> > > 実は違う!クレジットカードとカードローンの年齢制限設定

実は違う!クレジットカードとカードローンの年齢制限設定

お金を借りられるという点では、クレジットカードのキャッシングもカードローンも一緒。

特にクレジットの場合は銀行のキャッシュカードやお店のポイントカードなどにも、便利な機能として付加されていることが多いので、大半の人は利用しなくても、手元にお持ちではないでしょうか?

でも、クレジットカードでもキャッシングはできるのが一般的ですが、カードローンも現金をキャッシングするという点では特に変わりはないですよね。

となると、湧いてくるのは「具体的な違いってどこにあるの?」という疑問。

ここではクレジットカードとカードローンの違いについてわかりやすく説明していきます。

クレジットとカードローンを比較

カードでお金を動かせるという共通点のあるクレジットカードとカードローン。まずはこの違いを比較してみましょう。

機能の比較

クレジットカードとカードローンの大きな違いは、以下の通りです。

  クレジットカード カードローン
キャッシング機能
クレジット機能 ×

クレジットカードについて

基本的に、クレジットカードには“クレジット決済機能”というものがついています。

このクレジット決済機能というのは、例えばショッピングや外食などに出掛けた際に、そのお店で「クレジットカード利用可能」とされている場合に利用出来ます。レジでカードを提示し、その記録を読み込ませて認証されることで、クレジット会社が一時的に支払いを立て替えてくれるというシステムです。

これはインターネットショッピングなど、ネットを介した金銭のやりとりにも多く活用されていますし、宅配便の着払対応になっている荷物の受け取りの時にも利用出来ることもあります。

いずれにせよ、このクレジット決済機能は、利用先がクレジット決済対応可能としている場合にのみ利用出来ます。

また、クレジットカードにはキャッシング機能もついているのが一般的です。この利用限度枠はカードローンよりも設定金額は低くなっています。また、利息も大手消費者金融と比較すると高くなっているのも特徴です。

このキャッシング機能は必要ないと感じたら、クレジットカードを申し込む際利用枠を0円にすることも可能です。

代表的なクレジットカード

クレジットカードを発行主体に分けると、以下のように分類することができます。

系統 内容
銀行系 大手銀行が発行するクレジットカード
信販系 信販会社の発行するクレジットカード
流通系 大手百貨店や大手スーパーが発行するクレジットカード
その他 メーカー系、石油系、交通系などの会社が発行するクレジットカード

これらは多機能カードとして付加されていることが大半でです。新規でカードを作ろうとする時に、クレジットカード会の選択肢が複数要されていることもあり、この場合は自身で利用先とするクレジットカード会社を選ぶことができます。

系統 具体例
銀行系 ダイナースカード、DCカード、
JCBカード、
MC(ミリオン)カード、UC(ユニオン)カード、
VISAカードなど
信販系 オリエントコーポーレーション、国内信販、
セントラルファイナンス、ジャックス、
日本信販、ライフなど
流通系 イオンカード、クレディセゾン、
ダイエーオレンジカード、マルイカードなど
その他 専門店、
メーカー系(化粧品会社、航空会社、旅行会社、家電会社)、
石油系(ガソリンスタンド)

大手銀行系のクレジットカードの場合は海外でも利用できるものも多く、海外旅行や海外出張に出向く機会の多い人は銀行系クレジットカードを所有しているというのが大半です。

ダイナースクラブと1、2位の地位を争う程のハイブランドのクレジットとしては、アメリカン・エキスプレス(アメックス)もあります。アメリカ企業の発行する両クレジットカードは世界各地で地位を確立しています。アメックスは旅行業にも着手しているため、航空系やホテル系のサービスにも強いカードとなっています。

年会費は必要か?

契約するカードの種類により、年会費が発生するかどうかは異なります。

年会費無料となっている場合は、多機能カードにクレジット機能が付加されている程度になりますが、年会費が発生する場合は、サービス内容や特典のグレードでプランが用意されていて、ハイグレードなプランになるほど年会費も高くなっていきます。

年会費の設定は各社でことなりますから、申込をする際にはきちんと確認をしてから手続きをしましょう。

カードローンについて

いわずと知れた、借入したお金を引き出して現金を手にして利用することが可能なシステムです。

現金の利用を目的としたカードなので、クレジットカードのようにカード1枚でショッピングや外食時の支払いに利用できるというような便利な機能はついていません。

主なカードローン

カードローンは大きく振り分けて、以下のように分類されます。

金融機関 内容
銀行 銀行が直接提供しているカードローン
銀行直営の金融会社のカードローン
消費者金融 銀行傘下のグループ金融会社のカードローン
独自経営の消費者金融のカードローン
信用金庫 信用金庫が直接提供しているカードローン

