> > > 消費者金融で返した後、銀行カードローンに申し込み…通るの?

消費者金融で返した後、銀行カードローンに申し込み…通るの?

今すぐに、お金が欲しい!安心・安全な優良会社で、カードローンを借りたい!ですが、そう願っても、なかなか難しい時もありますよね。なぜなら、お金を借りるには、審査があるからです。誰でもかんたんにお金を借りるというわけにはいきません。

初めての借り入れで、他に借金もなく、しっかりと収入があるのならば、まだ借りられる場所は多いですが、一度消費者金融などで借りた後に、新たにカードローンに申し込みするのは、高い壁が存在するものです。

消費者金融会社で返した後、新しく銀行カードローンに申し込みできるのか、多くの方が不安に思っていることのひとつ。銀行カードローン通るのか、チェックして、あなたの不安を安心に変えませんか。
(⇒レイクは銀行カードローンだから安心?

銀行カードローンの審査ポイント

銀行カードローンに通るのって、難しいんでしょう?そう思っている方は多いかもしれませんね。確かに、一般的には、消費者金融会社に比べると、銀行の方が審査が厳しいと言われています。しかし、最近は、消費者金融会社もサービスが充実してきていますし、銀行に負けない安心感も生まれてきました。

銀行も、カードローンのサービス充実をはかってきたため、銀行と消費者金融の違いがあまりなくなってきたのが現状です。審査も、あなたが思ったよりも通りやすいかもしれません。

銀行で借りやすい職業

銀行のカードローンは、なんといっても、安心感があるために、多くのお客さんが集まってきます。ですから、競争率が高く、職業や年収的に不安定な人は、どうしても、安定した職業の人に比べると、審査に通りづらくなります。(こちらもご参考に→職業別に見る利用しやすいカードローン

銀行のカードローンに通りやすいのは、公務員や正社員など、安定した職業の人です。公務員はどんなローンでも強いですね。国や地方に勤めているため、職場がなくなってしまう危険性が薄いからでしょう。正社員も、大企業の社員であれば、中小企業の社員に比べて、ローン審査に通りやすくなります。

ただ、アルバイトやパートだからといって、銀行カードローンを諦める必要はありません。

たとえば、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」では、パートやアルバイト・学生でも、安定した収入さえあれば、申し込みできるようになっています。ただ、学生の場合は、親権者の同意が必要ということと、限度額が10万円で少ないということはあります。主婦も同様で、限度額が30万円以内ということになっています。

また、みずほ銀行カードローンでも、アルバイトは申し込みオッケーになっています。以外と都市銀行でも、申し込み可能なところは多いのですね。ただ、申し込みできるというのと、絶対に審査に通るというのはまた違いますから、過度な期待はしない方がよいでしょう。やはり、安定した収入が第一になってきます。

ネット銀行だと審査が甘い?

銀行カードローンといっても、大手都市銀行のカードローンばかりではありません。今は、個性豊かな、ネットバンクがたくさんあります。楽天銀行カードローンやソニー銀行・じぶん銀行など、カードローン業界でも人気の高いネット銀行はいくつかあります。

ネット銀行は、都市銀行に比べて、なんとなく気軽に借りられるイメージがあるかもしれません。店舗を持たずに、経費を削減して、金利を安くしたり、サービスを充実させたりしているのがネット銀行なので、都市銀行に比べてソフトなイメージがありますよね。

しかし、それが、審査が甘いということに直結はしません。

確かに、都市銀行のカードローンに比べると、審査が甘くてアルバイトでも余裕で通った、という評判はあります。しかし、その一方で、正社員で、都市銀行のカードローンは通ったのに、ネットバンクのカードローンに通らなかった、という体験談もあります。

ネットバンクは、都市銀行に比べて、不安定な部分があるようです。同じ条件でも、申し込みするタイミングによっては、通ったり通らなかったりするようです。もちろん、どのカードローン会社でもそういう点はあります。お金は常に同じではなく、動いていくものだからです。しかし、ネットバンクの場合、都市銀行に比べると、その振り幅が大きいようです。

ですので、必ずしも、ネットバンクの方が審査が甘いという言い方にはなりません。

銀行も消費者金融も同じ!

