまりませんよね。カードローンとは、簡単にいうと「お金を借りること」です。

ひと昔前は、お金を借りるというのは、何かしらの担保を差し出して、その代りにお金を貸してもらうというのが当たり前でした。しかし、最近では、担保を差し出すのではなく、個人の信用情報を元にお金を借りることができるようになり、これを「カードローン」ということになります。
(⇒カードローン組みたい!審査の緩い会社はどこ?

個人の信用情報というのは、「返済できるための収入があるか」「きちんと定職に就いているか」など、個人についている情報のことで、これらの情報を元に判断し、信頼できればお金を貸すということになるわけですね。信用できるかどうかの判断は、いわゆる「審査」を実施して決定します。

カードローンを申し込める条件

お金を借りるためのカードローンですが、残念ながら誰でも申し込めるわけではありません。ある一定の条件に満たしている人でないと申し込めません。この条件を理解しておらず、次々と申し込んでもまったく意味がないので、自分が条件に当てはまっているのか、確認しておきましょう。

カードローンを申し込んで、確実に融資を受けたいのであれば、以下の条件は満たしておきたいところでしょう。

・20歳~65歳(金融機関によっては69歳、70歳まで可能なところもあり)
・安定した収入のある人(派遣社員・パート・アルバイト可能)
・勤続年数1年以上
・他社からの借入れがない人(あっても返済をきちんとしている人)
・個人の信用情報が限りなくきれいな人

年齢制限があるのは、成人している人が最低条件となります。65歳としているのは、この年齢であればたいていは年金暮らしの人が多く、仕事はリタイヤしていると考えているからでしょう。あまりに高齢になると、返済が厳しくなるのでは、と考えているところが多いようですね。

安定した収入というのは、公務員や正社員であれば望ましいところですが、派遣社員・パート・アルバイトでも問題ありません。要は、継続して働いており、一定の収入が定期的にあればOKということになります。

勤続年数1年以上というのは、必ずしもそう決まっているわけではありませんが、たいていの金融機関では、あまりにも勤続年数が短いとNGとしているところもあります。勤続年数が短いということは、はっきりした年収額がわからないということもあるし、すぐに辞めてしまうのでは、と勘繰られてしまうことになります。働きはじめてすぐというのは、審査で落とされる可能性が高いので、最低でも1年間は勤めてからのほうがいいですよ。

他社からの借入れ状況というのは、各金融機関が最も気にする項目でしょう。借入れがあったとしてもきちんと返済している、もしくは返済が完了しているのであれば問題はありませんが、返済が滞っていたり、借入れ額があまりにも高額な場合は、融資してもらえる可能性は低くなるでしょう。確実に融資を狙うのであれば、他社からの借入れはないのがいちばんです。

個人の信用情報というのは、金融事故をおこしていないかどうか、ということですね。金融事故というのは、いわゆるブラックになっていないかということです。ブラックになっている人というのは、新たにカードローンを申し込んでも審査には通らないと思っていいでしょう。

もし自分が金融事故を起こしたと身に覚えがあるのであれば、新規にカードローンを申し込むのはちょっと控えたほうがいいかもしれませんね。申し込んでも審査に通る可能性が低いばかりではなく、落ちたという情報が新たに信用情報機関に登録されてしまうことになります。

カードローンと金融機関

カードローンを申し込もうと思ったとき、どこで申し込もうか悩むところではありますよね。カードローンを取り扱っている金融機関として、大きくふたつに分けられます。まずひとつは、貸金業である消費者金融です。そしてもうひとつは、銀行系です。どちらで申し込もうか悩んだ場合は、自分の目的と照らし合わせて選択するのが賢明でしょう。

すべてがそうだとは言い切れませんが、全般的にみると消費者金融と銀行の違いがいくつかあります。消費者金融は、審査が柔軟でとにかくスピーディ、対応の良さでは群を抜いていますが、総量規制の対象なため、融資額に上限があるのがネックといえるかもしれません。融資の上限は年収の1/3までという制限があるため、高額融資を目的としている人にとって、消費者金融は対象外となってしまいます。

