> > > 無職でも簡単に利用できるカードローンは存在するのか

無職でも簡単に利用できるカードローンは存在するのか

カードローンを利用したい人、それは無職の人なのかもしれません。無職の人は収入がないわけなので、お金を借り入れたと思っている人は多いはずです。そんな無職の人が利用できるカードローンは存在するのでしょうか。ここでは「無職」をキーワードにさまざまな観点からカードローンとの関係を見ていきたいと思います。

無職といってもいろいろ

ひとことで「無職」と言っても、必ずしも「無職の人=収入0」というわけではありません。確かに働いてはいないけれど、働かずとも収入のある人も少なからずいます。いわゆる「不労所得」ですね。収入はあるけれど、カードローンなどを申し込む際、職業の欄には「無職」と記入するしかないわけですよね。そんな人たちは無職ですが、返済能力がないわけではありません。不労所得人とは、以下のような人たちのことを指します。
  • 無職の専業主婦
  • 無職だけど収入がある
  • 無職の年金受給者
  • 不動産を所持している無職

無職の専業主婦

無職だけど生活は成り立っている人、と言えば専業主婦でしょう。配偶者であるご主人の収入があるので、働いてはいないけれど毎月安定した収入はありますよね。そんな専業主婦はカードローンを申し込むことはできるのでしょうか。答えはイエスです。専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、申し込むことは可能です。

ただし、貸金業である消費者金融では申し込みができません。貸金業には総量規制という法律があるため、「個人年収の1/3までが融資の上限」となっています。すなわち、いくら配偶者に安定した収入があろうとも、個人での収入がないため、融資の対象とはならないわけです。

収入のない専業主婦が申し込むことができるカードローンは、ずばり銀行です。銀行は総量規制の対象外なので、個人に収入のない専業主婦でも、配偶者であるご主人に安定した収入があれば可能ということになります。ただし、銀行ならどこでもOKというわけではなく、「専業主婦可能」となっているところで申し込むようにしましょう。

ここで注意しないといけないのは、「専業主婦可能」となっていても、専業主婦には融資に上限があることがほとんどだと思ってください。いくら配偶者に安定した収入があるとしても、やはり個人には収入がないので、融資できる金額は限られているということですね。専業主婦はあまり高額な融資を期待してはいけません。30万円~50万円の少額融資が可能ということになります。

以下は、専業主婦でもカードローンが可能な銀行一覧です。( )内は、専業主婦に対しての最大融資額です。

・三菱東京UFJ銀行バンクイック(最大融資額30万円)
・みずほ銀行カードローン(最大融資額30万円)
・楽天銀行スーパーローン(最大融資額50万円)
・イオン銀行カードローンBIG (最大融資額50万円)
・じぶん銀行カードローン(最大融資額30万円)
・セブン銀行スーパーローン
・新生銀行カードローンレイク

このように、個人で収入のない専業主婦に対しては、融資額に上限が設けられていることと、可能な銀行が限られていることが注意すべき点でしょう。申し込む際は、専業主婦でも可能な銀行を選ぶようにしてください。可能でない銀行で申し込んでしまうと、簡単に断られてしまう可能性大ですよ。

無職だけど収入がある

仕事をしておらず、無職だけど収入がある人とはどんな人のことでしょうか。例えば、不動産を所有していて、賃貸で貸し出している人、すなわち「家賃収入」がある人がまず当てはまります。そのほか、駐車場を所有している人にも同じことが言えますよね。月極めで貸し出していれば、毎月収入があります。さらには、自動販売機を所有している人も定期的に収入があるはずです。

ただし、これらを「安定収入」と捉えるかどうかは、各金融機関の判断に委ねられると思っていいでしょう。融資を受ける際は、過去一年間の収入の記録などが必要になる場合があります。本当に毎月収入があるかどうかを判断するためのものなので、きちんと提出できるようにしておいたほうがいいでしょう。

ちなみに消費者金融で規制されている「融資の上限は個人年収の1/3まで」という、総量規制ですが、「仕事をしているか否か」ではなく、あくまでも「収入があるかどうか」を元に判断しているところが多いようです。すなわち、「無職」であっても「収入がある」のであれば、カードローンでの借入れができる場合があります。