正確には銀行での借入をする時にはカードローン、消費者金融での借入をする時にはキャッシングといいますが、契約後にカードが発行され、そのカードを利用して借入や返済の手続きを行うため、一般的にはどちらも同じ意味として捉えられているのが現状です。
(⇒様々な金融機関で提供されているカードローン情報

金融機関 具体例
銀行 都市銀行、地方銀行、
三菱東京UFJ銀行バンクイック、
新生銀行レイクなど
銀行系消費者金融 アコム、ノーローン、
プロミス、モビットなど
独立系消費者金融 アイフル、他中小消費者金融
信用金庫 各地の信用金庫

大手消費者金融と呼ばれるのは、基本的に銀行系消費者金融です。例外として1社、独立した金融会社で大手と呼ばれるのがアイフル。過去に取り立てで問題になって営業停止処分を受けたこともありましたが、運営規模を縮小しながら再建中でありながらも、大手消費者金融として名を連ねる会社であることに違いはありません。

年会費は必要?

カードローンに年会費は発生しません。特にサービス内容や特典によるグレード分けがないことや、現金の貸し借りによるカード利用のため、年会費を設定する必要がないのです。

ただ、銀行でカードローンを契約した場合、一部例外を除いてはその銀行に開設している個人預金口座のキャッシュカードでのやりとりになります。そのカードに付加されたクレジット機能のグレードによっては年会費が発生することはありますが、あくまでこれはクレジットの年会費であって、カードローンの年会費ではありません。

審査や年齢制限の設定は違う?

クレジットカードを作るにも、カードローンを契約するにも、必ず審査を受けることになります。この審査を受けるには、最低限の資格というと大袈裟ですが、まあ条件というものが発生します。

ここではクレジットカードとカードローンの審査について簡単に説明しましょう。

基本的な審査基準

クレジットカードもカードローンも、お金に関わる問題なので、身辺調査という意味も含めての審査になります。その中で、どちらの場合にも共通して調べるのは、過去のクレジットやカードローンに関する履歴です。

この利用履歴というのは、個人信用情報を取り扱っている特別な機関で管理されています。例え利用そのものがなくても、クレジットカードを作ったり、カードローンを契約した時点で、この個人信用情報の管理会社に個人情報が登録されます。

銀行や消費者金融、信用金庫、クレジット会社、信販会社など企業や運営の規模に関わらず、個人に対しての経営を行っている金融会社はすべて、ここに登録をしています。大まかに分けると、次のような内容が記録されています。

  • 利用の有無
  • 金融会社との契約内容
  • 利用金額
  • 返済状況

など、利用に関するすべて記録として残されていて、これは登録会社すべてが共通して閲覧することが可能です。遅延や延滞などの記録も保持されているため、内容が悪質だと判断された場合には、クレジットカードやカードローンの契約に影響を及ぼすことになります。

次はクレジットとカードローン、それぞれの審査や年齢制限についてお話しましょう。

クレジットカードの年齢制限

クレジットカードもカードローンも、手続きの時に個人名や住所、年齢、職業、年収などなど、個人に関する情報を提出し、その後の審査によって利用可能かどうかが決定します。

クレジットカードとカードローンを比較して特にはっきりとした利用条件の違いは利用できる“年齢制限”にあります。

クレジットカードはさまざまなカードに付加機能として提供されていることも多く、レンタルショップのレンタルカードやショップのポイントカードなどにも搭載されていることも珍しくありません。

その時の条件の中で上がるのが、「18歳以下はクレジット機能なしのカードが作れます」というもの。つまり、18歳からはクレジット機能のついたカードが作成できるということになります。もちろん、保護者の同意は不可欠ですが。

カードローンの年齢制限

カードローンの年齢制限は、クレジットよりも上で設定されていて、20歳以上が条件。例え18歳で社会人になっているとしても、年齢制限で引っ掛かるので申し込みすら出来ません。

例外として中小消費者金融の中に、学生専用のカードローンを提供しているアミーゴという消費者金融があります。また、20歳以上で学生専用の消費者金融もいくつあります。アルバイトをしていて、安定した収入があることが条件で、学生時代に利用した人は、社会人になっても利用できるというシステムになっているところが多いようです。

どうして年齢制限設定が違う?