銀行系は、総量規制の対象外なので、融資の上限に縛りはありません。高額融資を求めている人であれば、間違いなく銀行系のカードローンでしょう。金利も消費者金融に比べて低めなので、高額融資を長期で返済する人であればおすすめです。ただし、消費者金融にくらべて審査は若干厳しいかもしれません。そして、融資のスピードも消費者金融にくらべると時間がかかる傾向にあるかもしれませんね。

カードローンが申し込める消費者金融

審査が不安な人、どうしても急いでいる人にとって消費者金融はおすすめの金融機関だといえるでしょう。審査が不安といってもピンからキリまでありますが、限りなくブラックに近い人はさすがにムリかもしれませんが、柔軟に対応してくれることで有名です。そして何よりスピーディなので、とにかく急いでいるという人は消費者金融がいいかもしれません。以下、カードローンを申し込むのにおすすめの消費者金融です。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)といえば、三井住友フィナンシャルグループに所属する、消費者金融でもトップを君臨する金融機関です。プロミスのおすすめは、30日間無利息期間がある(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)ということですね。カードローンで借り入れた金額を30日以内に返済できるのであれば、無利息期間を使わない手はないでしょう。

・最大融資額500万円(年収の1/3までが上限)
・融資額50万円以下は収入証明書不要
・金利4.5%~17.8%
・即日融資可能(平日14時までに契約完了が必要)
・お借入診断は3秒
・本審査は最短30分
・30日間利息0円

アコム

三菱東京フィナンシャルグループに属しているアコムは、日本初の無人契約機の「むじんくん」をつくったとされている消費者金融です。消費者の目線に立って、消費者のことを第一に考えている消費者金融だといってもいいでしょう。融資までのスピードはもちろんのこと、対応の素晴らしさでは天下一品だと賞賛されています。

・最大融資額500万円(年収の1/3までが上限)
・融資額50万円以下は収入証明書不要
・金利は4.7%~18.0%
・即日融資可能(平日14:00までに契約完了した場合)
・審査は最短30分
・ネットから3秒で簡易審査
・定期的に無利息キャンペーンなどを実施

アイフル

おすすめの消費者金融の中では、唯一銀行系に属していない金融機関です。依頼があれば意味もなく融資をするのではなく、返済シミュレーションなど消費者のことを考えて融資してくれると有名です。返済に不安を感じたら、アイフルの担当者に相談するというのもひとつの手かもしれませんね。

・最大融資額500万円
・金利は4.5%~18.0%
・即日融資可能(平日14:00までに契約完了した場合)
・簡易審査は驚異の1秒
・自動契約でカードの受け取りが最短30分
・借入れの振込が個人名で指定可能
・カードの郵送は個人指定なので家族に内緒にできる

モビット

三井住友銀行グループである、SMBCコンシューマーファイナンスに属しているのが、モビットです。大手銀行グループに属しているという安心感、さらにはスピードと審査に柔軟であることでも有名です。お手軽にカードローンを申し込むにはうってつけの消費者金融といえるでしょう。

・最大融資額500万円
・金利は4.8%~18.0%
・即日融資可能(14:50までに契約完了した場合)
・審査は最短30分
・簡易審査は10秒
・ネットで申し込みから契約まで完了
・WEB申し込は電話連絡なし(三井住友、三菱東京UFJに口座がある人)

カードローンが申し込める銀行

最近は銀行系もカードローンに力を入れてきています。銀行系カードローンのメリットは、融資額に上限がないことと、金利が低めに設定されていることでしょう。年収の1/3以上の融資を希望していて、長期に渡って返済する人は銀行系で申し込むのがおすすめです。

