> > > 在籍確認は電話以外の方法もあります!その方法を紹介しましょう

在籍確認は電話以外の方法もあります!その方法を紹介しましょう

カードローン利用の審査では在籍確認が行われるようになっています。これは勤務先を確認するために必要なものなのですが、勤務先に電話が来るという事に対して少なからず抵抗を持つ人は多いんですよね。

ですが、在籍確認は勤務先に電話をするという事以外でも可能だという事は知っていますか?勤務先に電話をしてほしくないのであれば、在籍確認がないカードローン会社を選ぶ、もしくは勤務先を証明する書類を提出するという方法で在籍確認を乗り切ることが出来るんですよ。
(⇒会社確認は問題なし!カードローンの在籍確認

在籍確認は電話で何をする?

そもそも、在籍確認はわざわざ勤務先に電話をして何をするのでしょうか。勤務先がどこなのかについては、申込時に記載していますよね。ですが、その勤務先が本当なのか、嘘をついているかどうかは確かめてみなければ分かりません。

勤務先を偽るという状況、それは審査に不利な勤務先・職業に就いているという場合でしょう。どうしても審査に通りたい、でも本当の勤務先を書いてしまえば審査に不利になる、そう思ったら少しでも審査に通る可能性を高くしたいという事で嘘の勤務先を記載してしまうかもしれません。

ですから、本当に正しい勤務先を記載しているのかをチェックされるのです。審査に不利だと言われている勤務先はいくつかあります。

  • 自営業
  • 水商売
  • 日雇い労働

これらの職業の場合、収入の安定性に不安があるという事で審査に不利になると言われています。これらの職業は必ず審査に通らないという事ではありません。債務状況等に問題が無ければカードローンを利用できる事もあります。(こちらもご参考に→職業別利用しやすいカードローン情報

ただし、正社員と比べると利用限度額が低くなってしまうという事は出てくるでしょう。信用度が高くなればなるほど、高い利用限度額が設定されるのです。仮に勤務先を偽った場合、カードローン会社にとっては申込時の申告年収が当てにならないということになってきます。

実際の与信よりも高い限度額になってしまう事もあるでしょう。そうなれば、無理な利用をして返済が滞ってしまうかもしれません。ですから、きちんと勤務先を確認して収入源を確認するという作業を行うわけです。

在籍確認自体は勤務先に電話をする、申し込み者がいるか確認する、これだけです。申し込み者と電話で話をしなければいけないという事でもありません。

「Aさんはいますか?」「ただ今外出しております」「席を外しております」「本日は出社しておりません」これらの回答でもAさんがその勤務先に在籍していることは確認できますからOKなんです。

Aさんが電話できる状態であれば応対することになります。その際は、生年月日等聞かれて本人であること、カードローン申し込みをしたことを確認して終了です。在籍確認自体は簡単な作業であると言えます。この作業をすることで、勤務先を確認するのが在籍確認なのです。

電話以外の確認方法もある!

在籍確認は勤務先に電話をするというのが一般的です。大多数のカードローン会社が勤務先に直接電話をすることで在籍確認、勤務先の確認を行っているというのも事実です。

ですが、自分が勤務先に電話をしてほしくないという状況に限らず、在籍確認に対応してくれない勤務先もあります。その場合は在籍確認ができないから困りますよね。

ですから、実は電話確認以外の方法もあるんです。勤務先が本当かどうか確認できれば良いわけですから、勤務先が分かる書類を提出することでOKとするカードローン会社もあるんですね。例えば、次のような書類が挙げられます。

  • 社員証
  • 健康保険証(勤務先記入)
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類はその勤務先で働いていることが証明できる書類となりますから、在籍確認をしなくても勤務先が確認できると判断される場合があるのです。

ですから、どうしても在籍確認をしてほしくない、在籍確認が出来ない勤務先であるという場合は代替案について相談してみると良いでしょう。相談することで在籍確認を避けることが出来る場合もあるんですね。

在籍確認は代替書類の提出をすることで
電話確認を避けることが出来る場合もある
カードローン会社に在籍確認の方法について相談してみると良い

ただし、在籍確認をするかどうかはあくまでもカードローン会社の判断となります。カードローン会社が必要だと判断すれば勤務先への電話確認をすることもありますので、そこは注意しておきましょう。

在籍確認なしのカードローンは?

