> > > 初めてでも失敗しないノウハウ!審査が通りやすい会社の選び方

初めてでも失敗しないノウハウ!審査が通りやすい会社の選び方

キャッシングの利用に審査はつきもの。でもでも、キャッシングはしたいけど審査を受けるのはちょっとな…。という人は少なくないはず。そんなあなたに安心していただくために審査に通りやすい金融業者を選ぶためのイ・ロ・ハを整理しました。これを読めばもう、キャッシングの審査が不安だということは無くなるはず。

まずはキャッシング審査って何をするのか、何のためのものかなどを押さえることから始めましょう。相手を知り、自分を知ることが物事を成功させるために欠かすことができないということは数千年前から変わっていないことなのです。

審査に通りやすい会社は人それぞれ

どんな人でも審査に通す金融業者、会社などは存在しません。こう言われて、「えっ?そうなの?」と思ってしまった人は次のように考えてみてください。例えば、7歳の男の子が消費者金融業者でキャッシングの申し込みをしました。このキャッシングをオーケーできますか?非常識すぎる例ですか?

それでは、あなたの名前を使用して見知らぬ人がキャッシングの申し込みをした場合、その申し込みを通過させたならあなたはどこが悪いと考えるでしょうか。そのような詐欺行為を働いた人が罪に問われることは言うまでもありませんが、審査なしにキャッシングしてしまった金融業者には問題はありませんか?

このような例そのままのようなことは流石に極端です。しかし、極端に語っている内容に似た事例は見いだすことができると思うのです。だからこそ、このような例を発生させないための仕掛けが必要だということになるのです。このことは同意できるでしょうか。

審査とは何をするのか?

キャッシングの申し込みがあると、まず申し込み内容の記載を確認します。当たり前ですよね。何が申し込まれているのかをはっきりとさせなければ契約などが成立するはずがありません。しかし、これもまた審査の一部に含まれていることを意識している人はそれほど多くないかもしれませんね。

キャッシング審査は学力考査のように何かを計測したり、人格を判断して評価したり診断することではありません。キャッシング審査とは申込内容を確認して申し込み内容に問題がないことを示すための一連の手続きのこと。ですから特に不安になることはないはずなのです。

その他、申し込みにある利用希望者が本人であることを確認する必要があります。そして申込者の住所、電話番号などの連絡先情報も確認する必要があります。このように一つ一つの確認項目を挙げてみれば、どれもが当然だと思える項目ばかりになるはずなのです。それでは確認項目をまとめてみましょう。

  • 申込者氏名
  • 申込者年齢
  • 申込者住所
  • 申込者電話番号
  • 申込者勤務先
  • 勤務先所在地
  • 勤務先電話番号
  • 勤務状況
  • 収入状況
  • 希望利用額
  • キャッシング利用状況…

これらの項目はしっかり確認してもらわなければ、むしろ利用者として都合が悪いのではないでしょうか。実際これらの項目は利用希望者の特定に関わる項目でもあり、キャッシングに法的根拠を持たせるための基本項目になっています。

そもそも審査の目的は?

前述したようにキャッシング審査は難しい内容ではありません。それもそのはず、キャッシング審査はきちんとした目的のもとに運用されているものだからなのです。決して無目的な情報収集ではなく、むしろ利用者の保護と安全に配慮した結果だということができるでしょう。

キャッシングは正規の法律行為です。ですから法律行為として成立するための要件を整えていなければなりません。もし金融業者がこの要件を確認せずにキャッシングしてしまうと確認するための責任はすべて利用者が被ることになりかねないのです。法律的な不備がないように細心のチェックをすることが必要なのです。

そして個人情報保護の観点からも法律で厳しく取り締まられています。本人以外のなりすましによって契約が成立してしまったとしたら大問題です。気がついたら身に覚えのない借金まみれなどという被害者を作らないためにも審査はきっちりとなされなくてはならないのです。

さらに、借りすぎによって生活破綻をしないようにという生活への配慮が組み込まれているのです。貸金業協会による取り決めになりますが、加盟諸業者はこの取り決めを遵守することが求められています。キャッシング利用残高などの確認はこの取り決めによるものなのです。

初めての人なら通りやすいの?