審査に関しては、消費者金融より厳しいとウワサがありますが、比較的緩いと有名なところがあるのも事実です。さらにはスピード感も消費者金融並みのところもあるので、審査に不安な人や急いで融資をしてもらいたい人は、それらに対応している銀行で申し込むといいでしょう。以下、カードローンを申し込むのにおすすめの銀行です。

  • 住信SBIネット銀行
  • 新生銀行カードローンレイク
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行バンクイック
  • イオン銀行
  • 楽天銀行

住信SBIネット銀行 Mr.カードローンプレミアムコース

住信SBIネット銀行は、店舗を持たないインターネット専用の銀行になります。インターネット専用のため、人件費や店舗にかかるお金が必要としない分、金利に反映されてくれているところがメリットでしょう。カードローンの金利が低いことで有名な銀行です。金利をとにかく低く抑えたい人にとっては、おすすめの銀行といえるでしょう。

・最大融資額1,000万円
・融資額300万円までは収入証明書不要
・金利は1.99%~7.99%
・所定の条件を満たした人はさらに金利を-0.5%引き下げ
・最大2ヶ月無利息期間あり
・ネットで明細書確認可能

新生銀行カードローンレイク

レイクといえば消費者金融のイメージを持っている人がほとんどでしょうが、新生銀行の子会社となることで、レイクという名前は、新生銀行の商品名となったわけです。レイクが元々もっていた消費者金融のノウハウと銀行が合体したわけなので、カードローンとしての強みはかなりあると思っていいでしょう。レイクのメリットは、無利息期間が豊富なことですね。5万円以内の少額融資であれば、180日間無利息で、それ以上でも30日間の無利息期間があるため、金利を節約したい人にとっておすすめの銀行です。

・最大融資額500万円
・金利は4.5%~18.0%
・融資額5万円以内は180日間、それ以上は30日間無利息
・即日融資可能
・仮審査はネットですぐ
・提携コンビニATMは手数料無料
・さまざまなキャンペーンが豊富

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行といえば、日本の三大メガバンクのひとつです。そのためお堅いイメージがありますが、意外とカードローンには積極的に取り組んでいて、銀行なのに審査は柔軟だと有名でもあります。カードローンのさまざまな商品があることや、季節ごとのキャンペーンも豊富です。お得なキャンペーンがないかどうか、カードローンを考えたときには今一度ネットで確認してみましょう。

・最大融資額1,000万円
・融資額200万円までは収入証明書不要
・金利は4.0%~14.0%
・即日融資可能
・キャッシュカードにカードローンの機能を付加可能
・目的ローンなど豊富なラインナップ

三菱東京UFJ銀行バンクイック

こちらもみずほ銀行と並んで、三大メガバンクのひとつです。銀行という堅苦しい概念を取り払ったのが、カードローンの「バンクイック」という商品です。審査が柔軟で、スピーディに対応してくれると有名なので、急いでいる人や金利を低く抑えたい人にとってはおすすめの銀行カードローンといえるでしょう。

・最大融資額500万円
・融資額200万円までは収入証明書不要
・金利は4.6%~14.6%
・即日融資可能
・審査は最短30分
・テレビ窓口ならその場でカード発行
・当行ATM、提携コンビニATMは手数料無料

イオン銀行カードローンBIG

イオン銀行といえば、スーパーで有名なイオンが設立した銀行です。近くにイオンがある人にとってはおすすめの銀行といえるでしょう。銀行の窓口やATMがイオンスーパーの中に設置されているので、時間を気にせず利用できるし、買い物のついでに借入れが可能なので、こんなに便利なものはないといえるでしょうね。

・最大融資額800万円
・融資額100万円までは収入証明書不要
・金利は3.8%~13.8%
・即日融資可能(イオン銀行に口座のある人)
・申し込みから契約までネット完結可能
・おまとめローンなど目的ローンも豊富
・月々3.000円から返済可能

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行は、店舗を持たないインターネット専用銀行になります。ネット銀行としては審査が緩いと評判で、「楽天銀行で審査に受からなければ他ではムリ」とまで言われているほどです。申し込みから契約まですべてネットで完結となるため、即日融資は厳しいかもしれません。

