> > > 無職でも借りられる!?ぶっちゃけ本音で選ぶカードローン!

無職でも借りられる!?ぶっちゃけ本音で選ぶカードローン!

無職でも借りたい!そう思って探してみても、なかなかそんなカードローンは見つかりません。でも実は一部、何とかなるケースも…。本音で探して見つけてみました!是非ご一読ください。

カードローンと職業との関係

カードローン審査において職業は大切に決まってますよね。何故ならば職業は収入と直結しているからです。では収入はどうして、そしてどのように審査と関わっているのでしょうか。
(⇒職業別に見る利用しやすいカードローン

返済能力としての収入

収入は、何と言ってもその人の返済能力と直結しています。収入がなければ返済の目処は立ちません。でもカードローンを利用する人は、収支のバランスが悪いからこそお金を借りたい訳です。支出に見合う十分な収入があれば、そもそもお金を借りる必要なんてありませんよね。

つまりカードローン審査においては、収入が少なくてはダメだという訳ではありません。審査において重視されるのは、収入の多さではなく、収入の安定性と継続性なのです。

金額よりも安定性

というのも、通常カードローンの返済は、毎月決まった額をきちんと返済し続けるという形をとっているからです。収入についての条件は、各サービスとも以下のような説明をしています。

  • 原則安定した収入がある(バンクイック)
  • 定期的な収入と返済能力を有する(アイフル)
  • 安定した収入のある(プロミス)
  • 安定した定期収入のある(モビット)

これを見ると、サービスとも収入については、安定性を非常に重視している点では共通しているということが分かりますよね。

年収の最低ライン

一方で収入の額については、特に条件に明記されていないのが通常です。しかし商品によっては、年収の最低額が決められている場合もあります。また特に明記されていない場合にも、通常の勤め人の場合、審査に通る年収の最低ラインは150万円?250万円の間だと考えられています。

そしてたとえ年収がそれ以上の金額であっても、この年収の最低ラインさえクリアしていれば、初めての申込みにおいてはその審査への影響は大差ないと言われています。カードローンを申込む際に、自分の年収が低いことを気にする方は多いのですが、実際にはそのような心配は無用なんですね。

法律上の問題

さてそれならば、審査における年収の意味は純粋に返済能力だけの問題なのでしょうか?実はこれ以外にも、法律上の問題が関わってくるのです。

皆さんもよくご存知の通り、消費者金融やクレジットカードのキャッシングには、全て総量規制という制限がかけられています。これはその人の年収の三分の一を超える貸付をすることはできないという規制なのですが、この大前提となっているのが「本人に収入があること」なのです。

消費者金融での制限

つまり返済能力の有無や三分の一云々以前に、そもそも収入がなければ申込むことが出来ないことになるのです。これは法律の問題ですから、返済能力といった個々の事情に応じた判断が出来る類いのものではありません。消費者金融では、収入ゼロ=貸せないということになってしまうのです。

しかし銀行は、実はこの法律とは関係がありません。そのため、総量規制の年収の三分の一という上限についても神経質にならずに済みますし、たとえ本人に年収がなくても返済能力さえ見込めるのであれば、借りることが可能になってくるのです。

次の段落では、この法律に関わる問題を前提にして、お話を進めていきたいと思います。

ぶっちゃけ無職でも借りれる?

無職でも借りれる?と聞かれたら、その答えは、Yes!です。どんな無職ならばOKなのか、どこでどうやって借りることができるのか、それをこれからご紹介しましょう。(こちらもご参考に→無職だけど借り入れってできるの?

法律の問題をクリア

先ほどご説明した通り、カードローン申込みに際して職業を持っていること、つまり収入があることは、特に消費者金融においては法律上の必須条件です。但し例外規定によって借りれるケースもあるのです。

またこの法律とは無関係の銀行であっても、返済能力さえ認められればいいのかといえば、やはりそういう訳にはいきません。銀行においても、どんな無職でも審査が受けれるということではないのです。

つまりもしも無職でお金を借りようと思えば、これらの問題をクリアしないことにはどうにもならないということになります。一体どんな無職であればどこで借りれるのか、そしてどうすれば申込めるのかについて、これから順を追って見ていきましょう。

配偶者あり無職

無職でも既婚者であれば、カードローン申込みが可能です。本人は無職であっても、結婚していて配偶者に安定した収入があるのならば、それを前提としてお金を借りることが出来るのです。但し以下に示すように、借入先によっては申込めない場合もあります。

