> > > ニコスだから出来る!自由自在のキャッシング方法とは?

ニコスだから出来る!自由自在のキャッシング方法とは?

ニコスカードの名前を聞いたことのない方はいないでしょう。でもここでお金を借りるとしたら、どんな方法があるかご存知ですか?実はとてもバラエティに富んだ4つの借り方ができるんですよ。それをこれからご紹介したいと思います。

ニコスカードの種類

クレジットカードにはご存知のようにとても多くの種類があります。それによってお金の借り方も少しずつ異なってきますので、この分類は今回の記事において、とても重要なポイントなのです。

三菱UFJニコス

クレジットカード全体といったらとんでもない数になることは、皆さんもよくご存知の通りです。しかし「ニコスカード」と呼ばれるものだけでも、実に多様なんですよ。三菱UFJニコスが発行するカードだけでおよそ80以上の種類があり、提携店のものまで含めると軽く100種類を超えてしまうのです。

これを全てご紹介することなど到底不可能ですから、今回はテーマである「お金を借りること」を切り口にしてカードの種類を分類し、それぞれについてご説明を進めていくことにしましょう。

3つのブランド

三菱UFJニコスカードをブランドで分けると、全部で3種類に分けることができます。このブランドは、カード本体の右上隅のロゴで判別します。

  • MUFGカード
  • DCカード
  • NICOSカード

この3種類によって、キャッシングの利用方法が少しずつ異なるのです。更にここに付帯する機能やデザイン、ステイタス等が加わることで、100種以上に及ぶ様々なクレジットカードの特徴が決まってくることになります。

1つのローン専用カード

またこれはクレジットカードではありませんが、上の3種類に加え、ローン専用カードとして三菱UFJニコスローンカードがあります。今回は「お金を借りること」がテーマですので、トリとしてこちらは最後にご紹介することにします。

  • 三菱UFJニコスローンカード

この4種類のカードについて、それぞれのお金の借り方を見ていきたいと思います。

MUFGブランド

最初にご紹介するのが、MUFGブランドのクレジットカードです。ステイタスもゴールドやプラチナまでありますが、キャッシングとローン機能だけに的を絞ってご説明します。

2つの借り方

MUFGブランドにおいては、「キャッシング」と「カードローン」という2つの借り方を選ぶことができます。これは申込み時にどちらかを選ばなくてはならないのではなく、利用の都度、どちらでも好きな借り方を選ぶことができるのです。

ここで混乱しないようにしておきたいのは、通常「カードローン」「キャッシング」という用語の違いと、ここで使われる意味とは全く異なるということです。通常は、以下のような区別で使われるケースが多いですよね。

クレジットカードでは…
「ショッピング機能」vs.「キャッシング機能」
消費者金融や銀行においては…
カードを使う「カードローン利用」vs.振込による「キャッシング利用」

ニコスカードでの区別はこれとは全く異なります。ニコスカードの「カードローン」と「キャッシング」は単なる機能や利用方法の違いではなく、完全に別個の2つの借り方だと考えてください。つまり1枚のカードで、2つのカードローン・あるいはキャッシングを利用できるのです。

どこが違うか?

2種類の借り方ができるとすれば、その違いをよく理解しておかないといけませんよね。以下にその詳細をまとめておきましょう。まずは「カードローン」の方です。

【MUFGニコス・カードローン】

限度額 金利 返済方法
0?40万円 14.95%~17.95% 毎月元金定額返済(※注)

(※注)ボーナス併用返済または一部返済も可

次に「キャッシング」についてです。こちらはどうなっているのでしょうか?同じようにまとめましたのでご覧下さい。

【MUFGニコス・キャッシング】

限度額 金利 返済方法
0?10万円 14.95%~17.95% 元利一括払い

金利は同じですが、限度額が異なることが分かりますね。「キャッシング」の方が少額の借入には向いているということになります。しかし利用する上で更に大きな違いとなるのは、やはりその返済方法でしょう。

「カードローン」の返済方法

「カードローン」の返済方法である毎月元金定額返済は、消費者金融でもおなじみのリボ返済のことです。リボ返済は毎月定額かほぼ定額の返済になる分割払いの一種ですが、元金定額返済は毎月同じ返済額(元金)に、利息を加算された額が返済額となります。

利息額は毎回変わるため、返済額も毎回少しずつ異なることになります。例えば10万円借りて元金部分が1万円だった場合、実際の返済額は10,614円、11,257円といった端数のついた金額となります。

このように端数はついているものの、毎月ほぼ決まった返済額と考えられますから、他の支出が多い月でも負担になりにくい返済方法ですよね。

また「ボーナス併用返済または一部返済も可」とあるように、追加で返済することも可能です。普段はリボで負担を減らし、余裕があれば返済額を増やして早い目に返済を終えることも自由ですよ。

