> > > 転職まもない人必見!就職まもない人も選んで安心の借入術!

転職まもない人必見!就職まもない人も選んで安心の借入術!

転職や就職の直後にカードローンを申込んだら審査に落ちてしまった…。こんな話を聞いたことはありませんか?こうならない為には何に気をつければいいのかを調べてみました。またこういう方にピッタリのカードローンもご紹介します!

就職とカードローン

転職直後や就職直後って、意外と物いりですよね。こういう時こそ「ちょっと借りたい」もの。カードローンへの重要が高まるこの時期ですが、実はひとつ問題が…。

勤続年数

カードローンの審査基準についてはあれこれ言われていますが、中には余り根拠のないものも混じっています。「年収が低いとダメ」というのもそのひとつで、確かに余りに低いとダメなのですが、一定水準以上ならば年収額の多寡は特に問題はありません。

しかしあれこれ言われている中でも、実際の根拠も伴っているのが勤続年数なのです。勤続年数は、あらゆるカードローン審査においてかなり重要視されていると言われています。

なぜ勤続年数が?

それにしても、なぜ勤続年数はこんなに重要視されるのでしょうか?これはカードローン審査において、収入の「継続性・安定性」が求められるからなのです。

例えば500万円の年収にしても、1年の前半にどかっと稼いで、残りの半年間は収入ゼロというのでは、カードローン審査においてはスコアリングが低くなってしまいます。

これが毎月35万円の給与・年2回40万円の賞与を得ている会社員の方だとしたらどうでしょう?同じ年収500万円でも格段にこちらの方が評価は高くなると考えられるのです。

カードローン審査・どっちの評価が高い?
A:年に1回まとめて500万円稼ぐ個人事業主
B:毎月35万円の給与・年2回40万円の賞与を得ている会社員

カードローン返済は毎月少しずつ返す形になりますから、このような安定した収入タイプが好まれる訳ですね。

安定第一

それと同じ理由で、勤務先にもその「継続性・安定性」が求められます。例え安定した収入の得られる勤務先であっても、すぐに辞めてしまうのでは意味がありません。そこでその安定性の根拠となるのが、勤続年数なのです。

まだ働き始めてまもない頃は、仕事を辞めたり転職したりといったことも考えられます。一方で勤続20年目の人が、突然転職するということは余り考えられませんよね。つまり勤続年数の長さによって、その人の将来的な収入の安定性を測っているという訳なのです。

ということは…?

ということはつまり、転職まもない人や就職まもない人の場合、この勤続年数が低いということが理由で、審査には非常に不利になってしまうということになりますよね。

でもお金の必要は待ってくれません。新しい職場環境に順応するためにも、一定の資金を安心して借りれるところは無いのでしょうか?そこでこれから、勤続年数を問わないカードローンを幾つかご紹介していきたいと思います。

でもその前にひとつだけ、申込の際の注意点についてご説明しておきましょう。

勤続年数の申告方法

実はカードローンの申込書に「勤続年数」を記入する項目はありません。その代わりに、入社年月を書き込む(入力する)ようになっています。つまり「勤続4年6ヶ月」などといった形ではなく、「何年何月に入社」という形で申告することになります。

カードローン申込書・勤続年数に関する質問項目の例
入社年月(昭和/平成)〈  〉年〈  〉月

事実に基づいた正確な申告のためにこのような形になっているのですが、ところがこのために、かえって自分の入社年度を間違えて申告してしまう方も居るのです。

年度の間違いに注意

自分の入社年度をいつでもはっきり思い出せる人はそう多くないのではないでしょうか。西暦では正確に憶えていても、和暦に換算しなおした時に間違うといったケースもあります。

うろ覚えで入社年度を間違えてしまうと、たった数年のことでも審査に不利になってしまうことも考えられますので、ここは正確な年度を申告するよう気をつけてくださいね。

では、実際に勤続年数を問わないということが明記されているカードローンをご紹介していくことにしましょう。

りそな銀行カードローン

大手銀行ではなかなか条件が厳しい中、りそな銀行には勤続年数を問わないカードローンがあります。

りそなクイックカードローン

こちらが〈りそなクイックカードローン〉の詳細です。りそな銀行にはこれ以外にもカードローンがありますが、勤続年数不問なのはこちらの方です。
(⇒りそなのカードローンを使いたい方におすすめ記事

限度額 金利 条件
100万円型/70万円型/50万円型/30万円 年12.475% 20歳?満66歳未満

《備考》パート・アルバイトOK。キャッシュカード併用タイプ。来店不要。

大手銀行だけあって金利も低く、申込もしやすいとあってどなたにでも自信を持ってお薦めできる1枚です。

これから幾つかカードローンをご紹介しますが、この〈りそなクイックカードローン〉以外は、全て地方銀行や信用金庫のものばかりです。都市銀行でこのような緩やかな条件を明確にしているのはりそなだけです。

年収も不問!

