> > > 銀行カードローンの審査が通らない!その理由と解決策を解説!

銀行カードローンの審査が通らない!その理由と解決策を解説!

お金に困っていなくても、今の社会ではカードローンが常識になりつつあります。昔は現金主義の人の方が多かったとも言われていますが、カードが使えるお店や公共施設が増えたということや、カードローンを提供する銀行が個人向けのサービスを充実させたことも功を奏したようです。誰でも一度はカードローンを考えたことがあるのでは?

カードローンを扱っていない銀行は無い、と言っても過言ではありません。それほど銀行にとってカードローンは主力の商品になり、利益を期待できるコンテンツとして成立しています。最近では家計簿代わりにカードを利用するというツワモノも増えていますし、これからますます銀行が力を入れていくコンテンツとなっていくことでしょう。

しかしそこでどうしても出て来るのが「申し込み」と「審査」。なぜかこの申し込みに何度トライしても、審査に通れないという不思議な現象を経験している人が少なからずいるようです。とにかく審査に通らなければ銀行のカードローンは利用できません。なぜ審査に通過しないのか、原因とその解決策を考えてみませんか。

心当たりは?審査の注目点!

まず、「なぜ審査に落ちるのか」を考えてみましょう。まず大抵の人が思いつくのは、「以前、他のカードローンやキャッシングで何かトラブルがあって、その記録が残っているのではないだろうか?」ということではないでしょうか。そう、それはまず大きな原因として誰もが考えることです。思った以上にトラブルの記録は長く残るもの。
(⇒審査に降りない…そうなる前にできる対策法

銀行に限らず、お金のやり取りをビジネスとする金融機関では、申し込みに対して審査を行います。その審査で何を見るかと言えば、様々なことがありますが、やはり「お金に対する個人の信用情報」は欠かせないものだと言えるでしょう。この情報があった方が、申込者がどんな人か分かりやすいわけです。

例えば、過去に(故意ではなく不可抗力だとしても)別のカードローンで融資を受けたものの、返済でトラブルがあった人が新たに申し込んで来たとします。そういった人に対してすぐに「この人は大丈夫だお金を貸そう!」と思えるほど、銀行は優しくはありません。銀行だけではなく、消費者金融や信販会社ももちろんそうでしょう。

過去に返済に関するトラブルの経験がある人は、信用情報機関から自分のトラブルの記録が消える数年間、新たなカードローンやキャッシング商品の契約は少し難しくなる可能性を覚えておいて下さい。ただ、トラブルの度合いによっては記録されないこともあります。気になる人は信用情報機関に問い合わせをして確認してみましょう。

信用情報機関は重要!

そもそも信用情報機関とは何なのか?と思う人もいるかもしれませんね。特にカードローンやお金を借りることについて未経験の人はあまり知らなくて当然かもしれません。信用情報機関と言うのは、お金に関する個人情報が保管されている場所で、融資商品を取り扱う金融機関は大抵が利用している合法機関です。

この信用情報機関と言うものは、金融機関がカードローンなどの金融商品に申し込んで来た人の過去の金銭トラブルがないかどうかを調べられる機関でもあります。ここに過去のトラブルの記録が残っている人は審査で不利になってしまうことは仕方ありません。とはいえ、残っているからと言って必ず審査に通過できないというわけでもありません。

ここに過去のトラブルの記録が残っているとしても、その内容によっては審査に影響しない場合があります。ごくごく単純な連絡ミスであったり、消費者金融で借りた時に総量規制に近くなったものの、返済によって総量規制から遠ざかったなど、既にマイナスではない情報であれば何も問題ないということです。

ただ、返済遅延などに関しては、経験がある人は少し構えた方が良いでしょう。返済トラブルに関する情報は、解決から数年経たないと消去されないというのが定説になっています。銀行側がカードローンの申し込みの審査でそれを見てしまえば、流石に審査に通ることは難しくなるでしょう。心当たりがある人は注意したいですね。

初心者でも落ちる理由があった!

さて、ここまでは「過去にカードローンやキャッシングを利用したことがある人」が審査に通過できない理由として考えられることの説明でした。でも、中には「一度もカードローンを利用したことがないのに、いつもいつも申し込みで落ちてしまう!」と言う人もいるわけです。これは一体どういうことなのかを考えてみましょう。

先に説明した信用情報機関に登録される過去のトラブルは、過去にカードローンやキャッシングなどの金融商品を利用したことがあるからこそ発生するトラブルです。裏を返せば、今まで利用したことがない人の個人情報が登録されているはずがありません。と言うより、登録する情報がないわけですから「登録できない」わけです。

となると、当然ですが、理由は別にあると考えるべきです。どう考えてもおかしいですからね。申し込む時に個人情報を渡しているわけですし、人によっては身分証明書のコピーなども送っているケースが考えられます。もちろん審査に通らなければ破棄されるわけですが、これだけしているのに……と不満を持ってもおかしくないことです。

落ちても理由は通知されない!

