> > > ※初心者向け※ローン在籍確認の流れを一発で知りたい人はコチラ

※初心者向け※ローン在籍確認の流れを一発で知りたい人はコチラ

お金を借りる時にもっともコワイのは・・・ヤミ金融?取り立て?それとも、審査・・・?

カードローンは、あなたがお金に困った時に、気軽に素早く借りられる、大変便利なものです。

しかし、だれでもカードローンを利用できるとは限りません。たとえば、無職で、お金を稼いでいない人にお金を貸したら、返済してくれるとは思えませんよね。また、無職ではなくても、すでに借金が大変にたくさんある人であれば、新しく借金をしたら、もう返済できないかもしれません。
(⇒カードローンは無職でも借りられる?

そのようなリスクを避けるために、カードローン会社は、あなたに「審査」を行います。審査というと、なんだかドキドキしちゃいますよね。カードローンの審査について、だれにでも分かりやすく解説します。

カードローンの審査のポイント

カードローンには、なぜ審査があるのでしょうか?審査なんてなければ、もっとカンタンに借りることができるのになあ・・・なんて、嘆いたことのある人は、決して少なくないかもしれませんね。

審査は会社を守るため?

カードローンの審査は、「この人にお金を貸したら、ちゃんと返ってくるかどうか」という点を見ます。お金を貸して返ってこなかったら、カードローン会社がボランティアになってしまい、商売にならないからですね。

カードローン会社は、お客さんが支払う金利で儲けを出しています。ということは、たくさん借りてたくさん金利を支払ってくれるお客さんが、カードローン会社にとってはありがたいお客さんといえるわけです。

ですので、審査では、職業や年収が重要になります。たとえば、アルバイトの人よりも、公務員の人の方が、ローン審査で圧倒的に有利になるわけです。アルバイトだと年収も低いですし、何より、継続して働けるかわからないからです。
(⇒職業別利用できるカードローン情報

一方、公務員だと、国や地方で働く人たちですから、職を失う可能性が低いです。長期間、安定して収入を得ることができるので、カードローンを借りても、長い間たくさん借り続けてくれる可能性が高まります。そうすると、カードローン会社の収入も安定してくる、というわけですね。

そのような点ばかり見ると、「なんだ、審査は、ローン会社の儲けのためだけにあるのか・・・」なんて、ちょっと憎らしく思うかもしれません。確かに、そういう点はあります。けれども、カードローンの審査というのは、そればかりではないのです。

ローン審査はあなたを守る

審査は、実は、あなたを守るものでもあるのです。いったいどういうことなのでしょうか。

もし、あなたが、月収20万円なのに、いきなり100万円の借金を背負ったらどうなるでしょう。急に返済することはできませんよね。分割払いで返済するということになりそうですが、それも、毎月いくらになるのか計算しないとなりませんし、収入が安定していなければ、返済できない月が出てくるかもしれません。

一生かかっても返済できない・・・なんてことになってしまったら?そうなると、自己破産などの手続きを踏むしかありません。自己破産や債務整理には、大変リスクが伴います。そうなってしまうと、借りた側も借りる側も、誰一人得をしないのです。

「この私がそんなふうになるなんて・・・」と、誰もが思うかもしれません。もちろん、急に100万円の借金を背負う可能性は、それほど高いとはいえません。しかし、「ちょっとだけなら大丈夫だろう」という借り入れが積み重なって、高い金利を少しづつ重ねて、気がついた時には、返済できないくらいの量になっていた!ということは、非常によくあることです。

そうならないように、審査があるのです。

あなたの年収や、他社からの借り入れを、カードローン会社がチェックしてくれて、あなたが今借りても安心な金額を出してくれるのが審査なのです。

もしあなたが今は借りたら危険な状態だと会社側が判断したら、融資額0円の審査結果が出ることでしょう。

お金に困っているときに、まったく融資してくれない、ということになったら、こちらとしては困ってしまいますが、しかし、あとから来る借金地獄や自己破産の危険性を考えれば、今のうちにストップしておいた方が、長い人生において、確かに安心ではあります。

カードローンの審査ときくと、なんだかイヤなイメージがあったり、煩わしさを感じるかもしれませんが、その実、あなたを守るためだと考えれば、少しは前向きに審査が受けられるようになるかもしれませんね。