借入先 条件
消費者金融 大手×、中堅△
銀行 原則的には○

消費者金融の大手では、残念ながら無職の主婦の申込みには対応していません。中堅の業者では申込めるところがあるのですが、必ずしも全ての業者が対応しているとは限らないのです。

また後ほど詳しくご説明しますが、申込める場合にも幾つか条件があるということも憶えておいてください。

銀行では原則的には申込めるのですが、一行で複数のカードローンを扱っている場合、その中の幾つかは専業主婦に対応していないものもあります。つまり銀行ならば全てOKという訳でもありません。これは信用金庫のカードローンについても同様です。

バイトなし学生

次に、無職の学生のケースを考えてみましょう。学生の場合、アルバイトをしておらず収入がなくても、親御さんの経済的援助によって生活している方が殆どですよね。

学生の生活力は、基本的に親の経済力にかかっています。このような前提の元で、学生にも融資枠が作れるのです。無職の学生への対応をまとめると、以下のようになります。

借入先 条件
消費者金融 大手×、学生ローン△
銀行

大手消費者金融では、学生でもアルバイトをしていて多少でも収入あればいいのですが、無職となると審査を受けることができません。但し学生専用の消費者金融ならば、アルバイトをしていなくても対応可能な場合もあります。

銀行の場合も、やはり全てのカードローンが無職の学生に対応しているとは限りませんので、よく申込み条件を確認してからにしてください。中には例えアルバイトをしていても、学生の申込みには対応していないところもあります。

「学生も申込めます」の一言があれば、アルバイトをしていてもしていなくてもOKですので、このような説明のある銀行を選べばまず間違いないでしょう。

年金あり無職

年金受給者も無職ということになります。但し年金という非常に安定した収入が見込めますので、決して返済能力がないという訳ではありません。

借入先 条件
消費者金融
銀行

しかし大手消費者金融では、やはり年金以外に何らかの収入があることが申込み条件となっているところもあります。

一方で銀行では年金収入のみでも申込み可能になっていますので、再就職をしていない方は、銀行カードローンも検討してみてください。もっと安心して申込みたい方には、信用金庫の年金受給者向けカードローンもお薦めですよ。

その他の無職

これ以外のケースの無職の場合は、借入は難しいと考えた方がいいでしょう。上記以外にも、まだまだ色んな形の無職の方が居られると考えられますが、このような方々が通常の企業で申込むことは出来ません。

また仮に借りれたとしても、他からの収入が見込めず返済の目処が立たない以上、たちまち延滞で苦しむことになってしまいます。やはり申込みは諦めた方がいいでしょう。

求職中の場合

最近は何らかの事情で仕事を失い、現在求職中という方も増えています。こういう時こそお金を借りたくなって当然でしょう。しかし少し前までは在職していたかもしれませんが、今は無職である以上、カードローンの申込みはできないのです。

このような場合には、ハローワークを通じて公的融資制度を申込むという方法があります。低金利ですし、何より無職が条件の借入ですから安心ですよね。求職をしながら生活の立て直しが出来ますから、多くの方に知って頂きたい融資方法です。

総合支援資金

これは総合支援資金と言って、様々な形の資金融資を受けることが可能になります。先ずはハローワークで求職登録してから、支援についての相談をするという手順となります。

求職中の方が民間の業者で借りるには負担が大き過ぎますので、もしも借りれたとしても返済が難しく、更に生活を圧迫する結果となってしまいます。無理に民間で審査を受けるよりは、このような公的制度を利用するのが安心です。

生活保護受給中はダメ!

また生活保護を受けている方も無職ですが、保護費は収入ではありませんからカードローンの申込みはできません。また仮に借りれたとしても、その返済に保護費を充てることは受給者としての違反となります。つまりいずれの立場からも、借入は無理ということになるのです。

以上、借入の可能性のある無職やそうでないケースについて見てきましたが、借りれるケースに該当する方が実際にお金を借りようとすれば、どこでどう申込めばいいのか、次の段落から詳しくご説明していきましょう。

専業主婦(主夫)