クレジットの場合、一時的に肩代わりするということになるシステムです。大概はショッピングで利用されることが多いため、肩代わりをして加盟店に支払った分の一部は担保となるため、審査基準が緩くなっているといえます。直接の現金のやりとりではないこともあり、これらの理由からクレジットカードの場合の年齢制限は、カードローンよりも低くなっていると考えられます。

しかし、クレジットカードにキャッシング枠をつけるとなると、審査は厳しくなります。20歳未満の場合には、このキャッシング枠が0円の状態での契約というのが一般的。

20歳以上の人の場合には、キャッシング枠をつける場合には、クレジットとは別に審査されることになります。
収入や過去の借入の記録によっては、クレジットはできても、キャッシング枠は審査に通らずに0円ということになることもあります。

また、クレジットカード会社のキャッシング枠の場合は、カードローン会社よりも金利設定が高く、利用限度額の設定が低いのも特徴です。

その点、カードローンは非常にシビアです。やりとりが現金のみですし、利用限度枠もクレジットカード会社のキャッシング枠よりも遥かに大きく設定されています。ですから、その人の年収や人物像、過去の借入や返済状況、事故歴などを事細かに調査して、融資するかどうかを決める必要があるのです。

カードローンは無担保・無保証人での完全個人信用での融資となるので当然リスクは高まりますから、カードローンの審査が厳しくなるのは、ごく当たり前のことだといえるでしょう。

お金を借りるならどっちがお得?

先にも挙げました通り、クレジットカードのキャッシング枠の金利は高く設定されています。

現金の利用であれば、間違いなくカードローンのほうがお得です。

金利の違いを知ろう

金融会社 平均金利 審査基準
銀行 3%?15% 厳しい
消費者金融 5%?18% 比較的緩め
クレジットカード会社 18%固定 緩め

消費者金融の場合は、大手消費者金融の場合と中小消費者金融の場合では多少差があり、大手の方が低い金利で借入できる可能性が高く、利用限度額も高めの設定です。しかし、その分審査は大手の方が中小よりも厳しいといえます。

また、クレジットカード会社の審査はクレジット枠とキャッシング枠は別で、キャッシング枠はクレジット枠と比較すると厳しくなります。

返済方法で比較する

返済方法ひとつみても比較することは可能です。

金融機関 返済方法
銀行 当行個人預金口座より指定日に引き落とし
※臨時返済も可能
消費者金融 翌月指定日までに一定額以上返済
クレジットカード会社 指定日に指定口座より引き落とし
指定日までに指定機関より支払い

利用する金融会社によって若干の違いはありますが、一般的な返済方法は上記の通りです。

カードローンの場合は返済期日までの間、いつでも返済が可能なので、支払いが可能な状態であれば3日後であろうが、翌週であろうが、支払い期限を待たずに返済ができます。利息が日数での計算になるので、早く返済できれば、その分利息も軽減されます。

一方、クレジットカードのキャッシング枠からの利用の場合は翌月指定日までの利息計算になりますから、いつ利用して返済しようと、一月分の利息が発生することになります。

こういったことから、同じ現金の借入ならば、クレジットカードのキャッシング枠を利用するよりもカードローンのほうが断然お得なのです。

上手に利用するには

クレジットであれ、カードローンであれ使い方ひとつで良くも悪くもなるものです。上手に利用するには、どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。

本当に必要な借入なのか

カードひとつで現金を手にすることができるというのは、クレジットカードもカードローンも一緒。中には個人預金口座のキャッシュカードのようにお金を引き出して利用し、返済に苦しむことになった人もいます。そうならないためにも、利用は必要最小限に抑えるのがベスト。

利用するお金が自分のものではなく、借りているものであることをきちんと理解した上で利用することが非常に重要なポイントとなります!

定期的に利用するのかどうか

例えば、突然3万円が必要になったとしましょう。結婚式のお祝儀とか何でもいいです。しかし、急な出費が続いてしまい、すぐに用意できる状況ではなくなってしましました。

この時に利用を思いついたのが借入。しかし、ここで今後何かあった時のために、手元にカードローンのカードを置いておきたいのか。それとも今回限りで、2度と借入はしないつもりでいるのか。

今後利用するつもりであれば、カードローンを契約するのもいいでしょう。しかし、これっきりだと決めていて、この借入のあとは一切借りないと決めていたら。

この場合、クレジットカードすら持っていないのであれば、カードローンを利用して、返済後すぐに解約してもいいでしょう。しかし、クレジットカード手元にあって、キャッシング枠も設定していたら…。

金利は高いけれど、翌月一括で返せる!というならこのキャッシング枠で済ませてしまい、今後はキャッシング枠を利用しないという手もあります。キャッシング枠の金利は高いですから、今後はキャッシング枠の利用しないための戒めにしちゃうのも手です。

借りたお金の返済には利息が発生します。そのことも十分に把握した上で借入しましょう。

借入に大切なのは借りられる金額ではなく、返済できる金額なのかどうかなのです。

【参考ページはこちら】
カードローンが組めない時の対策法を教えて!

新着記事
TOPICS