> > > 年金受給者も借入可能!様々なニーズに答えるカードローンとは

年金受給者も借入可能!様々なニーズに答えるカードローンとは

無担保で、保証人の必要もなくお金を借りる方法があります。それを無担保ローンと呼んでいます。無担保ローンを利用する為には「安定した収入」という条件が必要です。その為に無職の方の場合は原則として無担保ローンの利用はできません。

ところがカードローンには様々な特例があって実に面白い仕組みなんです。たとえば年金受給者の収入も安定した収入とみなされます。あるいは無職の専業主婦の方もご主人の年収と合計して計算できます。そんなカードローンの面白いしくみを徹底解説します。

柔軟な考えで有効活用!

無担保のカードローンを、むずかしく考え過ぎる方もいます。普通のローンよりも利息が高くて返済も大変と感じている方も多いです。確かに、無担保のローンは有担保のローンや公的融資と比べると利率は高いです。でも使い方次第では利息は安くできます。

借りたその日のうちに全額返済したら借りた金額に関係なく利息は無料です。それを、ほとんどの方は知りません。午前中に50万円必要で午後には返せる。なんていう場合はカードローンは役に立ちます。ウソみたいな話ですが本当です。要は使い方次第なんです。

実は無職でも借りられる特例が!

最初にお話ししたように、カードローンを利用するには「安定した収入が必要です。」だから無職の人は利用できないと思ってしまいます。その理由は仕事をしていないから安定した収入がないからです。ところが世の中にはそうでない方も大勢います。

それは「仕事はしていないけど安定した収入がある」という方です。たとえば著作権などの印税収入を得ている方の中には無職で収入を得ている方もいます。そして年金受給者の方で無職の方も無職で安定した収入のある方になります。(こちらもご参考に→カードローンは無職でも借りられるの?

無職でも収入があればOK

ここでカードローンの申し込み条件を、もう一度見てみると「安定した収入がある事」というのは実は意味が深いんです。誰も無職の人はダメとは書いていません。こんな簡単な事の中にも、カードローンには面白いしくみが一杯ある事が解かります。

ところが専業主婦の方の場合は、無職で安定した収入もありません。これはどうしようもないはずなんですが、この場合も特例があります。安定した収入というのは年収の事ですが、結婚している方の場合は二人の年収を合計する事が出来るんです。

貸金業法について

貸金業法はお金を貸して営業する業者を規制する為につくられた法律です。1983年11月に、はじめ施行された頃の名称は「貸金業の規制等に関する法律」という名称でした。それが、2007年12月から「貸金業法」になって現在に至ります。

そして、時代の変遷とともに何度か改正されて、2010年の6月に過剰貸付けの抑制の規定、「総量規制」が出来たのです。総量規制は消費者金融会社に対して適用される規制で年収の3分の1以上を超える借金があるお客には貸付ができないという規定です。

総量規制がポイント

ところが総量規制にはローンの種類によっては除外される場合と例外とされる場合があります。除外と例外の違いは借金の計算方法の違いによるものです。その例外の項目の中に「配偶者と合計した年収の3分の1以下の貸付」は例外となるという規定があります。

つまりカードローンでいう「安定した収入」とは、家計を一つにする夫婦の場合は合計出来るのです。でも逆に夫婦の年収を合計していくらあるという事を証明する必要があります。その為、消費者金融会社から専業主婦の方が借りるのは厳しいのです。

●総量規制の除外になるローン

・不動産購入、不動産改良の為の貸付
・自動車担保貸付・有価証券担保貸付・不動産担保貸付
・不動産を売却しての貸付
・手形の割引
・金融業者を債権者とする500万円を超える貸し付け
・有価証券担保貸付
・不動産担保貸付
・金融業者を債権者とする金銭貸借契約

●総量規制の例外

・顧客に一方的に有利となる借り換え
・緊急医療費貸付
・社会通念上必要とされる貸付
・配偶者と合計した年収の3分の1以下の貸付
・貸し付けを受けるまでのつなぎの貸付

専業主婦は銀行ならOK

専業主婦の方でも配偶者の同意書があれば、借りられるのではと考えたくなりますが、同意書となると審査も複雑になります。その為に消費者金融会社は、専業主婦の方に対する貸付はしていません。

でも銀行は総量規制の対象外ですから年収の3分の1という規定は関係ありません。現行の場合は専業主婦の方が申し込んでも配偶者の同意書は必要ありません。ただし専業主婦の方に対して融資枠を設けている銀行に限られます。

アルバイトは安定した収入?