厄介なことに、審査に通過しなかった時、「なぜ審査に通過しなかったか」という理由はまず教えてもらえません。問い合わせをしてしつこく聞けば教えてもらえるかもしれませんが、そこまでやる人も滅多にいませんよね。しかしもちろんですが、審査に落ちたということは理由があったと言うことです。できれば知っておきたいですよね。

今まで利用経験がない人が審査に落ちる理由は様々ですが、正式に理由が通知されない以上、想像するしかありません。しかしその中でも明らかになっていることがいくつかあります。正直言うとどれも初歩的なことなので、ついつい原因の可能性から排除して考えてしまうことが多いようで、中々改まらない人がいるのが確かなようです。

理由は単純!送付前にチェック!

この理由がまた実に単純と言えば単純すぎて、思わず「嘘だろう」と言いたくなってしまう人もいるかもしれません。しかし重要なことであるのも確かですので、今後のためにしっかり抑えておきましょう。審査に通過しない理由の上位に食い込んでいる理由のひとつとして、「個人情報の誤記入」というものがあります。

つまり、申込書の個人情報の記入ミスをしてしまうということになります。信じられないと言う人もいるかもしれませんが、これが本当に多いと言われています。この時点で「本人とは違う情報が提供された」ということになり、審査通過も何もあったものじゃないですよね。問答無用でこの場でカードローンご利用お断り、となります。

本人にそのつもりはなくても、個人情報の誤記入は「虚偽」と扱われます。もしも犯罪者が名前を変えてお金を調達しようとしていたら?他人になりすまして返済をその人に押しつけようとしていたら?……大げさなようですが、お金の問題はこういった危険をいつもはらんでいるものなのです。誤記入の厄介さが分かりましたか?

本命の一社に絞って!

厄介な誤記入と同じくらいに多いと言われている初心者の審査不通過の理由ですが、もうひとつ、上位に食い込む有名な理由があります。申し込みの時、「もしも審査に落ちたら嫌だから、他にも何社か申し込んでおこう」と思って何社も同時に申込書を送付した記憶はありませんか?これはまず絶対ダメ!です。

最初に説明した信用情報機関には、個人の申し込み状況もすぐに登録されます。そして「他の会社にも同じ時期に同時に申し込んでいる」ということが判明すると、大抵のカードローン商品の審査ではお断りされるはめになってしまいます。わざとではないという説明をすることもできませんし、理由が教えられることもありません。

同時に何社にも申し込みをする=短期間でたくさんのお金が必要なのではないか、という予想がされてしまうわけです。もちろんそんなことはないとしても、審査する側にはそこまで分かりませんよね。短期間でたくさんのお金が必要な場合というものは、大抵何かしら切羽詰まっているというイメージを持たれやすいものです。

切羽詰まった人にお金を貸す気になれますか?返済について心配することになってしまいそうですし、それはちょっと難しいという想像はできますよね。特に銀行は、顧客の預金を資金として運営されています。貸したお金が返ってこなければ、それは顧客のお金を失うということですから、できるだけ嫌な可能性は排除したいというものなのです。

送付前に何度も確認が一番!

結局、初心者が申し込みの時に気をつけることは基本的にはたったの二つということが言えます。

  • 申し込みの書類の個人情報項目に誤記入はありませんか?
  • 同じ時期に、何社にもカードローンなどの融資商品の申し込みをしていませんか?

この二つに気をつけるだけで、おそらく初心者が審査に通過する確率はぐっと上がるようになります。特に一番目のチェック項目ですが、一度送付してしまうと、間違いに気付いても訂正ができません。そのまま審査に入って通過することができず、信用情報機関には不名誉な記録だけが残ってしまうわけです。これは嫌ですよね。

しかし、どうしても審査に落ちてしまった時は、落ち込みすぎずに半年待つことにしましょう。申込書の誤記入や複数の会社への同時申し込みで審査に通過できなかったという情報の保持期間は大抵が半年とされています。つまり半年後なら、今までのように何ひとつトラブルがない初心者と同じ扱いを受けることができます。

思い当たることはありましたか?次に申し込む時にはぜひ気をつけてみて下さい。カードローンは便利なものです。持っていて絶対に損はありませんから、ぜひ審査に通過したいものですよね!

【参考ページはこちら】
審査基準が緩いカードローンってどこにあるの?

新着記事
TOPICS