銀行と消費者金融会社の違いがなくなってきた、と先ほどお話しましたが、そのサービスの違いはもとより、もともと、審査基準は、銀行も消費者金融会社も同じだということを押さえておきましょう。

なぜなら、銀行のカードローンも、消費者金融のカードローンも、「必ず返済してくれる人かどうか」という視点で、審査されるからです。

そのためには、あなたに収入があるかどうか、と、他に借り入れがあるかどうか、を重点的にチェックされます。収入がなければ、返済することもできませんから、お金を貸すわけにはいきませんよね。また、いくら収入があっても、他社からの借り入れがたくさんあれば、もうこれ以上借金したら、これもまた返済しきれない恐れがあるため、審査で落とされる可能性が高まります。

また、貯金や財産がたくさんある方で、無職だったり、収入が不安定だったりするという方もいるかと思いますが、そういう場合でも、カードローンの審査には通りません。銀行でも消費者金融会社でも同じです。財産があるのだから大丈夫そうなものだ、と思うかもしれませんが、カードローンというのは、安定した、毎月の収入が何より大事なのです。

貯金は、使ってしまえばあっという間になくなってしまいます。カードローンを定期的に使うには、お金を使ってもまた入ってくるという保証がなければなりません。ですので、財産や貯金は、審査にはほとんど関係ないのです。(カードローンではない、担保ありのローンなら別ではありますが。)

自己破産後のローン申し込み

銀行のカードローンの審査ポイントをチェックした上で、消費者金融で返した後に、銀行カードローン通るかどうか、話の核心に入っていきましょう。まずは、消費者金融で返した時に、自己破産や債務整理などをしてしまった場合です。

自己破産してすぐの場合

もし、あなたが、消費者金融で自己破産や債務整理してすぐの場合、銀行カードローンの審査に通るのはかなり難しいと考えておきましょう。

銀行だろうが、消費者金融会社だろうが、金融機関は、あなたの借入状況や、債務整理した経験などを、まとめて参照することができます。信用情報機関というところに、あなたの情報が登録されているからです。審査の時には、その信用情報機関を参照して、あなたが自己破産や債務整理などの事故を起こしていないか、どの金融機関でもチェックするのです。

自己破産などの大きな事故を起こした場合、その後すぐに、新しくカードローンに申し込みしても、まず通りません。

事故を起こした人が、すぐに生活を立て直せるとは思えないからです。貸しても、また返してくれないのではないか、と、カードローン会社側は思うのです。

ただ、一部の中小の消費者金融は、自己破産したばかりだったり、「ブラック」と呼ばれる人専門に融資しているようなところもあります。便利に借りられるとはいえないのですが、どうしても困った場合、ブラックの人たちを助けてくれるという評判があるようです。

銀行のカードローンだと、まずもって、自己破産・債務整理後の申し込みはムダだと思っておいてよいでしょう。

自己破産して5年以上経った

「自己破産してしまったから、消費者金融で返した後、どのカードローンも通らないんだ!」と、嘆いているあなた。実は、思ったよりもラクに借りられるかもしれません。なぜなら、自己破産や債務整理などの事故には、時効のようなものがあるからです。

一度ブラックになってしまえば、一生ブラックのままだ、と勘違いしている人が大変多いようです。でも、実は、自己破産や債務整理などの大きな事故だったとしても、5年で信用情報機関から消える、といわれているのです。

もちろん、あなたの過去がまったく消えるというわけではありません。しかし、5年以上前の情報は、銀行や金融機関にとって、そこまで大事ではなくなるのです。銀行カードローンは、現在のあなたにお金を貸すわけです。過去に何があっても、今は、収入もしっかりしていて、返済も滞りなくできるのであれば、ぜひ良いお客さんになってもらいたい、と考えます。

ですので、消費者金融で返した後、5年以上経っていたら、またまっさらな状態で借り入れできる可能性が高くなるのです。

自己破産後本当に借りられるのか

今、5年経ったらまた借りられる、というお話をしましたが、実は、全員が全員、そうというわけではありません。会社によっても対応が違いますし、その時のあなたの収入状況によっても違います。実際、自己破産して5年以上経っているけれど、クレジットカード一枚作れない、という体験談もあります。