アルバイトやパートの方のカードローンの利用できるのでしょうかという質問は良く見かけます。申し好みの条件に「安定した収入」という項目が、あるので審査に不安を感じているのでしょう。結論から先に言うと大丈夫です。

安定した収入というのは数字で月収がこれだけ、年収はこれだけというふうに金額が決まっているではありません。要は貸す側の基準なのですが貸金業者ごとに独自の基準を持っているようです。

安定した収入の意味

貸金業者の側から見た安定した収入というのは「月々の返済をきちんとする為に必要な収入」という意味になります。300万円借りたからと言って、その借金を一括払いをする返済能力を求められているのではありません。

カードローンは「分割払い」ですから、生活をしながら返済できる能力があるかどうかを審査されます。その為の収入がある方を「安定した収入がある」と判断します。。そこで気になるカードローンの利息ってどれくらいなのでしょうか?

利息制限法

カードローンの利息は、必ず年利率で表示されます。そして利息制限法で上限金利が20%と定められています。また、元本(借りたお金)の額に応じても、上限金利が決まっていて、その金利を超えた利息は無効利息になります。

さらに出資法という法律もあって出資法でも年利率20%が上限です。出資法は利息制限法よりも厳しくて20%以上の利息を取ると刑事罰が科せられます。だから年利率20%超える利息を取られる事はありません。

●利息制限法

・元本が10万円未満の場合 年20%
・元本が10万円以上100万円未満の場合 年18%
・元本が100万円以上の場合 年15%

利息はどれくらい支払う?

カードローンの利息は日割り計算で行われます。利率は年利率ですが普通のローンと違うのは借りた日数によって利息が違ってきます。これはカードローンの利息の大きな特徴です。だから年利率だけが

なぜかというと、返済方法によっても大きく利息が変わって来るからです。実はカードローンの返済方法も普通のローンには見られない特徴がいくつもあります。それは限度額の範囲内で追加借り入れと追加返済(繰り上げ返済)が可能だという事です。

●日割り計算の公式

利息=借入額(元金)×実質年率÷365日×借りた日数

●10万円を、年利率18%で、1カ月借りたら利息はいくら?

日割り計算式の方法で計算して見ると1か月で1,479円の利息です。元金を合わせても月々の返済額はそう大きな金額ではありません。これが、アルバイトやパートの方でも審査に合格できる理由です。

そして、いつ返済してもいいのですが最低1か月に1回は返済しないといけません。そして、この月々返済する「元金を含めた返済額」が返済総額に係わっているんです。その事をしらないとカードローンを知った事にはなりません。

100,000×0.18%÷365×30=1.479

リボ払いを知っておこう

カードローンの利用を考えているのでしたら、リボ払いは知っておきましょう。リボ払いというのは元金に応じて月々決められた額を返済する方法です。返済金額が一定になので管理しやすいというメリットがあります。

リボ払いは返済回数と期間が一定になっている分割払いと違って、返済回数は一定ではありません。また無計画に追加借り入れをすると借金が増えて行って返済が苦しくなるというデメリットもあります。

実は返済期間も重要

同じ100万円の借入でも3年で返すのと5年とでは、総支払額は倍くらい違います。当然5年払いの方が月々の返済が楽ですがリボ払いは、基本的に最少返済額で長い期間を掛けて返済する仕組みになっています。

しかも元金が減って行くと、さらに月々の返済額は少なくなります。これを残高スライド方式と言います。返済は楽になりますが返済期間が延びて結果的に総支払額が増えるという事になります。

●返済期間によって変わる総支払額

返済期間 限度額 毎月の返済額 最終支払額 総支払額
3年 100万円 35,000円 15,405円(36回目) 1,240,405円
5年 100万円 24,000円 20,017円(59回) 2,480,832円

リボ払いのワナ脱出法

この元金に応じて返済額が減って行く方式では、知らず知らずのうちに返済期間が伸びて行っているのですが、その事を意識しにくいというデメリットがあります。日割り計算の利息とリボ払いは実は利息で利益を得るためのシステムです。

