> > > カードローンの審査で会社に連絡は必須なのか

カードローンの審査で会社に連絡は必須なのか

カードローンを申し込んだはいいけれど、「在籍確認で会社に連絡してもらいたくない」という人は少なからずいるのではないでしょうか。会社の人にカードローンを申し込んだなんて知られたくないという気持ち、わかります。では、カードローンを申し込んだときの「在籍確認」は、金融機関にとって必須なのでしょうか。

在籍確認とは

カードローンでよく聞く「在籍確認」とはいったいどういうことなのでしょうか。金融機関はお金を貸すというのが商売なので、貸した人が返済してくれなければ商売あがったりなわけですよね。申し込んできた人にお金を貸すのはいいけれど、「本当に仕事をして収入があるのかどうか」「本当に勤めているのか」を確認するためのものが、「在籍確認」だと言ってもいいでしょう。

消費者金融や銀行などの金融機関でカードローンを申し込んだとき、必ずといっていいほど「勤務先」は記入しないといけませんよね。たいていの人が本当に勤めている企業を記入するわけですが、中にはウソの記載をする人がいないとは言い切れません。本当かウソかの見極めのためだといってもいいでしょう。

在籍確認について以下にまとめてみました。

  • 在籍確認が必要なわけ
  • 在籍確認の方法
  • 在籍確認があるとわかった場合

在籍確認が必要なわけ

例えば、無職なのにどうしても審査に通りたいがために「○○会社勤務」などとウソの記載をする場合がないとは言えないんですね。もしくは、派遣社員なのに派遣先の企業の正社員だと報告することもあり得ます。これは、故意な場合もあるし、勘違いしている場合もありますが、結局は虚偽の報告ということになってしまいます。

金融機関側にとって、顧客から提出された情報が本当かどうかは、わからないわけですよね。そのため、その人が本当に勤めているかどうかの確認をするのが「在籍確認」という手段になります。勤めているであろう会社に電話をかけて、本人が在籍しているかどうかを確認するわけです。

在籍確認の方法

在籍確認が必要だといっても、そこは配慮してくれます。会社に電話をかけて、いきなり「○○(消費者金融名)です」と、名乗ることはありません。あくまでも個人名で、知り合いのように装ってかけてきてくれます。本人が不在の場合は「○○は外出しております」もしくは「○○は席を外しております」などのように返ってくればOKとしているところが多いのも事実です。

在籍確認はさほど厳しいものではなく、完全に否定されない限りは「在籍している」と、みなされることが多いようです。気を付けないといけないのは、派遣会社に登録していて、勤務先は派遣先の企業という場合ですね。派遣社員は登録制なので、電話にでた人がすべてを認識しているとは限りません。ちょっとした行き違いで審査に通らないことも考えられるので、この場合は事前にお願いしておくべきだと思いますね。
(⇒在籍確認後、審査に落ちることもあるの?

在籍確認があるとわかった場合

最近は、携帯電話の普及とともに、会社の電話に知人からかかってくることが少なくなったので、いくら個人名とはいえ「借金を申し込んだんじゃないか」と、勘ぐられる場合もあるようで、在籍確認の電話をやめてほしいと思っている人は意外と多いかもしれませんね。

実際は、借金だけではなく、クレジットカードを新規で作った場合も、同じように在籍確認の電話があるので、事前に「クレジットカードを申し込んだから電話があるかもしれない」と、周囲に伝えておくというのもひとつの手ではあります。

銀行と消費者金融の在籍確認

各金融機関にとって在籍確認が必須だということはわかったと思いますが、銀行と消費者金融ではどうでしょうか。どの金融機関も必須ではありますが、柔軟に対応してくれるところもあります。まずは、銀行と消費者金融でみていきましょう。

銀行の在籍確認

銀行でカードローンを申し込んで、在籍確認の電話をしてほしくない場合、お願いすればナシで審査を通してくれるのでしょうか。実際には難しいでしょうね。銀行での審査は「必ず在籍確認がある」と、思っていたほうがいいかもしれません。実際は「カードローン」だとわからないように気遣ってはくれますが、在籍確認の電話はしてくるはずです。

消費者金融の在籍確認

消費者金融も銀行と同じように、在籍確認なしではカードローンを申し込むことはできないのでしょうか。消費者金融も基本は銀行と同じで、在籍確認の電話は必須なのですが、中には「在籍確認なしでカードローンの申し込みOK」としているところが何社かあります。(※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談しましょう。)

■ プロミス
・即日融資も可能
・審査は最短30分
・最大融資額500万円
・融資額が50万円までは収入証明書不要
・無利息期間あり(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
■ モビット
・在籍確認なしでも可能(申込から契約までWeb完結で、三井住友か三菱東京UFJに口座があり、社会保険証がある人)
・即日融資可能
・審査は最短30分
・最大融資額は500万円
・融資額50万円までは収入証明書不要
■ アコム
・在籍確認なしでも可能(会社の健康保険証・給料明細書を提出)
・即日融資可能
・審査は最短30分
・最大融資額は500万円
・融資額50万円までは収入証明書不要
・30日間無利息期間あり(新規申込の場合)
■ アイフル
・在籍確認なしでも可能(会社の健康保険証・給料明細書を提出)
・即日融資可能
・審査は最短30分
・最大融資額500万円
・融資額50万円までは収入証明書不要
ただし、注意してもらいたいことは、何も言わずに申し込んだのでは「在籍確認」があると思ってください。会社に在籍確認の電話をしてもらいたくない場合は、きちんとそのことを申し込み時に伝えるようにしましょう。きちんと伝えなければ、当たり前のように在籍確認の電話がかかってくると思っていたほうがいいでしょうね。

在籍確認ナシで融資してくれるというのは、金融機関にとってあくまでもサービスの一環だということを忘れないようにしてください。(こちらもご参考に→在籍確認なしで借りられる審査が簡単な業者は?