気になるのは、個人信用情報の照会によって審査される利用履歴かもしれません。これに関する感情も個人差が非常に大きいと言えるでしょう。しかしながら闇雲に個人信用情報に記録があるからといって、悪い判断に帰結するとは限らないのも事実です。

個人信用情報は利用者本人によっても参照することができるようになっています。もし気になるようであれば、情報機関に問い合わせてみることも有効でしょう。身に覚えのない記録であれば、抹消してもらうことを考えることが必要になるからです。

キャッシング審査の目的と実際は、決して利用希望申込者の不利益になるものではないことがお分りいただけるでしょう。むしろ、利用希望者の社会生活を保護し、犯罪の被害を受けることを防ぐために役立っているものなのです。だからこそ、いたずらに審査を心配する必要はないと言われもするのですね。

さらに付け加えておけば、仮に「審査にだれでも通る」などというふれこみの広告などはありえないということを理解しておいていただきたいのです。それは言葉の矛盾を含んでおり、さらには法律の規制を無視した内容を示唆しているからです。このようなわかりやすい誘惑に引っかかっていては話にならないでしょう。

クレジットヒストリで信用度を蓄積する

それでは、過去の利用履歴の参照や個人信用情報に含まれる利用経歴の参照は一体、どのようなメリットがあるので、私たち利用者にとって有益だと言われるのでしょうか。これも知らなければ単に不安な要素に過ぎず、確かに審査に対して感じる不安の大きな部分であると考えられるのです。

キャッシングローンの利用には守るべき節度があります。それは言うまでもなく利用したキャッシングの返済支払いを遅滞なく完了することにつきます。そしてそれは以後のキャッシングローンのサービスを受ける上で非常に大きなメリットをもたらすことが期待できることなのです。

過去の利用実績が現在のローンに対する信用度を示します。ということは、過去に数回キャッシングを利用したことがあり、それらの返済支払いを遅滞なく完了していることも個人信用情報には記録されていることになるのです。このことは信用情報の確認の際、非常に大きな信用を受ける根拠となるのです。

このように良好なクレジットヒストリの構築は一種の社会的信用度を向上させることになりますが、さらにこのクレジットヒストリが金融業者間で共有されることで、クレジットヒストリの価値が大きくなっているということができるでしょう。これはキャッシング利用者にとってかけがえのないメリットの一つなのです。

複数の業者を利用するとどうなる?

なんどもキャッシングを利用しているとそれだけで信用を損なうと忠告してくれる友人も周囲にいるかもしれません。しかし、その主張には根拠がありません。金融業者からのキャッシング利用は友人同士での借金とは違うからです。金融業者からのキャッシングは極めて法的であり公的な要素が強いものだからです。

そしてなんど利用していようが、利用を完済している限りにおいて、クレジットヒストリを積み上げていることになり、それは公的・社会的信用度を向上させるのです。このことは複数の業者を利用していた場合も同様です。それらの利用が完済されている限りにおいて信用度がマイナスになっていることはありません。

それなら単一の業者を利用すれば?

もちろん、同じ業者からのキャッシングローンを使い続けているのであれば、その業者からの信用度は絶大だということになるでしょう。特に消費者金融業者であれば他のカスタマービジネスと同様、常連客へのサービスも
期待ができることでしょう。利用限度額の増枠、利用金利の引き下げなどという付加価値もまた考えられます。

審査に通りやすい条件とは?