しかし、その人が借りられないのは、自己破産のせいとばかりも言い切れないのが、紛らわしいところでもあります。もしかしたら、現在の職業と年収と、借りたい金額のバランスが悪くて、審査に通らないのかもしれません。書類不備で、つまらない審査落ちの仕方をしているのかもしれません。

審査に通らなかった理由は、たとえ本人であっても、教えてくれませんので、なぜ審査に通らないかは、正確にはわからないのです。

ただ、自己破産などの大きな事故を起こした後に、銀行カードローンで借りられる可能性は、その事故が昔であればあるほど、高まるというのは事実です。

消費者金融の借金がまだある時

それでは、消費者金融での借金がまだあって、銀行カードローンに新規に申し込みしようという場合をチェックしましょう。

返済しながら借り入れできる?

消費者金融で借りているけれど、新たに銀行カードローンに申し込みする理由は、それぞれあることでしょう。現在利用している消費者金融会社のカードローンのサービスに満足しなくて、銀行カードローンに乗り換えたいという方もいるかもしれませんし、消費者金融会社の限度額いっぱいになってしまって、新しく借り入れしたいという方もいるかもしれません。

消費者金融会社と、銀行カードローンを併用することは可能です。法律で禁止されていたりはしません。しかし、消費者金融で返済しながら、新しくカードローンに申し込みして審査に通ることは、カンタンとはいえません。

消費者金融や銀行では、あなたの収入の3分の1を目安に、融資額を決めています。あなたの年収が300万円だとしたら、その3分の1の100万円まで借りられるというのを目安にしているのです。ちなみに、この3分の1というのは、賃貸住宅の家賃も同じです。あなたの月収の3分の1の家賃が適正だとされています。

もし、消費者金融を2社も3社も借り入れしていて、限度額を合計すると、あなたの年収の3分の1を超えてしまうのであれば、新しく銀行のカードローンに申し込みしても、通るかどうかは怪しいところです。

銀行のカードローンは、年収の3分の1までしか借りてはいけない「総量規制」の対象外ではありますが、保証会社の審査においては、その総量規制の対象外であろうとも、あなたが返済するのは厳しそうな場合、新たな借り入れはできないように審査で落とす場合があります。総量規制の対象かそうでないかにかかわらず、年収の3分の1以上のカードローンの借金を抱えるのは、なかなかにツライことです。ですので、返済しながら新しくカードローンを申し込みするのは、法律違反だったり、絶対に悪いようなことではありませんが、ある程度は危険なことだと考えておいた方がよいでしょう。

延滞してしまったんだけど・・・

消費者金融を利用している間に、返済期限をついうっかり延滞してしまった、なんていう方は、決して少なくありません。延滞してしまうと、カードローン会社側にその情報がもちろんいくので、あなたのことを「要注意人物」としてチェックしておく場合があります。その場合、新しくカードローンを申し込みする時に、不利になる場合があるのです。

カードローンなど、お金の借り入れをすると、信用情報機関というところに、あなたの情報が登録されます。その信用情報機関は、どの金融機関でも参照できるようになっています。ということは、あなたの延滞の情報を、新規に申し込みしたカードローン会社も知ることができるということです。

延滞などの事故情報を起こした場合、あなたが申し込みしたカードローン会社は、あなたの情報を見て、「この人、延滞多いなあ」と思ってしまいますよね。ということは、審査に不利になるということです。ですから、消費者金融で完済していても、かつて延滞していたのであれば、新しくカードローンに申し込みしても、少し審査に不利になると考えておいた方がよいでしょう。

しかし、あまりに昔の延滞情報だったり、ほんの2、3日の延滞だったりすれば、信用情報機関にその情報が残っていない可能性の方が高いですから、そこまで神経質になる必要はありません。それよりも、現在の収入状況で、銀行カードローンに申し込みして、しっかり返済して便利に使えるかどうかの方がより重要です。

同時にいくつ申し込みできる?