「在籍確認なし」そういうカードローンはゼロではありません。カードローンに限らず、小規模の消費者金融で数万円程度の少額融資を短期で行っているところは、在籍確認不要でお金を貸してくれる場合もあります。在籍確認をしなくてもお金を借りることは出来るという事です。

ですが、どうしてもカードローンが利用したい、できれば知名度のあるところだと安心できる、そう考える人もいるでしょう。実は大手の消費者金融カードローンが在籍確認不要で利用できるようになっているんです。それがプロミスとモビットです。

もちろん、全く勤務先の確認をしない、という事ではありません。先ほど説明したような代替手段を依頼されることになりますし、在籍確認をしないための条件というのもあります。

■在籍確認不要の注意点
電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

モビットの場合

モビットはWEB完結での申し込み・利用が可能となっています。契約も利用・返済も全てWEBで行う事が出来るので、時間・場所に制限されることなく利用できるわけです。

モビットのWEB完結を利用するためには、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の普通預金口座を持っていること、という条件をクリアしなければいけません。

WEB完結で申し込みをした場合、お金を借りたい時は自分の口座に直接振り込んでもらう形になります。そして、返済は口座振替ですからカードが必要ないので、電話連絡だけでなく郵送物もないというメリットがあるんですね。

あとは健康保険証(社会保険証)もしくは組合保険証を持っているという条件をクリアしましょう。

プロミス・モビットの融資条件

プロミス、モビットは在籍確認不要で利用できる、利用出来た実績があるというカードローンです。しかし、実際の融資条件が自分の希望に合わなければ満足できないかもしれませんよね。最大の利用限度額はいくらなのか、金利はどうなっているのか、融資条件をチェックしておきましょう。

カードローン名 融資限度額 金利 特徴
プロミス 最高500万円 4.5~17.8% 初回30日間無利息サービス有※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
モビット 最高500万円 4.8~18.0% 申し込みから利用までWEB完結が可能

限度額については、両社とも消費者金融ですから総量規制の対象となってしまいます。自分の年収に見合った限度額が設定されることになりますが、年収があるのならその分高額な利用が出来る可能性はあるわけです。

大手という安心感もありますので、カードローンを検討しているのであれば候補として考えても良いでしょう。

勤務先の人に簡単にはバレない!

在籍確認を敬遠する理由として、勤務先の人にばれてしまうのではないかという不安が挙げられますよね。ですが、在籍確認をすれば勤務先の人にバレてしまうかと聞かれれば、あまりその心配はしなくても良いでしょう、という答えになります。

在籍確認をするときに、「カードローン会社の者ですが」「カードローン申し込みの件で」このように電話をすることはありません。基本的には担当者の個人名で行われることになっています。

また、カードローンの利用・申し込みについて申し込み者以外の第三者にむやみに知らせてはいけないという法律もあります。

ですから、出来るだけバレないように在籍確認担当の人も注意をしてくれるのです。消費者金融の利用者は現在1,000万人を超えています。それだけの人数の在籍確認が行われるとして、利用している人、もしくは利用しているのではないかという人を知っていますか?

意外と身近にいるはずなのに情報が入ってこない、それは在籍確認ぐらいでは簡単に利用がバレないということを示しているとも言えます。

在籍確認をしたからと言って勤務先の人に申し込みがバレる可能性は低い
担当者個人名が電話をしてくるようになっているので
簡単にカードローン申し込みを知られることはない

カードローン利用がバレる可能性が高くなるのは、延滞をしてカードローン会社の連絡を無視し、勤務先に督促の電話等をせざるを得なくなってしまった場合、カードローン会社への出入りを見られてしまった場合など、自分さえ気をつけていればどうにかなる部分の割合が大きいとも言えます。

【参考ページはこちら】
会社にバレたくない!在籍確認なしのカードローンはある?

新着記事
TOPICS