> > > 会社確認なんか問題なし。カードローンを活用するためのノウハウ

会社確認なんか問題なし。カードローンを活用するためのノウハウ

カードローンを用意しておけば便利だよと友達が勧めます。

でもカードローンを申し込んでも審査があるんだよね。しかも審査っていろいろ面倒な気がするんです。会社に電話がかかってきたりしても、僕はほとんど客先廻りをする営業だから、対応することなんてできないんだ。

それに会社にカードローンの申し込みなんてばれたらちょっとうるさそうな人もいるし…。こんな風に躊躇して二の足を踏んでしまうという人は決して少なくないのです。しかし、ちょっと待って下さい。カードローンの審査は入学試験や資格試験ではありません。審査に落とすためのものではないのですから。

確かに職場によっては様々な事情はあるもの。わかります。でも会社確認や在籍確認をクリアするポイントを押さえておけば何も問題はないはず。この際、カードローンを一枚用意しておくことはとても安心できることにつながる決断だとわかっていただけるはず。

今回は会社確認に焦点を当てて、カードローンを入手するポイントをまとめてみました。

派遣社員の憂鬱

社会的にメジャーになってきた働き方。煩わしい職場の人間関係に悩まされることなく、仕事に集中できることから派遣社員として労働に従事する人たちが増えてきました。かつての派遣労働者とは少しニュアンスも異なってきて、頭脳労働とされるオフィスワーカの分野でも派遣の就労形態は普及したように見えます。

女性が生き生きと働ける社会環境の一環としての派遣は確かにスマートな選択の一つと言えるようですが、すべて問題解決とはならなかったこともまた事実なのです。煩わしさから解放された就労環境と引き換えに、社会的信用の一部を失ってしまったと嘆く派遣ワーカもまた少なからずいるのです。

社会的信用が派遣ワーカの労働とバランスできていないのは確かに高度に政治的な問題だとはいえそうですが、それでも社会的信用を含む環境が十分に熟成していない事実は何も変わりません。そしてそのような歪みがカードローンが利用困難だということにも表れてきていると言えるのです。

派遣就労の強みはカードローン所持にふさわしい

複数の業者に登録して就業を安定させることが可能です。一般的に言えば、一社の派遣会社に登録しておけば、年間を通じて安定的に収入を得ることが普通だと思われます。しかし、会社員とは異なり一度に複数の収入源としての契約を確保できることが派遣就労の強みの一つであることは間違いないでしょう。

掛け持ち就労などによって増収の機会が得られることは他のどのような業務にも見られない派遣就労の特徴だといえます。やり方を工夫することで一般会社員の月収をはるかに超える収入を確保することが可能になるでしょうし、そのようにしている派遣社員は実際いるのです。

それには幾つかの特徴的な傾向が見いだされます。余計な人間関係に振り回されることが少ないことから職場ストレスが軽減されるということは無視できません。作業が終了してから同僚と飲み会へ出かけることになれば、その後の掛け持ち業務など夢のまた夢であったに違いありません。

このようなことから会社ではなく職そのものに集中できる。手に職を求める女性が増えてきたと専門学校に勤める友人から聞きました。かつて当たり前であった「よらば大樹の影」ということはもはやトレンディではないのでしょう。自分が最終的に頼りになるのだという割り切りが派遣業務には見られる気がします。

偏りが少ない技術を蓄積することが可能。ということも少なからず派遣就労のメリットです。またこのことは政治的にもグローバル化を打ち出していることに合致した舵取りとも言えるでしょう。派遣業務は一社にこだわらず複数の企業のノウハウを蓄積していくことが可能であり、有能なスタッフになりえるのです。

現役として活躍できる期間が長いという意見が聞かれました。いわく一般社員として入社しても、本人にやる気がない場合が少なからずあり、職能を身につけた途端に寿退社などということも多いそうです。そうなると雇用側としては人的投資が回収不可能になってしまうのですが、派遣であればそのような心配がないと言います。

このような立場は当然派遣ワーカ本人にも大きく影響しています。つまりキャリアを自分で設計することができるということは従来の就労スタイルでは考えられないことであったはずです。派遣就労という道を選ぶことで自らのキャリアを自分で決定できるということが積極性の裏付けになっているのです。

このようなことは就職面接での負担を軽減することに役立っています。一生に一回の就職面接と思えば、その分気合が必要でしょうし、また得失が非常に大きくなります。しかし、派遣ということで割り切っていれば、多くを経験するであろう面接の一つに過ぎないということになるのです。

もっとも本人の将来設計に寄与するであろう派遣の特質としてあげられるのは出会いの機会が多く、人脈を作りやすいということです。様々な業界を経験することすら可能かもしれません。職場ごとに様々な人間関係が形成できるということはつまりヒューマンネットワークの形成にとってこれ以上ないほど有利なのです。