消費者金融で返した後、銀行カードローンに申し込みする時には、最大でいくつまで同時に申し込みできるのでしょうか。

実は、何社までしか申し込みできない、というルールは定められていません。あなたは、消費者金融へ返済しながらでも、返済し終わってからでも、銀行と消費者金融のどちらにでも、好きなだけ申し込みすることができます。

しかし、あまりにたくさん申し込みしてしまうのは、リスクがあります。それは、「申し込みブラック」になってしまう可能性があるということです。申し込みブラックとは、申し込みしたカードローン会社に次々に審査落ちしてしまって、急に、審査に落ちた経歴があなたの信用情報機関にたくさんつくことを言います。

あまりに審査落ちした情報が増えてしまうと、「この人はこんなに審査に落ちてしまった、怪しいのではないか」と思われる可能性があるのです。ですので、同時に2社くらいまで申し込みは抑えておくのがよいと言われています。もちろん、すべてのカードローン会社の審査に通ったら、問題はないのですが、そういうわけにはなかなかいかないでしょう。

カードローンを便利に使うために

これまで、カードローンの審査について、割と厳しい視点で見てまいりましたが、カードローンは、正しく使えば、実に便利なものです。審査に通らなかったことが続いたり、新しく借り入れするのが難しい状況になったりすれば、確かに、カードローンには悪いイメージがついてしまうかもしれませんが、利息さえ払えば、いつでも好きな時に好きなだけお金を借りることができるサービスは、我々の強い味方になってくれるといっていいでしょう。

カードローンを便利に使うためには、その危険性と利便性の両方を知っておく必要があります。

基本的に複数の借り入れは危険

先ほど、「申し込みブラック」について触れましたが、基本的には、複数のカードローンでの同時借り入れは危険です。なぜなら、第一に、お金の管理が難しくなるからです。

カードローンの計算は大変です。金利も、会社によってバラバラですし、借り入れする金額と、利息の関係も大変です。借りた期間が長くなればなるほど、金利はたくさん払わなければならないことは、誰もがわかっているかもしれませんが、何日借りたらいくら金利が発生するのかをいちいち計算して借りられない、という人が大半でしょう。

「まあ大丈夫だろう」という油断で借り続けてしまうと、後から、とんでもないことになっているのに気が付き、取り返しのつかないことに・・・というのが、カードローンの怖ろしさです。

一社だけでも、計算が大変なのに、2社・3社ともなると、そのリスクは非常に大きくなります。基本的には、会社によって金利が異なりますし、返済日も異なります。それをいちいち把握するのは至難の業とも言えるでしょう。

また、3社・4社と借り入れが重なると、新しくカードローンを申し込みする時に、非常に不利になります。すでにこんなに借金があるのに、新しくカードローンを申し込みしても、返済できないのではないか、と、カードローン会社は考えるからです。3社以上の借り入れだと、急激に審査が厳しくなるというふうに言われていますので、要注意です。それは、銀行でも消費者金融でも変わりません。

新規で申し込みは意外とイケる!

消費者金融会社で借りていて、返済し終わったばかりの時は、新しくカードローンを申し込みしても、通るかどうか不安になってしまうかもしれません。しかし、消費者金融で返した後、しばらく時間が経っていれば、新規で申し込みしたのと同じことになるので、審査はとくべつ厳しくはなりません。

消費者金融で返し終わったのが、5年も10年も前のことなら、なおさらです。また新しくまっさらな状態で、銀行カードローンから借り入れすることができるでしょう。万が一審査に通らなかったことがあるとするならば、あなたの収入や職業に問題があるはずです。

銀行でも消費者金融会社でも、現在のあなたの状況を見て審査します。5年も10年も前のことは、そこまで大事にはしません。ですから、慎重になりすぎず、だめでもともとという気持ちで申し込みしてみると、意外とうまくいくかもしれませんよ。

比較するのが大事

便利にカードローンを利用するためには、何よりも会社選びが大切です。そのためには比較するのが一番です。あなたがカードローンに求めるものはなんですか?スピードなのか、無利息期間などのサービスか、金利の低さか。あなたが大切にするものによって、あなたに最適のカードローン会社も違います。

カードローンの審査の通りやすさで比較するのもよいですが、まずは、サービスや金利から選ぶのがよいでしょう。これまで見てきたとおり、消費者金融で返した後でも、銀行などのカードローンには、条件によって、じゅうぶん審査に通る可能性があります。ですので、まずは、カードローン会社を比較して、あなたに最適なカードローン会社を選ぶことが重要なのです。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンは多重債務の人でも借りられる?

新着記事
TOPICS