自分は無職でも配偶者が生活費を稼いでいるという専業主婦(主夫)の借り方をご紹介しましょう。

消費者金融で借りる

先ほど少し触れましたが、専業主婦は借入先をよく選ぶ必要があります。まず消費者金融で借りる場合についてご説明します。

消費者金融で借りる場合、残念ながら専業主婦は大手業者で借りることは諦めなくてはなりません。これについては既出ですが、その理由についてのご説明がまだでした。実はこれは、専業主婦には特別な審査が必要となるからなのです。

専業主婦の必要書類

といいますのも、専業主婦は総量規制の例外として借入が可能となっているものの、そのためには別途書類が必要となるからなのです。以下にそのリストを上げていますのでご覧ください。もちろんこれ以外に、本人確認書類も必要になります。

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本)
  • ※一定金額以上は配偶者の年収を証明する書類

いかがでしょう?もしもご主人に内緒で借りようと思っている方なら、ちょっと入手が難しいものもありますよね。提出する側にとっても準備がなかなか容易ではない必要書類ばかりですが、これは審査する側にとっても同じことなのです。

これだけの書類を提出してもらってそれをチェックするとなると、申込み数が多くなると大変ですよね。そのため、毎日多数の審査を扱っている大手企業では、通常専業主婦の申込みは受け付けていないのです。

中堅業者を選ぶ

そこで専業主婦の申込みにも対応している中堅業者から選ぼうということになります。でも一般によく知られている企業ばかりではないだけに、貸付条件などはよく確認しておく必要があります。

また専業主婦についての申込み要件を明確にしていない業者では不安も残りますので、専業主婦対応やその条件を、はっきりと打ち出しているような業者がお薦めです。その場合も、貸付条件や会社概要などによく目を通しておくことは大前提ですよ。

銀行で借りる

しかしやっぱり専業主婦にとって最も借りやすいのは、やはり銀行でしょう。何と言っても銀行ならば、消費者金融で必要となるような書類の提示は不要なのです。これならばご主人に内緒で借りたい方でも、ばれることなく申込むことができるでしょう。

それに企業としての信頼度も高く、金利が低いという点でもお薦めです。但し銀行によって異なりますが、専業主婦には20万円?50万円の利用上限が定められていて、これ以上は増額することも出来ないようになっています。

安心借入でお薦め

そのため沢山借りたいという方には向かないかもしれませんが、とりあえず少しでも借りれれば助かる方は多いのではないでしょうか。それに専業主婦には、やはりこの程度の額が余裕をもって返済できる範囲内だと考えられます。このように安心借入という点でも銀行はお薦めですね。

《専業主婦が銀行で借りると?》
本人確認書類以外に別途書類は必要ありませんし、消費者金融よりも低金利です。
但し銀行によって様々な利用上限額が決められており、これ以上は増額もできません。

銀行も、必ずしも全てのカードローンが専業主婦対応という訳ではありません。中には「専業主婦は申込めません」とはっきり書いてあるカードローンもありますので、よく条件を確認することが大切です。

しかし多くは「原則収入がある方」といった形で、専業主婦を拒否していない所が殆どです。ここに加えて、但し書きで「専業主婦の方も申込めます」とあれば、より自信を持って審査を受けることができるでしょう。

都市銀行以外の銀行

また地元住民対象の、地方銀行や信用金庫のカードローンもお薦めです。但し都市銀行カードローンと違って、手続きの為には来店が必要なケースもあります。また契約機がありませんので、カード受取をどうするかというのも課題となってきます。

都市銀行以外の金融機関では、申込み条件をよく見ることと同時に、申込みの手順をよく確認しておくことがポイントですよ。

無職の学生

アルバイト学生ならば対応可能でも、無職の学生となるとかなり状況は厳しくなってきます。実際に申込めるところはあるのでしょうか?

バンクイック

人気のあるところで、大手銀行カードローンのバンクイックをご紹介しましょう。バンクイックの貸付条件には、はっきりと「学生も申込めます」と書いてあります。バンクイックの場合、アルバイトはしていてもしていなくてもOKですので、従ってバイト先への在籍確認もないというのが特徴です。

但し無職でもアルバイトでも、どちらの場合も確認のため親に電話をされるということが条件になっています。また借入額にも上限が定められており、学生は10万円を超える借入はできません。

バンクイック・学生の条件

都市銀行で借りれるというのは安心という点では申し分ありませんが、学生さんの場合、無職アルバイトどちらも以下の要件をしっかり確認した上で申込んでください。特に親御さんには、申込む前に承諾を得ておく必要がありますよ。

  • アルバイトはしていてもしていなくてもOK(在籍確認も無し)
  • 親に確認の電話が入る
  • 借入額は10万円が上限

学生専用ローンも!

