> > > 審査の緩いローンはありますか?借り換え希望の人は必見!

審査の緩いローンはありますか?借り換え希望の人は必見!

カードローンやキャッシングといった融資商品には審査がつきもの。提供する金融機関によって、その審査の厳しさは違うと言われています。例えば銀行なら色々と厳しい上に時間がかかるという噂や、消費者金融なら審査がスピーディであまり厳しくはないという噂。他にも信販会社などでも審査についての噂はつきものです。(こちらもご参考に→審査基準が緩いカードローンを使いたい!

ローンを考えるなら審査は絶対につきまとうものですが、厳しすぎない審査であればあるほど有り難いのは確かなはず。特に様々な理由で借り換えを考えるようになった人なら、審査については必ず考えるものでしょう。借り換え目的でのローンの審査は、一般的なローンに比べて面倒なのではないか、と言われているのが実情ですよね。

借り換え理由を明確に!

借り換えの理由は人それぞれです。住宅ローンの借り換えもありますし、中には自動車ローンの借り換えも。こういった「大きな買い物」に対する借り換えなら、一般的に銀行や信金、元々ローンを組んだ金融機関に相談すれば大抵はうまくいくようになっています。借り換えローンもまた金融機関にとって大きな商品です。

しかし、借り換えという言葉にナーバスになりがちなのが、多重債務からのローンの一本化を目指す人ではないでしょうか。借金の一本化を借り換えと言うことがあります。全員が全員そうというわけではないのですが、複数の消費者金融や金融機関からお金を借り過ぎて、返済が辛くなった人が選ぶ手段だと思われます。

住宅ローンや自動車ローンと違い、友人知人や家族に借り換えの理由を相談しにくいかもしれませんね。そうなってくると、やはり借金の一本化として新しいローンを組んだ方が得策かもしれません。なぜ借り換えをしたいのか?ということを明確に考え、「一本化した方が楽だ!」という結論に達したら、腹をくくって一本化を目指しましょう。

借金の一本化のメリット

借金の一本化のための新しいローンを組むとなると、やはりまた審査が関わってきます。この審査について考える前に、まず借金の一本化のメリットについて考えてみましょう。これで納得できるのなら、一本化を目指して新たなローンの手続きを取った方が良いことは想像に難くありません。何事も納得してからが良いですよね。

借金を一本化とは、そもそも複数の金融機関から借りていた、利息を含めた借入額全てを返済できる資金を新たに借りるということです。借入額全てに対する返済方法は一括となります。その後、新たに借りた資金の返済を始めるという形になりますね。今まで複数の会社に返済していた所を、一社に対しての返済になるということです。

これにどんなメリットがあるのでしょう?まず、「複数の借金全てをまとめて一括で返済する」という点に注目して下さい。それまで分割で支払い、何ヶ月、あるいは何年とこれからも続く支払いを一括で全て返済する時、金利が計算され直されます。金利は日割りですので、返済期間が短くなれば利息が少なくなるという寸法です。

利息が少なくなればなるほど、新たに借りる資金の元金は少なくてすむことは分かりますよね。数社の返済を長々と続けて行くより、こうしてまとめてしまった方が、長期的に見るとお得であることは確かです。特に一本化を考える人はそこそこ大きな利息があるはずですので、それがかなり減ると思うと、やはり一本化への借り換えは賢いと考えられます。

精神的負担も違う一本化!

利息の件以外にも、一本化にはメリットがあります。お金を借りていると、それなりに精神的な負担を感じませんか?額が大きくても小さくても、とにかく返済という文字が一ヶ月に一度は目前に迫ってくるかと思います。これはこれで結構なストレスになると思います。悪いことをしているわけではなくとも、それなりにプレッシャーですよね。

多重債務者ともなってくると、このプレッシャーが半端ではないと言われます。毎日毎日支払いのことを考えてしまう人もいるとか……。しかも複数の金融機関から借りていると、一ヶ月の間に何度も返済の日がやって来ることもしばしば。そのたびにプレッシャーを感じたり、溜息をついたりするのはかなりのストレスになりませんか?

ところが一本化をしてしまうと、返済日は一ヶ月に一度だけになります。しかも大抵のおまとめローンは返済期間を長く設定できるため、以前よりも月々の支払い金額が減ることがほとんど。もちろん高額に設定しても構いませんが、どちらにせよ、自分の生活を圧迫せず、溜息をつかなくても良い程度の金額を払えば良いという環境に変化するわけです。

借金に対する精神的負担というものは見逃せません。毎日何となく苛立った生活をしてしまうよりは、使えるものは何でも使い、またストレスの少ない生活を取り戻した方がずっと良いはずです。金銭的にもそうですが、精神的観点からも、多重債務に悩む人は積極的に借り換えをして、借金の一本化を考えるべきだと言えます。

借り換え商品、選ぶ時の注意

では、いざ借り換えを決意したとしましょう。むしろ多重債務者の人は、債務整理を考える前にこちらにしてしまいましょうね。まずは借り換えを対象にしたローンを探すところから始まります。栗内容が内容だから、あまりそういった商品はないのでは?と思われるかもしれませんが、ところがどっこい、おまとめローンは実に充実しています。