また不問なのは勤続年数だけでなく、実は年収についても同様に不問なのです。しかしこれはどちらかというとパートやアルバイト方に向けた表現ですので、自活している方が余りに年収が低ければ、あるいは返済能力がないと判断されるかもしれません。

でも勤続年数や年収を問わないとなると、就職・転職間もない方で収入が低い方でも安心して申込めますよね。そういう意味では非常に心強いカードローンだと言えるでしょう。

クイックカードローン申込方法

大手銀行でカードローンを申込んで助かる点は、何と言っても手続きがカンタンだということです。この後ご紹介するカードローンでは契約時に来店が必要なケースもありますが、りそなならば最後まで来店不要ですよ。

但し〈りそなクイックカードローン〉はキャッシュカード併用タイプですので、りそな銀行の口座とキャッシュカードを持っていることが前提です。口座をお持ちでない方は、まずそちらの手続きからということになります。

キャッシュカードでローン!

もしも口座がある方であれば、カードローン申込みの手続きはとてもカンタンです。ネットから申込書を送信後、審査結果の連絡が入るまでは最短2時間です。

〈りそなクイックカードローン〉の場合、申込時にキャッシュカードは既に手元にあることが前提ですので、後は送付された契約書に記入後、本人確認書類のコピーを同封して郵送すればOKです。これでお手持ちのキャッシュカードが、ローンカードとして利用可能になりますよ。

トマト銀行カードローン

トマト銀行はユニークな名称が印象的ですよね。幾つかカードローンがあるのですが、勤続年数不問なのは〈トマト・はなまるポケットローン300〉です。

はなまるポケットローン

トマト銀行はネットバンクのような気もするのですが、実は地方銀行です。そのため、今回ご紹介する〈トマト・はなまるポケットローン300〉は、営業区域内にお住まい・お勤めの方が限定になっています。

まずは簡単に、その限度額・金利・条件をご紹介しましょう。

限度額 金利 条件
10万円以上300万円以下 年9.0%?年14.5% 20歳?満73歳以下

《備考》年金受給者・パート・アルバイト・派遣社員・専業主婦の申込みもOK。

勤続年齢不問といっても、限度額や金利に問題がある訳ではありません。営業エリア内限定という以外には、とても申込みやすいカードローンです。

はなまるの申込方法

〈はなまる〉は、ネット、フリーダイヤル、モバイル、ファクス、郵送と申込対応はバッチリです。モチロン窓口もOKですので、全6種類からお好きな方法を選ぶことができます。

ファクス用や郵送用の申込用紙は、ネットからダウンロードできます。また郵送用の申込セットは、キャッシュコーナーにも常備してありますので、お近くの方はこれを貰って来るのが早いでしょう。

福岡信用金庫カードローン

福岡信用金庫にも、勤続年数を問わないカードローンがあります。このカードローンは、法人や事業主にも対応しており、営業年数も問わないという特徴があります。お店を始めたばかりという方もOKですよ。

アシスト

以下が福岡信金アシストの詳細です。勤続年数には関係ありませんが、申込年齢上限も満70歳までと、非常に緩やかになっていますね。

限度額 金利 条件
10万円以上300万円以下 年14.6% 20歳?満70歳以下

《備考》パート・アルバイト・法人代表者・個人事業主・農業経営者もOK。但し、年金収入のみの人は不可。

アシストの申込方法

申込みは以下の3つに対応しています。但しいずれの場合も、手続きには来店が必要となります。アシストもやはり営業エリア限定の申込みとなりますので、いずれにしてもお近くに店舗があるというのが条件です。

  • 窓口で申込み、後日来店して契約
  • FAXでで申込み、後日来店して契約
  • インターネットで申込み、後日来店して契約

窓口で申込む場合も、審査結果が出るのは後日になりますので、都合2度来店することになります。やはりインターネットで申込むのが時間の節約になるでしょう。

遠賀信用金庫

次に遠賀信用金庫のカードローンデュアルをご紹介しましょう。福岡県の信用金庫ですので、こちらも営業エリア限定になっています。但し使えるATMも多く、勿論コンビニも使えますよ。

カードローンデュアル

カードローンデュアルはとても金利が低くなっていますね。特に借入額が低い場合に適用される金利が11.8%と低いのが目立ちます。これならば新卒や転職まもない方でも、安心して借りれるでしょう。

限度額 金利 条件
10万円以上300万円以下 7.8%、9.8%、11.8% 20歳?満60歳以下

《備考》専業主婦・パート・アルバイトOK。申込みは営業地区内限定。

デュアルの申込方法

デュアルも申込は営業エリア限定で、契約時には必ず来店が必要となります。また利用には口座開設が必要ですので、まだという方は契約時かそれまでに新規作成しておきましょう。契約時に持参するものは以下のものです。

  • 通帳・届け印
  • 本人確認資料(運転免許証、写真付住民基本台帳、パスポート)
  • 所得証明書類として以下のもの
  •     給与所得者:所得証明書または源泉徴収票の写し
        法人代表者:所得証明書の写し
        個人事業主:納税証明書または確定申告の写し

消費者金融では?