・最大融資額500万円
・融資額300万円までは収入証明書不要
・金利は2.45%~7.25%(金利半額キャンペーン中の場合)
・新規入会で楽天スーパーポイント進呈(1,000ポイント)
・おまとめローンなど多彩な目的ローンあり
・金利半額などのキャンペーンを定期的に実施
・提携コンビニATMで手数料無料

自分は融資してもらえるのか

カードローンを考えたとき、誰しもが「確実に融資してもらえたら」と、考えるのは当たり前のことといえるでしょう。しかし、確実に融資してもらうためには、自分のことを今一度振り返ってみる必要がありますよ。

例えば、借入れをするための最低条件をクリアしているかどうか、考えてみましょう。たいていの金融機関では、まず年齢制限があります。金融機関によっても異なりますが、ほとんどが20歳~65歳までとなっています。中には69歳、70歳まで可能なところもありますが。未成年と定年退職後の人は年齢制限に注意するべきといえるでしょうね。

そして、金融機関がもっとも重視するのは、他社からの借入れ状況です。他社からの借入れが多い場合や、返済が滞っている場合は、確実融資は厳しいかもしれません。他社からの借入れが多くても、返済が終わっていれば問題ありませんが、返済もせずにさらに借りようとするのは限りなく不可能に近いと思ってください。

さらに、金融事故を起こしていまい、ブラックとして登録されているような人に「確実融資」という言葉は当てはまらないと思っていいでしょう。自分がブラック登録されているかどうかは、指定信用情報機関に問い合わせれば確認することができるので、不安な人は自分の情報を開示依頼してみるのも手かもしれませんね。

ブラックとして登録されているようであれば、新たにカードローンの申し込みは控えたほうがいいでしょう。どのみち申し込んでも審査で落とされる可能性が高くなるだけではなく、さらに「審査落ち」という情報が信用情報機関に新たに登録されることになります。今以上にブラックな情報を追加することだけは避けるべきでしょう。
信用情報機関の登録は、たいてい5年程度で抹消される仕組みになっているので、それまでおとなしくしているのが賢明だと思いますね。金融事故を起こしてから5年程度経ったら、指定情報機関で自分の情報を確認して、抹消されていればカードローンを申し込むくらいの気持ちでいましょう。

確実に融資してもらうために

金融機関でカードローンを申し込み、確実に融資してもらうためには、金融機関ごとの最低条件をクリアしていること、仕事をして安定した収入があること、ブラック登録されていないこと、というのが大きいといえるでしょう。それに加え、他社からの借入れがなければほぼ問題ないと思っていいでしょうね。いくら審査が柔軟で有名な金融機関だとしても、借り入れる側に問題があれば、審査には通らないので注意してください。

そして、確実融資のためにもうひとつ。必要な書類などは事前にきちんと準備しておくことで、金融機関側の印象も違ってくるはずです。身分証明書や収入証明書など、最低限必要な書類はきちんと用意しておきましょう。用意しておくと、さまざまな手続きもスムーズに進みますし、素早く融資してもらえるようになるはずです。

まとめ

「確実に融資」というのは、誰もが願っていることでしょうが、結局のところ、自分自身によって変わってくるというのが本当のところでしょう。金融機関というのはやはり信頼が第一だと思ってください。信頼が得られないと、お金を貸すなんてことはないと考えましょう。

審査のときに見栄をはって、ウソの申請をするのも論外ですよ。大企業に勤めていれば心証が良くなるだろうと、ウソの勤務先を記載しても必ずバレしまいます。少しでも自分に後ろめたいところがあったとしても、ウソをつくより、本当のことを話して相談することをおすすめします。金融機関側も人間なので、困っている人を助けようとしてくれるはずです。「ウソをつかず、何事も正直に」ということを念頭に置いて、カードローンの申し込みをしてくださいね。

新着記事
TOPICS