以下、おすすめで安心の消費者金融一覧です。ちなみに、以下のすべては、有名な大手の消費者金融です。

■ プロミス
・即日融資も可能
・審査は最短30分
・最大融資額500万円
・融資額が50万円までは収入証明書不要
・30日間無利息期間あり(※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要)
■ アコム
・即日融資可能
・審査は最短30分
・最大融資額は500万円
・融資額50万円までは収入証明書不要
・30日間無利息期間あり(新規申込の場合)
■ アイフル
・即日融資可能
・審査は最短30分
・最大融資額500万円
・融資額50万円までは収入証明書不要
■ モビット
・即日融資可能
・審査は最短30分
・最大融資額は500万円
・融資額50万円までは収入証明書不要
■ ノーローン
・即日融資可能
・審査は最短
・最大融資額は300万円
・融資額50万円までは収入証明書不要
・なんどても1週間無利息期間あり

このように、お手軽に借入れできる理由として、「融資額50万円までは収入証明書が不要」ということが挙げられます。収入があるという証明書を提出しなくても融資してくれるため、不労収入がある人も借入れができる可能性があるということになります。

ただし、ネットからの申し込みで「無職」としてしまうと、それだけで審査に落とされる可能性があるため、窓口まで足を運んで、担当者に説明するべきでしょうね。「毎月安定した収入がある」という風にきちんと説明すれば、借り入れることができるはずですよ。

無職の年金受給者

定年退職して年金受給だけで暮らしている人は多いと思います。この年金を安定した収入として捉えてくれるかどうかは、それぞれの金融機関での判断になります。
ただし、年金を受給しているということは、60歳を超えているということなので、年齢制限でひっかかる可能性があります。たいていの金融機関では年齢制限を設けており、20歳~65歳(金融機関によっては69歳)までとなっています。これは、あまりに高齢になってからローンを組んでも、返済できる可能性が低いと判断されてしまうからなんですね。

ちなみに、年金受給者の人へ融資をおこなっている金融機関は、さほど多くはありません。意外と少ないということですね。気を付けないといけないのは、融資額です。収入が年金受給だけなので、さすがに高額融資はしてくれません。カードローンで借入れができるとしても、少額だと思っていてください。収入が年金だけの人へのカードローンができる金融機関は以下の通りです。

■ 三菱東京UFJ銀行バンクイック
・年金受給者でも申し込み可能
・年齢は20歳~65歳

■ 新生銀行カードローンレイク
・年金受給者でも可能申し込み
・年齢は20歳~65歳

■ オリックス銀行カードローン
・年金受給者でも申し込み可能
・年齢は20歳~65歳

不動産を所持している無職

働いておらず無職だけど、不動産を所有している人は、不動産を担保にカードローンを申し込むことが可能です。リバースモーゲージ型といって、所有している不動産を担保にお金を借入れ、契約者が亡くなると、担保にした不動産を売却してローンの返済をおこなうという仕組みです。

ただし、不動産であれば何でもいいわけではなく、ある程度資産価値のある不動産に限られます。借り入れたローンの返済を不動産でおこなうわけなので、資産価値のない不動産を担保にしても意味がないですよね。

不動産を担保にカードローンを申し込む場合は、手続きに時間がかかると思ってください。まず、不動産の価値を査定しないといけないし、本当に申し込んできた人の資産なのかどうかなども念入りに調べます。よって、不動産を担保にカードローンを申し込む場合、即日融資はムリだと思ってください。

不動産を担保にカードローンを申し込む金融機関ですが、銀行や消費者金融など受け入れているところは多々あります。ただし、不動産を担保にするといっても「安定した収入のある人」と、条件をだしている金融機関が多いのも事実です。しかも70歳までと年齢制限もあったりするので、無職でも大丈夫なところで申し込むようにしてください。

簡単に利用できるカードローン

簡単に利用できるカードローンといえば、代表的なのはやはり消費者金融でしょう。ただし、消費者金融は貸金業のため総量規制という法律があります。「個人年収の1/3までしか融資できない」という決まりですね。個人年収の1/3以上の融資を希望している人は、消費者金融ではなく銀行系で借り入れるしかありません。