社会的に優位な派遣とはいっても…

社会的に優位であるということが、社会的な評価とバランスしていることを意味しません。派遣業務にある人たちの状況から判断すれば、思わぬところに落とし穴のように待ち受けている様々な不都合があります。それは不当だと言いたくなる気持ちはわかるのです。

社会的な評価が低いが低いという人たちも少なくありません。政治家たちの言説を見れば、むしろこのような理解が主流かも、と思えます。だからこそ、女性政治家は法的整備で保護しようという判断をするのでしょう。しかし、そのような法的手法がいつも機能するとは限らないのです。

結果としてどれだけ法律を作って保護しても、結果的に法律による保護が薄いという不満の声は上がり続けることになるのです。例えば派遣労働者たちが活動の拠点としての会社を持たない、所属と勤務地とが異なることを法律でどうにかすることはできないでしょう。

しかし、所属する会社と勤務する場所が違うのであれば、個人的に連絡を取りたい時は一体どちらに連絡を取ればよいというのでしょうか。実は金融機関から見れば、このことは大きな問題なのです。勤務場所が変わるたびに連絡をしてもらうということもかなり金融機関のコストをあげてしまうことだからです。

キャリアを思う通りに構築することは困難を伴うとはよく相談されることです。自分が想像していたキャリアと現場から評価されるキャリアがずれてしまっていたというのは一幕の悲劇なのです。それはキャリアを形成することにことのほか時間が必要だからに他なりません。

他にも深い人間関係を築くことは難しいということが、広範な人間関係を獲得できる可能性の裏側の事情になっています。人間関係を深く育てていくためには言うまでもなく時間が必要であり、それはキャリアを形成することと同様の困難を伴う作業です。

職場に頼れる先輩、同僚がいない、つまり保護者がいないのが普通だと言えるでしょう。ともすれば職場で孤立してしまい、退職に追い込まれるスケープゴートの役割を持たされてしまうといったことも可能性がゼロではけっしてありません。このような場合、不本意な理由による退職になってしまう危険性すらあります。

ですから自分ですべてを守らなければならないということは自然の要請でしょう。派遣労働者は以上のように多くの問題に取り囲まれているからです。また家族からの理解を得られないこともすくなくありません。友人同士でも業種によっては理解が困難でしょう。

結果的に経済力を過大評価されやすい、一つの職場での勤めが長期になりにくい。そもそも季節的な必要に応じての派遣といった場合もあるので、同じ職場で長居することは困難なのです。これらの事実は全く矛盾した一つの結論を導きます。

カードローンがあれば便利安心な派遣業務。だけど、派遣社員はカードローン審査に通らないという結論的事実。ここにある社会的評価は「収入は十分でも安定性に欠ける」ということであり言うまでもなく安定性とは長期間にわたる連絡先の安定度ということになります。

長期間にわたる連絡先はともかくとして、なによりも在籍確認に対応することが困難だということが、派遣労働者がカードローンに申し込む時の問題点でしょう。このことに対する問いは二つに分けることができます。

  • 在籍確認をクリアすることは可能だろうか
  • 在籍確認をなしで済ませることは可能だろうか

転職の時に便利なカードローン

似たような状況は派遣業務に限らず発生することはあまり指摘されてきませんでした。しかし、問題になった派遣業務でのカードローン取得は同じように大きな問題になってしまうのです。このような問題を生じさせているのは極めて現代的な状況だということができそうなのです。
(⇒転職した時、カードローンはどうなる?

生涯を通じて同じ会社に勤めることは時代遅れである

大会社に就職できれば生涯が安泰ということが神話に過ぎないことは日本の歴史が証明しました。大会社であれば給料は安定し、福利厚生も厚く、老後も安心であると語られてきたのは事実です。しかし、大会社といってもリストラの嵐を免れることができなかったのです。

その結果、キャリア志向の人生設計が一定の評価を得ることになりました。会社ではなく自分でライフコースを考えることが大変重要であると注目されるようになってきたのです。会社を変わってもキャリアを損なわないような人生設計が求められ、転職はですから、むしろ当然とみなされるようになってきています。

いざという時の転職の心得としては

  • 本当に辞めるべきかを熟考する
  • 次の職場を求める
  • 面接を受ける
  • 採用通知を受け取る
  • 退職願を提出する
  • 残務処理をする
  • 転職を完了する

これでうまくいくはずです。しかし、さらに一つ見落としているリスクが残っているのです。転職にはオーバーワークが伴います。従って新しい職場での就労が安定するまでは、生活資金が余分に必要になることも少なくないのです。このことに配慮しておく必要があるのです。