「キャッシング」の返済方法

一方で「キャッシング」は一括払いのみに対応していることが分かります。支払い期日が決まっていますので、借入期間は借りた日によって23~59日の間で自動的に決まってしまいます。返済額は、借りた金額に相応の日数分の利息を加算した額になります。

〈MUFGキャッシングの支払日と借入期間〉
毎月15日締め切り・翌月10日に支払い
借入期間は、月によって23日~59日の間

限度額も低いですから、例えば1万円借りたとしても利息は数百円程度で収まります。でももっと多い金額を借りた場合や、予定外の出費があった月などは、「キャッシング」の一括返済が負担になるケースがあるかもしれません。

あとdeカードローン

実はそんな時用に、MUFGニコスでは「キャッシング」に「あとdeカードローン」という機能があるんです。

「あとdeカードローン」は「キャッシング」で借りてから、その後で「カードローン」の借入に振り換えることのできる機能なのです。つまり返済方法を一括からリボにする為の機能なんですね。

一括払いが心配な方でも、この「あとdeカードローン」があれば安心ですね。この「キャッシング」返済方法の変更機能は、この後ご紹介するDCニコスブランドのカードにはありませんから、同じことをやろうと思ってもできません。この点はよく憶えておいてくださいね。

「あとdeカードローン」はネットで、また電話ですぐに申込むことができます。但し利息計算上、毎月締め切り日が決まっています。それを超えてしまうと返済方法の切替はできませんので、必ず確認の上、なるべく早い目に申込むことが重要です。

DCブランド

さて次はDCブランドのニコスカードのご紹介です。こちらのカードでの借入方法も、MUFGニコスと同様に、「カードローン」と「キャッシング」の2種類があります。区別についても先ほどご説明した通りです。

DCニコスの借入方法

先ほどと同じように、まず「カードローン」の方からご紹介しましょう。

【DCニコス・カードローン】

限度額 金利 返済方法
0?40万円 15.00%~18.00% 毎月元利定額返済方式(※注)

(※注)ボーナス併用返済または繰上返済も可

次に「キャッシング」です。こちらも同様にまとめてあります。

【DCニコス・キャッシング】

限度額 金利 返済方法
0?10万円 14.95%~17.95% 元利一括払い

これを見る限り、先ほどのMUFGニコスと大きな差はありませんね。ただ「カードローン」の返済方法は、毎月〈元利〉定額返済方式となっている点が、MUFGの毎月〈元金〉定額返済と異なっています。

返済方法

毎月〈元利〉定額返済方式は、元本と利息の合計が一定になる返済方法です。そのため、〈元金〉定額返済のような端数が発生しません。毎月の返済額が文字通り一定なので、同様に非常に管理のしやすい返済方法だと言えます。

また「キャッシング」が一括払いオンリーであることも、MUFGニコスと同様ですね。但し、先ほども少し言及しましたが、DCニコスの場合は一旦借りてしまうと、一括からリボに返済方法を変更することができません。その点は借りる前によく気をつけておきたい点です。

秒速振込みサービス「借りスマくん」

でもその代わりに、DCニコスにはとても便利な借り方が用意されています。それが〈秒速振込みサービス「借りスマくん」〉です。こちらは「カードローン」に付帯する機能です。どのように利用するかをご説明しましょう。

でも説明といっても、ただ好きな時に電話・パソコン・スマートフォン・携帯電話で申込むだけなのです。申込めば即、利用銀行口座に振込んでもらえるという、とっても頼りになる振込サービスなんですよ。その振込までの時間は、平日の営業時間内ならば何と秒単位です!

〈秒速振込みサービス「借りスマくん」〉振込時間

申込み時間 振込時間
0:45~8:59 当日9:00以降(金融機関営業開始次第)
9:00~14:30 数10秒後
14:31~23:45 金融機関翌営業日9:00以降

※金融機関休業日の場合は翌営業日9:00以降

銀行口座の残高不足には、どなたでも一度くらいは慌てた経験があるのではないでしょうか?特にお仕事で忙しい方など、なかなか振込に行けなくてハラハラすることってありますよね。もしも自宅から秒速で振込めたら…?そんなことがこのカードならば可能になります。

「借りスマくん」を使えば、いつでも最短で銀行振込が可能となりますよ。「お金を握って銀行へ走る」なんてことはもう不要ですね。DCニコスをお使いの方には、是非憶えておいて頂きたいスグレモノの機能です。

NICOSブランド

さて次は本家のNICOSです。こちらは、これまでの2種類のブランドのカードとは異なり、「カードローン」はなく「キャッシング」だけです。

NICOSブランドのキャッシング

「キャッシング」だけというと、これまでの説明を見て来た方にしたら何だか機能が減ったように感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

【NICOS・キャッシング】

限度額 金利 返済方法
0~50万円 14.94%~17.94% 元利一括払い・リボルビング払い(※注)

(※注)追加返済も可

このように限度額も高く、返済方法も一括とリボの両方に対応していることが分かりますね。キャッシングだけでも何ら問題がないということはこれからも明らかです。

一括→リボも可能!