このように考察して整理すれば、どのような人が審査に通りやすいのかははっきりとわかってくるはずですね。それはしかし、固定した条件や生得的な条件ではありません。努力次第で誰でも獲得することができる評価だということができます。そして審査に通りやすい人になることは実際に可能なのです。

審査に通りやすい人の順番を整理すると、

  • 1. 固定・常連客で利用実績が優秀
  • 2. 過去の利用実績が優秀
  • 3. 固定・常連客で利用実績が良好
  • 4. 過去の利用実績が良好
  • 5. 過去の利用実績がない新規利用
  • 6. 過去の利用実績に若干の遅延
  • 7. 過去の事故実績が記録されている

ということになるでしょう。そして最後の「過去の事故実績が記録されている」場合を通常ブラックリストと呼んでいるのです。このランクに入ってしまうと、もはや同じ金融業者でのキャッシング利用は絶望的になってしまいます。他業者でも数年間は利用が難しいと言われるのです。

ブラックリストって何のこと?

ブラックリストという帳簿のようなものは存在しません。これは通称でして、個人信用情報機関に取引上の事故が記録されており、参照するとその内容が明らかになる状態をそのように呼んでいるわけです。この記録は業界で共有されていることから、ブラックリストになるとキャッシングの利用が困難になってしまうのです。

ですから、少なくともこのブラックリストに掲載されてしまわないように細心の注意を払う必要がありますね。消費者金融業者などが参照する個人信用情報機関で5年、銀行などが参照する機関では10年間はそのようなブラックな記録が保存されることになっています。

ですから一度ブラックリストという扱いになってしまうと、5年から10年程度はキャッシングローンの利用は困難になるでしょう。もちろん初めてキャッシングを利用するという人には関わりのない話だとは思います。ただし現時点ではという条件を忘れてはなりません。何かの手違いで、ということは十分に考えられるのです。

銀行より消費者金融の方が利用しやすいというが?

一般に銀行の方が消費者金融よりも安心して利用できるというイメージがあるようです。しかし、銀行も消費者金融業者も同じ金融業者なのであり、キャッシングローンを提供しているという意味でも同じ業者だと言えます。しかし、消費者金融業者の方が利用しやすいとも言われるのですが、その理由は一体どこにあるのでしょうか。

銀行は大型で長期ローンが得意

銀行は資金・資産的に大規模であることがほとんどです。このことが利用者に対して圧倒的な信頼性を演出していることは間違いありません。実際、銀行は大型ローンでは独壇場でしょう。住宅ローンを提供できる他業者はあまりいないのです。このような違いは銀行の資金力だけを原因としているのでしょうか。

消費者金融業者でも資金繰りなどで工夫を重ねて銀行並みに資金を準備しているところも出てきました。このことは各社が提示しているカードローンなどに示されている利用限度額をみれば一目瞭然です。消費者金融業者であっても提供可能な利用限度額は銀行に遜色ないのです。

銀行のカードローンと消費者金融業者のカードローンを表にして利用限度額を比較してみましょう。

名称 種別 最高利用限度額
みずほ銀行 銀行 1000万円
三井住友銀行 銀行 800万円
オリックス銀行 銀行 800万円
イオン銀行 銀行 800万円
三菱東京UFJ銀行 銀行 500万円
楽天銀行 銀行 500万円
レイク 銀行 500万円
モビット 消費者金融 500万円
オリコ 消費者金融 500万円
プロミス 消費者金融 500万円
アコム 消費者金融 500万円

このように並べてみると銀行によるカードローンと消費者金融業者のカードローンにはあまり違いがないようであることがお分かりいただけるでしょう。これは消費者金融業者の努力の結果を表しています。しかし、銀行は消費者金融業者とは決定的に異なることがあるのも事実なのです。

預金による資金調達

銀行の資金源は預金です。ですから預金者保護が優先することは仕方がないことだと同意できるのではないでしょうか。自分の預金を高リスクな運用に供されるのは誰しも嫌でしょう。そして預金者保護は銀行に対する法的な要請でもあるのです。ですからできる限りリスクを抑えた資金運用をしなければならないことになります。