消費者金融として学生ローンも学生には人気の借入先です。学生向けの貸し付けには実績のある業者も多く、そのような業者であれば申込みについては心配はありません。但し貸金業者ですので、基本的にアルバイトなど収入があることが前提となっています。

しかし学生アルバイトは単発のものも多く、一時的に無職になっている人も多いでしょう。また親からの仕送があることなど、学生には独特の収入事情があります。このような事情を配慮してもらえれば、現時点で無職であっても借入が可能なケースもあります。

また学生ローンでは親への連絡やアルバイト先への在籍確認も、原則としては行わないというのが普通です。限度額も低いため、収入証明書類の提出も通常は必要ありません。このようなこともあって、学生ローンは無職の学生にとっても非常に借りやすくなっているのです。

借り過ぎに注意!

しかしこの借りやすさが、同時に問題でもあるのです。借り過ぎてしまった結果、結局卒業後、就職してからもずっと返済が続くことにもなりかねません。学生ローンの気安さについ甘えてしまわないよう、気をつけたいものですね。

またいくら借りやすい学生ローンといっても、当然ですが延滞すれば信用情報に記録が残ります。余りよくない記録を残してしまうと、就職してからクレジットカードの入会や、車のローンを組む際に審査に落ちる可能性も出てきますよ。

軽い延滞でも2年間、長期延滞ならば5年間は登録されますから、就職後までしっかり影響が残ると考えられます。忘れた頃にガッカリするようなことにならないよう、延滞にはくれぐれも用心するようにしてください。

年金受給者

年金だけで生活している方も、職業を持っていませんので無職です。しかし年金ほど確実な収入源はありませんので、返済能力は十分にあると考えることができるのです。

銀行で借りる

そのため銀行で申込む分には、年齢制限さえクリアしていれば、年金生活の方でも問題はありません。通常のカードローンでも申込めますし、信用金庫の年金受給者専用のカードローンもお薦めです。

年金受給者の方に問題となるのは、むしろ年齢制限のことでしょう。年金受給者向けローンであっても申込みは69歳まで、借入可能なのは70歳の誕生日月までといった上限が設定されています。

※年金受給者は年齢制限の方に気をつけて!
銀行カードローンは60歳から69歳くらいまでは申込めるようになっていますが、大抵は70歳までという利用上限も定められています。

高齢者の場合、借りても早々に利用年齢の上限に達してしまうこともあるということが分かります。借りれたはいいのですが、返済が苦しくなっては何にもなりません。高齢者の場合は、完済までの返済計画をしっかり立てておくことがより重要となってきます。

消費者金融で借りれるか?

一方で消費者金融の場合は、年金収入とは別に、何らかの収入があることが条件となっているところも多いようです。やはり年金だけでは収入として無理があるのでしょうか?

しかし総量規制の基準となる年収には、ちゃんと年金も含まれているのです。ということは法律上貸せないのではなく、実は企業方針によって申込みを受け付けていないだけだということが分かります。

借りれる可能性も

ならばはっきりと年金受給者の申込みを断っていないような所でならば、審査を受けることも可能かもしれません。消費者金融で借りたい方は、一度問い合わせてみるといいですね。

お金に困る高齢者の方は今後増えてくる見込みです。そのような世情を受けて、企業も対応に配慮するようになってくる可能性も捨てきれません。これから申込み条件が変更されることもあり得ますので、前はダメだったからとすぐ諦めずに、時折チェックしておくことも大切でしょう。

悪質業者に気をつけて!

このように、年金受給者がお金を借りることは決して難しいことではありません。年金受給者への融資には、このような民間のカードローン以外にも、「年金担保ローン」という公的な融資制度もあります。こちらも銀行などの金融機関から申込むことができますよ。

むしろ年金受給者だから借りれないと思い込んでしまったり、手続きが難しいと諦めてしまうと、悪質な業者に引っかかる心配が出てきます。

先程もご説明しましたが、年金は非常に安定した収入です。そのため、手を変え品を換えこれを狙う悪質業者は後を絶ちません。このような被害に合わないためにも、年金受給者は一般企業でも必ず借りれるということをよく憶えておいてくださいね。

【参考ページはこちら】
求職中でもカードローンを利用できるの?

新着記事
TOPICS