働いており毎月安定した収入がある人は問題ないのですが、無職の人はどうでしょうか?無職の人は個人年収がないわけなので、消費者金融で借り入れることはできません。「年収の1/3」という計算ができないわけですよね。そのため、銀行系での借入れのみとなってしまいます。

上記で説明してきたように、「無職」といっても、「一定収入がある人」「配偶者に安定収入がある人」「不動産を所持している人」など、働いていないけれど収入のある人はなんとかカードローンを組むことが可能ですが、完全に「無職」で、しかも収入のない人というのは、はっきり言ってカードローンは厳しいと思ったほうがいいでしょうね。

広告などで「無職でも融資OK」などとうたっているところで借りられるのでは?と、思いがちですが、安定した収入のない人に対して貸してくれるところというのは、ハッキリ言ってヤバいところだと思ってください。いわゆる闇金ですね。

闇金というのは、ご存じの人も多いですが、悪徳業者のことです。貸金業として国に届け出をしておらず、無許可で営業している業者ですね。この手のところで借りてしまうと、違法な金利はもとより、返済しようとしても返済させてくれないなど、あの手この手で関係を断てないようにしてきます。一度借りてしまうと、借金地獄から抜け出せないような仕組みになっているということですね。

闇金の特徴

闇金の特徴を以下にあげてみました。ちょっとでも怪しいかな?と思ったら注意が必要ですよ。

  • CMや広告など大々的におこなっていない
  • 違法なチラシで広告しているところが多い
  • ホームページがない
  • 主な連絡は電話
  • 紹介するパターンが多い
  • 貸金業者登録番号がない

これらの条件に少しでも当てはまったら、疑ってかかることをおすすめします。違法業者なので、大々的に広告やCMはしていません。目立たないようにひっそりと営業しているところがほとんどなので、顧客を集めるのに「紹介」という手を使います。ネットで「無職でも融資OK」などで検索して表示されるのはほとんどが紹介のページです。この紹介ページを利用すると、「紹介手数料」が取られてしまい、さらには違法業者を紹介されるということになります。

いくらお金に困っていたとしても、この手の怪しいホームページから紹介された業者に融資を依頼することは絶対におすすめしません。

無職でも簡単に借りられるカードローン

ここまで読んでいただいて理解できたと思いますが、結局のところ、「無職でも簡単に借りられるカードローン」というのは、存在しないということになります。金融機関も商売ですから、お金を貸したはいいけど、返してもらえなければ商売あがったりなわけですよ。そのため、カードローンの審査では「返済能力のある人」というのに重点をおいています。

残念ながら、「無職=返済能力なし」とみなされてしまうので、カードローンを申し込むことはできないでしょう。どこの金融機関で申し込んでも、審査に落とされてしまうはずです。審査に落とされてしまうと、指定信用情報機関にそのことが登録されてしまうので、無職の間は申し込むこと自体を避けたほうが賢明ですよ。

無職の人はどうすればいいか

では、無職の人はどうすればいいのでしょうか。「カードローンを申し込む」ということを考えるのではなく、まずは少しでも働くことを考えてください。今はアルバイトでも収入さえあれば、カードローンを組むことは可能です。アルバイトであれば、未成年でも定年退職後の人でも問題なく働けます。とにかく一刻も早く働くことで、カードローンの審査に受かる確率が近づくと思ってください。

アルバイトといえども、やはり「継続して働いている」ということが重要視されるので、少しでも長く働いてからカードローンを申し込んだほうが審査に通りやすいのは事実です。「無職でも申し込めるカードローン」を探している間にさっさとアルパイ先を見つけるのが先決でしょう。

まとめ

結局のところ、「無職の人が簡単に申し込めるカードローンは存在しない」ということになります。まっとうな金融機関ではまず借入れすることはできません。借金地獄に陥りたくないのであれば、闇金には絶対に手をだしてはいけません。

【参考ページはこちら】
審査の緩いカードローンってあるの?

新着記事
TOPICS