  • カードローンを用意する

生活資金を後回しにしていると、体調を崩したり、勤務状況に影響が出たりするかも。こんなことにでもなってしまうと転職が裏目にでることになるでしょう。キャリアを育てるなんて夢物語になってしまいます。つまり転職によるキャリアアップの時代は自己防衛を考えることが必要なのです。

  • 国が守ってくれるわけではない
  • 会社が守ってくれるわけではない
  • 友達が守ってくれるわけではない
  • 家族が守ってくれるわけではない

転職するとカードローンは…

カードローンの新規申し込みが審査通過することは不可能だと覚えておきましょう。言い換えれば人生において最も頼りにしたい時期に、カードローンを新たに入手することができないアイテムなのです。これは単に無職だからということによるのではありません。

転職が順調に運び、新しい職場に場所を得ても職歴がないということはつまり収入が安定収入だとは言えないということになるのです。誤解してはいけないのですが、このことを金融業者は意地悪で決定しているのでは決してありません。これは法律上の取り決めなのです。

カードローンは一定の利用限度額を設定する契約。ですから勤務年数が短いと制限が多くなるのです。例えば年収360万円になるはずだと主張しても、転職後一ヶ月での収入実績といえば30万円ですから、実績ベースでの年収は30万円ということになりかねません。

ですからこのようなことにならないように、転職前にカードローンを用意しておくことが大切です。同時に注意する点があります。それは転職後に連絡を入れる。ということです。当然、限度額の再設定はあるでしょうが、キャッシングカードは手元に残ります。

注意しておかなくてはならない誘惑に職歴の長さを偽るということがあるそうです。職歴を証明する書類を提出することがなくても、この種の不義申告はバレてしまうのです。担当者の眼力を見くびってはいけない。素人がカードローンの審査をしているのではないのです。

当然金融業者にも転職の成功を応援したいという人間的な思いはあります。しかし、応援したいという気持ちとキャッシングを実行することとは別物なのです。応援したいというのは個人的な気持ちですが、なによりもキャッシングは法的な行為なのです。気持ちと法律とは全く別次元のコトなのです。

転職を考えた時には早めにカードローンを用意しておくこと。そして転職が完了したら金融業者に連絡を入れて利用限度額を再設定してもらいましょう。ただしこの時点でキャッシングしている残高があった場合は、それはそのままということなので安心してください。

会社確認の目的は?

さて派遣業務に就労されている若者、そして転職によってさらなるキャリアアップを狙っている若者たちにとって気がかりなのが会社確認という審査項目でしょう。金融業者が行う会社確認・在籍確認の目的とは一体何なのでしょうか。そもそも利用希望者を信用していないということなのでしょうか?

会社確認・在籍確認の主な3つの目的

  • 申し込み書類通りの連絡先か?
  • 連絡がきちんと取れるか?
  • 法律的要件を満たすため

先ほど少し触れましたが、金融業者が提供しているキャッシングサービスには様々に法律的な制限が課せられています。特に消費者金融業者の場合は貸金業法によって無職の人にキャッシングサービスを提供できないことになっているのです。ですから法律的要件は非常に大きな目的です。

実際の本人確認の手続きとしては、会社に電話が入る場合には個人名で呼び出しがされることになっています。これは会社に余計な個人的な情報を与えないための配慮になっています。また本人が電話口に出るのでなければ、要件は言わないことにもなっているので、会社としては何の電話かすらわからないことでしょう。

この確認の電話には申込者側のメリットもあります。何よりも本人確認がないと恐ろしいことになることは想像に難くないことですね。同姓同名のキャッシングが可能性としてはあり得ます。またどこかで入手したあなたの書類を悪用しているかもしれません。

これらの危険を回避することができるのです。そしてさらに確認の電話によって業者側の担当者が誠実な人なのかが判明します。事前の相談をないがしろにしたような確認の電話をするような金融業者であれば、契約を拒否する権利は利用申込者側にあるということを思い出せば良いのですね。

これらの確認電話には本人が不在でも問題はありません。会社のオペレータによる「◯◯はただいま外出しております」で確認作業は完了してしまいます。ですから、電話が入るときに会社内で待機している必要はまったくありません。むしろ不在である方が確認作業が簡単に終了していまうの大丈夫でしょう。

一度在籍確認がとれれば、何か契約上のトラブルが発生しない限りそれ以降の電話は会社にかかってくることはないはずです。これは在籍確認が一発勝負だという意味ではありませんよ。そうではなくて、在籍確認が利用希望者に精神的な負担となるためのものではないということなのです。