投資としての安全な貸付は銀行が得意です

キャッシングサービスの提供を考えるとき、銀行にとっての至上命令は安全性の確保だということができます。銀行にまつわる嫌な噂話の根拠には銀行のこのような立場が見え隠れするのではないでしょうか。曰く銀行にキャッシングの相談に出向いたら、けんもほろろに追い返された…などはむしろ銀行はすべき仕事に忠実なのです。

担保・保証人のある貸付なら

銀行が得意としていたローンに不動産担保ローンがあります。不動産などに限らず、担保や保証人を付けることによってローンを提供した時のリスクを銀行は回避することができるのです。ですから基本的に銀行でのローン提供サービスは担保や保証人を必要とする商品が数多く挙げられることになります。

生活資金は無担保・無保証人しかも少額キャッシング

そういう事情があるにせよ、一般のキャッシング利用希望者が必要としているキャッシングは担保や保証人が必要な大金を想像していないのです。私たちが必要だと思っているキャッシングは、むしろつなぎに用いられるような生活資金の調達のはずです。このような必要に、銀行はなかなか応じることが難しいようです。

組織が複雑である銀行は融通が利かない

銀行は均一化したサービスを提供することを指向します。地方銀行であれば営業所を構えるその地域では一定のサービスを提供していることが期待されますし、全国に展開するようなメガバンクであれば、支店が違っているためにサービスの質が違うなどということは考えられないでしょう。

画一的なサービス展開が身上な銀行だからこそ

銀行の支店が移転して戸惑ったという経験を持つ方は少なくないでしょう。銀行の支店が無くなったり、場所を移動したりすることはあるのですが、しかし、サービスの内容が変化することはほとんど考えられません。隣町の支店に出向くとお茶が出たなどということはまずありえないことですね。

銀行は行員の教育レベルも均一である

マニュアル対応だと非難されることもあるようです。しかし、マニュアル教育の最大のメリットは均一化された対応だということができます。銀行員の場合、対応できる内容であればどの行員であっても同じ対応ができるということが期待されます。このことは、日本の伝統の中で醸成された雰囲気があるからに他なりません。

銀行は一般事業とは一線を画しています。銀行は公器であるとする感覚が日本にはあるのです。それは一般的な事業のように利益を追求した経営をしている銀行は批判にさらされることが間違いありませんよね。このことが事情を如実に表しているということができるでしょう。

大手の消費者金融業と中堅・中小の消費者金融

銀行が一般生活者が必要とする生活資金のキャッシングサービス提供に不得意であることはなんとなく理解できたかと思います。銀行とは異なり消費者金融業はもともとが生活資金のキャッシングサービスの提供を主業務として発展してきました。ですからそのためのノウハウで銀行との差をつけているといえるでしょう。

しかし、消費者金融業者と言っても、テレビコマーシャルなどで有名な大手の消費者金融業者ばかりではありません。日本全国に地元で優良な営業を継続している中堅・中小の消費者金融業者は数多くあるのです。これらの消費者金融業者と大手との違いはどうなっているのでしょうか。

有名な消費者金融業者と中堅・中小の消費者金融業者を比べると

キャッシングの提供方法、利用限度額、金利、そしてキャッシング審査の基準といった項目での違いがよく指摘されているようです。これらの相違点をもう一度整理することで、審査に通りやすい金融業者がよりわかりやすくなるでしょう。

カードローン販売とフリーローン販売

大手で主流になっているキャッシング形態をカードローン形式と言います。これは利用限度額を申し込んで審査に通るとキャッシングカードが発行されるもので、そのキャッシングカードを利用してのキャッシング利用ということになります。設定されている利用限度額以内であればいつでもなんどでも再利用できるのが特徴です。

それに対して、中堅・中小でのキャッシングは、利用したい金額を申し込みするとその都度審査を受けることになります。そして審査に通れば、その場でキャッシュを手渡してくれる形式が主流なのです。これをフリーローンタイプと呼ぶようです。

無論、カードローンよりはフリーローンの方が制限が多いのでキャッシング審査は緩いということができるでしょぅ。このことは、一般には大手の消費者金融業者よりも中堅・中小の消費者金融業者の方がキャッシング審査が緩いと言われる原因のひとつにも数えられています。

利用限度額の上限は違う?