在籍確認を考える

在籍確認とは、金融機関が融資するにあたって、必要だということは理解できたと思いますが、逆に申し込む側にとっての在籍確認とはどういうものなのでしょうか。なぜ在籍確認をそんなに嫌がるのか、今一度考えてみましょう。たいていは以下のどれかが理由のはずです。

  • 周囲に借金したことを知られたくない
  • 犯罪者の心理になっていませんか
  • クレジットカードを持っていますか
  • ウソをついている

周囲に借金したことを知られたくない

会社の人たちに借金の申し込みをしたことを知られたくない、というのが在籍確認の電話を嫌がるいちばんの理由ではないでしょうか。特に「消費者金融から電話がかかってきたらすぐにばれてしまう!」と、思いがちですが、実際はどうでしょう。消費者金融でカードローンの申し込みをしたところで、消費者金融名を名乗って電話をかけてくるところはまずありません。

たいていの場合は、個人名で電話をかけてくるか、架空の社名でかけてくるようになっています。消費者金融も客商売なので、顧客が困るようなことは絶対にしません。そのため、カードローンの申し込みだということは極力ばれないように配慮してくれている、ということになります。

犯罪者の心理になっていませんか

カードローンを申し込む、借金をする、ということに対して何か悪いことをしている感覚に陥っていませんか?カードローンの申し込みは何も悪いことではないし、上手に利用すればこれほど便利なものはないといっていいほどです。中には犯罪を犯しているかのように思っている人もいますが、そこまで思い詰める必要はまったくありませんよ。

犯罪者心理とでも言うのでしょうか、「悪いことをしている」と、思い込みすぎて「在籍確認」の電話に怯えているような気がします。カードローンを申し込むというのは、決して悪いことでも何でもないので、あまり思い詰めないようにしてくださいね。

クレジットカードを持っていますか

成人でクレジットカードを持っている人はかなりの人数にのぼると思いますが、カードローンを申し込んだ人で、クレジットカードを持っている人もたくさんいるはずです。クレジットカードを申し込んだときも在籍確認というのは必ずあったはずなんですね。

そのときの在籍確認を覚えていますか?たいていは「在籍確認があったかどうかわからない」という人がほとんどではないでしょうか。きっと勤務先の誰かが電話をとっているはずです。そのことで何かウワサになったりしました?まずそんなこと、ありませんよね。カードローンも同じですよ。クレジットカードのときと同じだと考えてみればそんなに心配する必要はないということがわかると思います。

ウソをついている

これは少し厄介ですが、「勤務先にウソの記載をしてしまったがために在籍確認をしてほしくない」という場合です。この場合は、申し込んだ本人がわかっているはずなので、ウソを突き通すのではなく、きちんと訂正すべきですね。金融機関へのウソの申告は必ずばれると思ってください。

金融機関は個人の情報がすべてつながっていて、どんな小さなウソもすぐにばれてしまいます。ましてや勤務先を偽って申告した場合は、ばれるだけではなく、個人の情報に「うそつき」ということが登録されてしまい、今後ずっとついて回りますよ。しかも、カードローンの審査にももちろん落とされるし、いいことなんてまったくありません。

「ウソをついているから在籍確認してもらいたくない」という人は、申し込む前にまず考え直すようにしてください。カードローンの申し込みで虚偽の申告というのは、絶対にあり得ないことだと肝に銘じておきましょう。

お願いしてみる

どうしても在籍確認の電話をしてもらいたくない人は、カードローンを申し込むときにお願いしてみるのもひとつの手ではありますが、金融機関側からは、「何か後ろめたいことがあるんじゃないか」と、勘ぐられてしまうのは致し方ないことだと肝に銘じておきましょう。本来は何もなければ、在籍確認をそんなに拒否する必要はないはずですからね。

金融機関側から「在籍確認は必須です」と言われたら、諦めて在籍確認を受けるか、カードローンの申し込みを諦めるかのどちらかになります。あまりにもしつこく食い下がるのは心証が良くないのでやめたほうがいいでしょう。

最後に

在籍確認はさほどマイナスなイメージではないということを理解してもらいたいと思います。お金を借りるためのひとつとの通過点だと考えて、素直に受けるのが得策だと思いますが、どうしても在籍確認の電話を避けたい人は、上記で紹介した消費者金融などでカードローンを申し込むしかないでしょうね。もちろん、在籍確認の代わりとなる証明書が必要となるわけですが、在籍確認は避けることができます。

自分にとっての優先順位は何かをよく考えて、カードローンを申し込むための金融機関選びをしてください。金利や融資額より在籍確認が最も優先なのであれば、在籍確認がない金融機関で申し込むのをおすすめします。

【参考ページはこちら】
在籍確認は電話以外でもできるってホント?

新着記事
TOPICS