それでも一番困ることは在籍確認一発で審査落ちということが少なくないということでしょう。それは「◯◯さんは当社におりませんが…」とか「◯◯さんは先月退社されましたが…」という対応がされた場合ですね。通常の勤務では確かに考えられません。しかし、多人数の登録者がある派遣会社の場合は事情が違うのです。

派遣会社では、登録をしてもなかなかうまく就労先が決まらない登録者を抱えていることが多いそうです。このような場合、電話オペレータが全登録者の名前を把握していなかったり、中に同姓の登録者が多くいたりするわけです。このようなばあい、電話の対応にミスが生じがちなのです。

それでも在籍確認や会社確認は問題がある

それ以外にも、在籍確認・会社確認に問題が指摘されます。例えば、個人営業を含む自営業者。またアルバイトや深夜勤務などですね。自営業をしていると、事務所で電話受けができないことがほとんどです。派遣でも出張などもある。深夜勤務要員が日中に友人から電話が入るはずがないでしょう。

その他に私の知り合いに家庭教師のアルバイトで高収入を得る東大生がいます。彼は一般サラリーマンよりも多くの収入を得ていましたが、独自の教材を開発したいと思いたち、キャッシング利用を考えたのですが、在籍確認は無理で、諦めざるを得なかったのです。

収入があり、安定もしているでも在籍確認ができないケースが増えたと言います。彼の例は特殊なものではないということなのです。社会の状況変化は企業の経営に影響を与えます。あらゆる会社は社会情勢に対して対応することで業績を伸ばすことが宿命づけられているからですね。

このことは、カードローンの申し込みでも変化の原因になっているのです。つまり在籍確認が難しいことが通常化したのでキャッシングサービスのマーケットが変化したと言えるのです。

在籍確認を省くことは可能か?

ここでやっと先に提示した疑問の一つに答える準備ができたようです。キャッシングサービスのマーケットが変化して多くの利用対象者が在籍確認に耐えられなくなったのであれば、金融業者はどのような変化を見せてくれるのでしょうか。

カードローン審査の最終段階で行われるのですが、審査に通りやすくなったとはいえ、銀行系カードローンは銀行のポリシーを無視できないことになっており、銀行系カードローンは100%在籍確認があると考えた方がよさそうです。銀行では預金者保護が最優先されるため社会的な変化に対応することは苦手なのです。

そこで在籍確認などの審査項目でも融通が利くのは消費者金融ということになります。様々に検討しても在籍確認にさしたる問題はないにせよ、例えば、「職場で不審がられる可能性がある」「時間的に会社が対応できない」あるいは「会社の休業日の即日融資を希望」などの状態で在籍確認は困難でしょう。

在籍確認で融通ができるのは消費者金融業者である。具体的には在籍確認がないカードローンを利用するという方法が考えられます。これらの消費者金融業者・商品では申し込みのときに相談をすることで対応してもらえることがあるようなのです。

  • プロミスフリーキャッシング
  • アコム

申し込み時に在籍確認がとれないことを相談することが大切です。在籍確認ができない場合、それに代わる本人確認の方法を代用してもらえるケースが期待できるのです。申込みをした後、相談してみるのが一番の得策です。

モビット「WEB完結」を利用する

他にも消費者金融系カードローンでは様々な工夫をすることで申し込み・審査の通過率を上げている業者もあります。モビットもそのような積極的な消費者金融業者の一つだということができるでしょう。独自の方法を工夫することで「WEB完結」のカードローンを実現しています。(こちらもご参考に→モビットカードローンについてもっと詳しく!

モビット「WEB完結」を利用する条件として

1. 全国健康保険協会の保険証が必要です

  • 社会保険証
  • 組合保険証

2. 次のいずれかに普通預金口座が必要です

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

これらの条件をクリアできれば、モビット「WEB完結」を利用することができるのです。モビット「WEB完結」のすごいところは、

  • 電話連絡なし
  • 郵送物なし
  • 利用もWEBで手続きできる
    • モビットのカードローンの利用条件は次の通り

      • 年齢満20歳?65歳の定期収入のある方
      • 限度額1万円?500万円
      • 貸付利率4.80%?18.0%

      このように便利なモビットのカードローンですが、利用する際の心がけは他のカードローンの利用と共通しています。心がけを守ることでさらにカードローンの審査に通る確率を上げることができるということになるでしょう。

      1. 少ない金額で申し込みをすること
      2. 優良な利用実績を蓄積する

      消費者金融業者の対応はかなり進んできています。同時に派遣業界においても事前に依頼をしておくことで、在籍確認の電話に対応してくれる業者も出てきています。カードローンの在籍確認を会社に隠さなくてはならないような時代は終わりを迎えています。むしろカードローンを堂々と活用する時代ではないでしょうか。

      【参考ページはこちら】
      モビットの審査基準やおすすめポイント

新着記事
TOPICS