有名大手であれば資金力が潤沢であることから、利用限度額の上限は高いかのように思われがです。しかし、実際はそう単純ではありません。消費者金融業者を取り締まっている法律に貸金業法という法律がありますが、この法律でキャッシング提供の上限が定められているからです。

キャッシング利用できるのは本人年収の3分のいち1までと決められた総量規制が貸金業法には条文化されており、消費者金融であれば大手であれ、中小であれ同じ制限が適用されることになります。つまり利用できる上限を決めているのは業者側の都合ではなく、利用者側の都合だということなのです。

また貸金業法ではキャッシング利用の希望額と利用残高に応じて審査を行うことを定めています。これもまた消費者金融業者の全体に適用されますから、業者の規模に関わりなく、審査に通って利用出来る金額というベースではほとんど差がないということになるのです。

地元で密着した中堅・中小の消費者金融のメリット

地域ごとに産業形態には大きな差が見られます。産業形態が異なれば、経済生活のサイクルも利便性も大きく異なってくるため、全国展開を前提にした大手の消費者金融業者の場合は対応に無理が出てくることも少なくありません。この点、地元に密着している消費者金融業者であればかえって安心だということができるでしょう。

金利面の違いはあるか?

消費者金融業者の金利は自由に設定されているのではありません。金利の設定は法律で厳しく管理されており、業者の規模の違いによる金利面の差はほとんどないと言えます。

店舗で統一した基準と業者ごとに違う審査基準

このような違いが見られる大手と中堅・中小の業者ですが、その違いは審査基準に及びます。全国での営業を前提にした大手では当然に審査基準に差を設けることは不可能に近いことでしょう。それに対して中堅・中小の場合は、地元の事情を考慮した、申込者に焦点を合わした審査をすることが可能になるのです。

これらの違いから、審査に通りやすいのは中堅・中小の消費者金融業者だという主張に妥当性が見られるでしょう。確かに、中堅・中小の消費者金融業者でのキャッシングであれば、必要な金額を申し込むことになり、柔軟な審査を受けることが可能になりますし、積極的な審査結果を期待することができるに違いありません。

ここまで、銀行、大手の消費者金融業者、そして中堅・中小の消費者金融業者とと比較しながら検討を進めてきました。銀行よりも大手の消費者金融、そして中堅・中小の消費者金融でのキャッシングがもっとも審査に通りやすいであろうことが理解できたと思われます。

審査に通りやすい会社、2つのポイント

ここで比較した内容以外にも実は、審査に通りやすいかを判断する材料はありますので、ここで2点を指摘しておきたいと思います。

結果が早いのは、つまり審査が通りやすいから

即日キャッシングを宣伝していますが、即日キャッシングを実現するためには多くの審査に手間と時間をかけてはいられないのは当然でしょう。言い換えれば、即日キャッシングの定評がある会社を選ぶことで、審査に通りやすい会社を選ぶことが可能になるのです。

必要書類が少ないと審査に通りやすくなる

消費者金融業者でのキャッシング申込に際して求められる書類は、本人確認書類として運転免許証か健康保険証と表示されていることがほとんどなのですが、申し込み金額が50万円を超えてしまうと別の資料提出が必要になったりします。このような追加資料が求められない金額で申し込みすることが大きなポイントです。

審査に必要となる書類は業者ごとに微妙な違いが見られますので、注目して比較すれば、審査に通りやすい業者を選ぶことができるということになるのです。これらの知識によって、キャッシングサービスを選べば、きっと満足できる結果を引き出すことができるでしょう。

新着記事
TOPICS