ローンと言う名前がつくとつい銀行を想像してしまいます。銀行が主力であることは確かですが、最近では消費者金融でも借り換えのためのキャッシング商品が提供され始めています。利息の違いはありますが、銀行の良い所、消費者金融の良い所を比較して、ご自分に合っている方を選ぶことが大切です。

ただ、消費者金融の方のおまとめ商品は、場合によっては審査に通らないケースが考えられます。おまとめの内容が消費者金融からの借り入れだったとしたら、総量規制に引っかかることがあるからです。もちろん引っかからないのであれば問題なく利用することができるのですが、引っかかってしまってはどうしようもありません。

たくさんの借り換え商品に悩む程!

総量規制に関係ない金額でのおまとめ商品利用を考えているのであれば、消費者金融も選択肢に入れることができます。自分の借入額を正確に把握し、総量規制に引っかからないことを確認して下さいね。銀行系のおまとめローンを考えているのであれば総量規制は全く関係ありません。が、こちらも借入額は把握しておきましょう。
(⇒総量規制対象外のカードローンにはどんなメリットがある?

借り換え商品、いわゆるおまとめローンは、今の時代かなりの数があります。それほど需要があるということなのか、それとも少しでも顧客側の満足度を高めるためなのかは分かりませんが、一般的にあまり使われないと思われそうな種類のローンでも充実している時代になっていますね。おまとめローンもそういったもののひとつです。

消費者金融の便利商品!

あまりにも多いので、銀行、消費者金融で有名なおまとめ商品をピックアップしてみました。どの商品が一番良い!というわけではなく、どちらが今の自分の状況で審査に通りやすいかを考えたりする参考になればと思います。まずは消費者金融を見てみましょう。

社名 商品名 実質年率 限度額
アコム 借換え専用ローン 7.7%~18.0% 300万円
プロミス おまとめローン 4.5~17.8% 500万円
アイフル かりかえMAX 12.0%~17.5% 300万円
アイフル おまとめMAX 12.0%~15.0% 300万円

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

大手の消費者金融だけでもこれだけの種類があります。どれも一本化のための商品ですので、追加の借り入れはできないとされています。また、返済方法も元利均等返済方式となり、消費者金融の主流となっているリボルビング払いは利用しない方針になっています。繰上返済が可能な点も嬉しいですね。

銀行の商品も要チェック!

次に銀行のおまとめ商品を見てみましょう。消費者金融と比べると、融資の最大限度額が高額であるという特徴が際立っています。最大1000万円には魅力を感じますよね。こちらも大手銀行が扱っているものをピックアップしています。銀行には総量規制が適用されませんので、年収に対する借入額を心配する必要はありません。

社名 商品名 実質年率 限度額
三菱東京UFJ バンクイック 4.6~14.6% 500万円
東京スター銀行 スターワンバンクローン 5.8~14.8% 1000万円
住信SBIネット銀行 ネットローンプレミアムコース 1.99~7.99% 1000万円
楽天銀行 スーパーローン 4.9~14.5% 500万円

あくまで有名どころの紹介ですので、他にも存在します。消費者金融と比較してみると、実質年率に大きな差が見られることが分かります。ただ、審査の日数が消費者金融よりも時間がかかりますので、急いでいる場合はあまり得策とは言えないかもしれません。こちらも自分の返済計画や収入と見合わせて考える方が良いでしょう。

また、細かい条件を見てみると、銀行の貸付条件はそこそこ面倒なものがあるようです。東京スター銀行は年収200万円未満の人や、パート・アルバイトの人の利用をお断りしていますし、バンクイックは銀行にあるテレビ窓口に足を運ぶ必要があります。今時のWEB申し込みではNGとされていますので、そこは注意が必要ですね。

審査の基準はそれぞれ違う!

一般的に消費者金融の審査は通りやすく、銀行は通りにくいと言われています。これは消費者金融の審査が適当というわけではありませんし、銀行の審査が意地悪というわけでもありません。銀行は利息が低く、消費者金融は高めに設定されています。低い利息で融資をするということはそれなりのリスクが伴いますので、その代償と考えましょう。

消費者金融、銀行のどちらの商品を選ぶにせよ、今までの返済状態よりはずっと楽になるはずです。中には多重債務に悩むあまり、自己破産を考えた人もいるかもしれません。しかし自己破産の前にもできることはまだまだあります。借り換えによる借金の一本化もその中の一つです。諦めずに前向きに考えていけると思いたいですよね。

自分一人ではまとめ方が分からない、考えるのも疲れた……という重症の場合は、最初から消費者金融や銀行の窓口に行って、「一本化を考えています」と相談してしまう方法が一番良いでしょう。あちらもプロですから、分かりやすく対応して、一緒に一番良い方法を考えてくれますよ。これからの返済が楽になりますように!

【参考ページはこちら】
審査の軽いカードローンを活用するコツを教えて!

新着記事
TOPICS