しかも、一括払いからリボへの変更も自由自在なんですよ。この「お支払い回数変更サービス」が「キャッシング」で使えるのは、今回ご紹介する中ではMUFGニコスの「あとdeカードローン」とNICOSだけです。

また最低支払コース金額の変更も可能です。1万円単位でWEBから自由に変更できますので、なるだけ早く返済して利息を節約しましょう。

〈NICOSキャッシングの支払日と借入期間〉
毎月末日に締切り・翌月27日に指定の口座から引落とし
借入期間は、月によって27日~60日の間

もちろんリボでは追加返済も可能ですから、リボにしたものの一括にしたくなった場合には、追加で返済すればOKです。

三菱UFJニコスローンカード

さて最後になりました!三菱UFJニコスローンカードです。こちらはクレジットカードではなく、ローン専用のカードです。本当に借りたい方向けの1枚をご紹介しましょう。

三菱UFJニコスローンカード詳細

お金を借りる為だけに使うローンカードですので、もう「キャッシング」や「カードローン」といった区別は無用です。まずは詳細からどうぞ。

【三菱UFJニコスローンカード】

限度額 金利 返済方法
10万円~500万円 6.00%~17.60% リボルビング方式

ローン専用だけに、限度額もたっぷりですね!返済方法は、通常のカードローン同様にリボ払いのみになっていますが、もちろん臨時返済もOKですよ。

また返済方式は、借入時残高スライドリボルビング方式と、毎月元利定額返済の2種類の返済方式があります。

    返済方式は2種類!

  • 借入時残高スライドリボルビング方式
  • 毎月元利定額返済

借入時残高スライドリボルビング方式は今回初めて出て来た返済方法ですが、これは借り入れ直後の残高で毎月の返済額が決まる方式で、残高が一定額を超えるまでは返済額は変わりません。こちらも非常に安定した返済方法です。

利用方法

借り方は、カードを使う方法と、申込んで振込んでもらう方法との2種類に対応しています。借入可能なATMは全国に何と170000台もありますから、どこにお住まいでも不自由はありません。

でも振込もとても便利なんですよ。営業日13時までの申込みなら、当日中に振込が可能です。但しゆうちょ銀行への振込についてだけは3営業日後になってしまいますので、登録にはそれ以外の銀行口座がお薦めです。

申込み時間 振込時間(ゆうちょ以外)
平日0:00~8:00 当日 12:00以降
平日8:00~13:00 当日 14:00以降
平日13:00~24:00 翌営業日の12:00以降
土・日・祝日 翌営業日の12:00以降

金利

さて気になる金利はどうなっているのでしょうか?

限度額 実質年利
500万円 6.00%
400万円以上~500万円未満 6.50%
300万円以上~400万円未満 7.00%
200万円以上~300万円未満 9.90%
100万円以上~200万円未満 13.20%
10万円以上~100万円未満 14.95%~17.60%

三菱UFJニコスローンカードは消費者金融と同じく貸金業のカードローンですので、この金利はかなり低い設定だと言えます。特に100万円未満の低い限度額では、銀行に近い低金利となっています。
(⇒低金利のカードローンは安全じゃない?

少しだけ借りれたらいいという方には、金利面でもこの三菱UFJニコスローンカードはお薦めですよ。

充実したWEBサービス

また三菱UFJニコスローンカードはWEBサービスが充実しているというのも大きな特徴です。振込キャッシングの手続きもこのWEBサービスを使うと非常に便利になります。

  • 借入申込み(振込み)
  • 利用可能額の照会
  • 借入残高明細の照会

WEBサービスに登録しておくだけで、このようなことが24時間365日いつでもWEBから可能になります。借入の管理には、自分の利用記録を毎回チェックすることが欠かせません。オンラインで利用履歴を確認できることは、健全利用の大前提ですよね。

但しこのWEBサービスは、返済方法が口座振替型の方対象となります。非常に便利なサービスですので、返済方法は口座振替を選択し、忘れず利用登録をしておくことをお薦めします。もちろん登録は無料で、一切料金は発生しません。

【参考ページはこちら】
様々な金融機関のカードローン情報を教えて!

新着記事
TOPICS