このように、勤続年数不問のカードローンも実在するということが分かっていただけたと思います。でもこれまでご紹介したのは、銀行などの金融機関ばかりでした。一般に馴染みのある消費者金融ではどうなのでしょうか?

必要な勤続年数

冒頭で、カードローン審査では勤続年数が重視されるということをご説明しましたが、実際にはどのくらいの年月を満たせばいいのでしょう?通常は2年以上というのが基準になっているようです。これは消費者金融であっても銀行であっても同じです。

入社してまだ数ヶ月というのでは、先ずどこで審査を受けても難しいと考えられますが、1年を過ぎれば随分と状況は変わってきます。2年目ではまだ不安要素は残るかもしれませんが、その他の要件とも総合して審査結果に反映されていきます。

    〈カードローン審査で問われるもの(一部)〉

  • 職種は何か?年収は幾ら?勤続年数は?
  • 結婚しているか?同居家族は何人?
  • 住居は持家?借家?社宅?ローン残高は?

このように、勤続年数も含めて多方向から審査されているのです。もちろん消費者金融においてもそれは変わりありません。

収入の有無を重視

しかし大手消費者金融の申込条件を調べてみても、勤続年数について触れている業者は見当たりません。それは何故なのでしょうか?それは、消費者金融においては、第一に収入があるということが非常に重視されるという事情があるからなのです。

総量規制が設けられたこともあって、消費者金融では「働いている人」が非常に申込みやすくなっているのです。そのためアルバイトやパート、派遣の方など、勤続年数が低くなりがちな方にとって大きなハードルである勤続年数については、敢えてその申込条件から外されているんですね。

転職は何度でもOK?

勤続年数の低い人の中には、これまで数々の職業を転々としてきた方もいるかもしれません。でもそんな方でも、もちろん申込みOKですよ。

カードローン審査では、これまでの全ての職歴を申告する必要はありません。たとえ転職を繰り返している人も、申告する職業は現在の職だけで構わないのです。

しかし転職の結果である勤続年数と年齢、また年収や職種などから、その人の現在の返済能力はほぼ正確に判定されると考えられます。

    〈転職が多かった人の申告のパターン〉

  • 年齢:高い
  • 勤続年数:少ない
  • 年収額:低い
  • 職種:転職が多い職種

そういう意味では、転職が多いというだけで審査に落ちるという心配は無用なのですが、返済能力についてはきちんと審査されますから、そう考えると過去の転職歴が審査において全く影響がないとも言いきれません。

勤続年数について明記されていない消費者金融で申込む際には、申込基準が甘いのではなく、あくまで今現在の返済能力に焦点が当たっているということは意識しておいた方がいいですね。

アルバイトやパートは?

アルバイトやパートとなると、また少し事情が変わってきます。そもそもアルバイトやパートは短期間の勤務であることが普通ですが、その本人の収入単独で返済能力が判定されている訳ではありません。

主に配偶者の年収で生活しているパート勤務の方や、仕送りをベースに生活しているアルバイト学生の場合、その審査の主眼は本人の収入ではなく、配偶者や親の年収に向いているのです。

本人の収入よりも…?

つまりアルバイトやパートの場合、配偶者や親の収入が安定していることが前提ですので、本人の年収が多少不安定だったとしても、審査の上ではさほど問題ではありません。そのような意味において、勤続年数については特に気にしなくても大丈夫です。

もちろん長期に渡る勤務の結果、正社員として登用されることも珍しくありませんので、勤続年数が長ければそれなりの評価を受けることは間違いありません。しかし最近勤め始めたばかりという方でも、それだけが理由で審査に落ちるという心配はないと考えていいでしょう。

勤続年数を解決する!

このように、カードローン審査における勤続年数の重要性を知っておくことは、新卒の方だけでなく転職をする方についても同様に、とても大切なことだと言えます。というのも勤続年数というのは、確かに審査における弱点にはなり得るのですが、ただ待っているだけで確実にクリアできてしまう問題だからです。

それも長くても1年かそこらの話ですので、焦って申込をしない方が得策だということになります。どうしても就職まもない時や転職直後に申込みたい時には、ここでご紹介したような勤続年数不問のカードローンがお薦めですよ。

【参考ページはこちら】
カードローンは転職直後でも利用可能?

新着記事
TOPICS