> > > モビットなどのキャッシュカードはどんな使い方をするのが得?

モビットなどのキャッシュカードはどんな使い方をするのが得?

キャッシュカードというのは、いざという時にお金を引き出すことが出来るだけでなく、普段から持ち歩くことでも、非常に多くの場面で役に立つカードです。お金が急に必要になった時に、一番利用する頻度が高いのは、ATMでしょう。ほとんどの人は、最低でもひとつ以上の銀行口座を持っていることが多く、そのキャッシュカードを財布などに入れているケースが多いです。

銀行のキャッシュカードを持ち歩いていない人でも、消費者金融を利用したことがある人は、その金融業者のカードを持っていることが多いです。今回は、モビットなどの消費者金融のキャッシュカードに焦点をあてて、銀行のカードと比べて何がメリットなのかを考えていきます。

キャッシュカードはいつ役立つ?

キャッシュカードと一言で言っても、その利用方法は様々であり、具体的にどんな場面で役に立つのかわからないという人も少なくありません。特に、普段キャッシュカードを利用したことがない人は、その利用価値どころか、キャッシュカードの機能すらよく知らないというケースもあるのです。中には、クレジットカードの仲間だと思っている人すらいます。

キャッシュカードはクレジットカードとは根本的に違います。クレジットカードが現金の代わりに買い物ができるカードとするならば、キャッシュカードは、現金そのものを引き出すことができるカードと言えます。また、キャッシュカードの機能として、銀行口座にアクセスして預金をしたり、預金から引き出したりすることもできますが、今回取り上げるのは、キャッシング機能の方です。

キャッシュカードが役に立つ場面というのは、基本的には、お金が必要になる場面と考えてもらっていいでしょう。クレジットカードと違うのは、現金が必要な場面全般に対して対応できるということです。キャッシュカードはクレジットカードのように、使用用途が限られているわけではなく、簡単に言えば、現金の代わりとして持ち歩くことができるものなのです。しかも、現金は持っている分を使い切ってしまえば、何も行動できませんが、キャッシュカードは、そういった制限が自分の財布よりも大幅に緩いので、財布のスペースを圧縮することができます。

キャッシュカードの弱点

カードとして現金以上にスペースを確保できるキャッシュカードですが、これにはいくつかの弱点というかデメリットがあります。キャッシュカードを利用するときには、この弱点を理解していないと使いこなすことはできないでしょう。

キャッシュカードの一番の弱点は、臨機応変な対処ができないことです。キャッシュカードを利用できるのは、ATMなどの金融機関にアクセスできる場所だけです。クレジットカードは、買い物の際にお金が急に必要になっても、その場ですぐに使用することができます。その際に、面倒なことはほとんど起こりません。

しかし、例えば、買い物をしていて、お金が足りないとなった時に、キャッシュカードを持っていても、その店で直接キャッシュカードを利用することはできません。しかも、近くにATMなどがない場合、キャッシュカードは完全に役立たずになってしまいます。

金利面での不利

キャッシュカードを実際に利用して借り入れをするとわかることですが、例えば、銀行や消費者金融からお金を借りて返済する時に比べて、金利が多くかかることがわかると思います。キャッシュカードの持つ機能の主役は、銀行の自分の口座からお金を引き出すことと預けることです。借りるという行為は、あくまで副次的な機能なのです。

そうした意味合いもありキャッシュカードの弱点は金利の高さにあります。通常の借り入れに比べて、キャッシングの金利はかなり割高に設定されていることが多く、お金を引き出すときに、多くのお金を引き出すこと自体が損になりやすいのです。

キャッシングを利用して損をしないようにするには、この借り入れをどうやって行うかということが非常に重要になってくるのです。

こうしたキャッシングのデメリットを理解した上で、どういう場面にこそ利用する価値があるのかを考えていきましょう。

理想的なキャッシュカード利用法

キャッシュカードを効果的に利用するなら、必要なキャッシュカードを使って、前もってお金を引き出しておく方法が望ましいです。具体的には、予算を事前に考えて、それに対して足りない分をキャッシュカードの引き出しで補うという使い方です。

例えば、買い物のために外出したとしましょう。自分が欲しい物に対して、財布の入っている額が心もとない時にキャッシュカードを一枚持っておくのです。むやみに使わないのが一番ですが、念のためであっても、いざという時にお金を引き出せるという安心感を得ることができます。

キャッシュカードはすぐに使える現金の代わりというわけではなく、現金が足りなくなった時の保険としての役割の方が強いということを理解しておきましょう。それさえわかっていれば、クレジットカードと混同することもないでしょうし、むやみに使うべきではないということもわかるはずです。

クレジットカードの補助として

キャッシュカードは、クレジットカードが使えない店に行くときにも役に立ちます。最近になって、クレジットカードが利用できる店はかなり増えてきました。しかし、それでもまだ、現金でしか買い物ができない店というのは存在します。クレジットカードに頼りきってしまっていると、そうした店で不便な思いをすることになります。そういった問に為の備えとしてもキャッシュカードは優秀です。

キャッシュカードはキャッシングをするときに金利が高いですが、クレジットカードの分割払いの金利よりは低いです。キャッシングと聞くと、返済が面倒くさいと思う人もいるかもしれませんが、一括で返済する場合、どのATMからでも返済でき、手間はほとんどかからないのです。

キャッシュカードのキャッシング機能の利用は、少額借り入れ、一括返済が基本です。それができない場合、素直にクレジットカードを利用するか、消費者金融でカードローンを作ったほうがいいでしょう。

どの金融業者で契約するべきか

キャッシンク専用のキャッシュカードを作る場合、どの金融業者のキャッシュカードを作るのがいいかという疑問があります。できるだけ、金利の負担を減らすのが、キャッシュカードの賢い選び方です。

キャッシングを利用するキャッシュカードと、銀行の口座用に持っているキャッシュカードは分ける方がいいと筆者が考えています。こうしたカード類を持つ大原則として、使用目的ごとに分けて契約するというものがあります。

カードローンを利用する場合や、クレジットカード契約をする時にも当てはまるこの原則は、主に借り入れの管理を単純化することによって、返済の際に余計な金利をかけないようにする意味があります。借り入れの例で言えば、短期の借り入れと長期の借り入れで、利用する金融業者を使い分けるのです。こうすることによって、短期の借り入れで返済をすぐに行うことにより、長期の金利とは別に軽い金利負担で借り入れと返済を繰り返すことができるのです。

キャッシングの場合、基本的には借り入れ期間はすべて短期でなくてはいけません。先にも述べたとおり、キャッシングの金利は通常の借り入れに比べて割高に設定されていることが多く、必要な時に最低限の金額を引き出し、可及的速やかに返済を完了させることが最も損をしない方法であるためです。

こうして考えた場合、キャッシュカードの契約先として最も優れているのは、銀行と大手消費者金融でしょう。消費者金融のキャッシュカードでは、モビットとプロミス、銀行では自分が口座を持っている銀行のキャッシュカードを利用するべきです。どちらかではなく、キャッシングの場合には消費者金融のキャッシュカードを利用し、預金に余裕がある場合は、金利がかからないように、自分の銀行のキャッシュカードから現金を引き出す方法を取るのがいいでしょう。

【参考ページはこちら】
モビットのカードローンを利用したい方におすすめ記事

新着記事
TOPICS