この特徴をまず知っておく事が重要です。そしてリボ払いのワナにハマらない方法は約定返済日どおりに返済しない事です。月1回の返済は必至ですが、それ以外に繰り上げ返済をすれば利息の割引きと同じ事になります。

最初にカードローンを選ぶ時に金利を気にする方も返済方法にはなぜか関心を持ちません。返済回数によって利息が違うのですから返済方法がとても大事です。繰り上げ返済を心掛けて利息を減らすというやり方が一番賢い方法です。

カードローンの活用法

カードローンとは、本来が銀行が行う貸付ローンの事を言います。これと違って信販会社が発行するクレジットカードは、ローンカードと呼ばれます。これ以外に消費者金融会社が発行するカードも貸金契約上のカードです。でも実際は結構あいまいに使われています。

銀行、信販会社、消費者金融会社のローンを全部まとめてカードローンと呼ぶ場合もあります。なおカードローンの世界でキャッシングというのはクレジットカードのキャッシング枠を利用してキャッシングする事を言います。

無利息ローンの活用

カードローンを有効に使い場合は色々な仕組みを知っておくと、より有効活用する事ができます。たとえば、30日間無利息ローンとかいう期間限定の無利息ローンを利用すれば、最初の利用に限って金利は関係なく30日以内に全額返済すれば利息は無料です。

金融会社によっては初回に限り180日間の間に全額返済すれば無利息というローンもあります。8万円単位でその都度、完済をすれば何度繰り返しても無利息というお得なローンもあります。だから限定的に臨時活用する利用方法もお得です。

クレジットカード利用術

クレジットカードのキャッシングとカードローンでは、どちらがお得なんでしょうか?実は、これも使い方次第なんです。実際にクレジットカードの金利と、銀行、消費者金融会社とではどれくらい違うのか比較して見ました。

比較して見るとクレジットカードのキャッシングの利率は、銀行より高く、消費者金融会社の利息に良く似ている事が解かります。この事は、カードローンを選ぶ時にまず頭に置いておきましょう。さらに、もう一つ大きな特徴があります。

●クレジットカードのキャッシング枠

カード名 年利率 利用限度額
NICOSカード 年15%~18% 10万円
アメリカン・エキスプレス 年18% 30万円~150万円
三井住友アミティエ 年18% 5万円~99万円

●カードローンの利用限度額

名称 年利率 利用限度額
三井住友銀行 年4.0%~年14.5% 800万円
みずほ銀行 年4.0%~年14.0% 1,000万円
三菱東京UFJ銀行 年4.6%~年14.6% 500万円

●消費者金融(大手)のカードの利率

サービス 年利率 利用限度額
プロミス 年4.5%~年17.8% 500万円
アイフル 年4.5%~年18.0% 500万円
アコム 年4.7%~年18.0% 500万円

キャッシングは臨時専用に

クレジットカードのキャッシング枠の特徴は、カードローンのような増額が無いという事です。全くないわけではありませんが、かなり限定的です。それというのもクレジットカードは1枚のカードの中にショッピング枠とキャッシング枠がある為です。

その為にキャッシング枠は限定的で通常10万円~30万円、多くても50万どまりです。下の表はカードローンの貸付利率表です。カードローンの場合、利用限度額を段階的に増やす事が可能で、利率は安くなりますが、クレジットカードの金利は安くなりません。

●オリックス銀行の貸付利率

利用限度額 貸付利率
700万円超~800万円以下 年3.0%~年4.8%
500万円超~700万円以下 年3.5%~年5.8%
300万円超~500万円以下 年4.5%~年8.8%
150万円超~300万円以下 年6.0%~年12.8%
100万円以上~150万円以下 年9.0%~年14.8%
100万円未満 年12.0%~年17.8%

カードローンは増額していくと金利が下がって行くので割安になって行きますがクレジットカードのキャッシングは、いくら使っても利息は据え置きです。その為、使い続けていくとカードローンと比べて増々割高になって行きます。

だからクレジットカードでのキャッシングは臨時のキャッシング手段として活用する方法がベストです。それ以外には海外旅行の時にはクレジットカードのキャッシングは外貨両替ができるので有効活用できます。

【参考ページはこちら】
審査が緩いカードローンも在籍確認は必須?

新着記事
TOPICS