ローンの審査に通りやすい職業

さて、そこまで確認したところで、審査に通りやすい職業・審査に通るのが難しい職業を知っておきましょう。在籍確認においても、職業は大変大切です。

カードローン審査に通りやすい順番で職業を表にします。

職業 向いているカードローン 備考
公務員 お好みで! 公務員はやはり安定感抜群
正社員 銀行・大手消費者金融 年収によって通りやすさは異なる
派遣社員・自営業 消費者金融・地銀 収入が不安定というイメージあり
アルバイト・パート アルバイトでもオッケーの銀行 アルバイト可能の会社を選ぶべし
主婦 ネットバンク・地銀 専業主婦は夫に要相談
年金受給者 地銀・中小消費者金融 年齢の上限に注意
無職 借りられません _

年収に自信がなくても、安定した収入さえあれば、どこかのカードローン会社で審査は受けられますし、通る可能性も、決して低くはありません。カードローン会社は実にたくさんありますので、多くの人が利用できるようになっています。あなたの職業で通りやすいカードローン会社を選ぶのが重要なのです。

在籍確認の流れ

カードローン会社の審査で重要なもののひとつが「在籍確認」です。在籍確認はどんな流れで行われるのか、在籍確認とはどのようなものなのか、詳しく解説します。

在籍確認って何?

上記の表でも見たとおり、カードローンの審査にとって、職業や収入先は大変重要です。あなたがしっかり働いて、収入を得ているということを証明しなければ、カードローン会社はお金を貸してくれません。

そこで、カードローン会社の申し込みは、あなたの職業や、お勤め先の連絡先を、カードローン会社に伝えることになるのですが、それだけだと、あなたが100パーセント働いているかどうかはわかりませんよね。紙に書かれた情報だけでは、あなたが万が一ウソをついていた場合、判断がつかないからです。

というわけで、カードローン会社は、あなたのお勤め先に、電話連絡をして、あなたが本当にそこで働いているかどうか、確認するのです。それを「在籍確認」といいます。

在籍確認はどのタイミング?

在籍確認は、あなたがカードローンに申し込みして、どのタイミングで行われるのでしょうか。

大手カードローン会社に申し込みする主流の方法は、やはりインターネットです。インターネットで申し込みする時には、仮審査というものが多くのカードローン会社で行われます。これは、お気軽に審査を受けられるシステムです。

この仮審査では、あなたの職業や年収はきかれても、勤め先の連絡先やあなたの個人情報はまだ聞かれません。この仮審査では、あなたの希望額とあなたの年収を照らしあわせて、借りられるかどうか?をかんたんに見るのが目的ですから、本審査とはまた違ったものです。

仮審査に通ったら、本審査に進みます。本審査では、あなたの住所や連絡先の他、お勤め先の電話番号等も聞かれます。仮審査と本審査が分かれていないカードローンの場合では、あなたの連絡先や、お勤め先の連絡先を提出した時点で、本審査に入ったと思っておいてよいでしょう。

あなたのお勤め先の連絡先を提出して、早い時はその日中に。もし申し込みしたのが営業時間外であれば、営業日になってから、在籍確認の電話がお勤め先に入るはずです。審査のスピードは、カードローン会社によって違うので、絶対にこうとはいえませんが、カードローンは今、どの会社もスピードを争うものになっていますから、早めに在籍確認されると思っておいた方がよいでしょう。

在籍確認で聞かれること

「勤め先に電話がかかってくる」というと、なんとなく、ドキッとしちゃいますよね。どんなことを聞かれるんだろう・・・と、不安に思ってしまうかもしれません。

しかし、そこまで在籍確認を恐れる必要はありません。在籍確認で聞かれることはごくカンタンなことばかりです。あなたの連絡先や名前・生年月日くらいのものです。もともと出してある書類と照らしあわせて、間違いがないか確認するだけですから、すぐに終わります。

在籍確認は本人不在でも良いの?

在籍確認というと、申し込みした本人が直接電話に出なければならないのかな、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。営業職だったりして、外回りの多い方なら、いつも会社にいるとは限らないでしょう。その場合、会社で電話に出たスタッフが、「○○さんは不在です」などと受け答えするはずです。

不在の場合でも、在籍確認が取れずに、カードローンに通らないということはありません。あなたが働いていることがわかれば良いのです。

在籍確認で会社にバレる?

多くの方が最も気にすることは、「在籍確認のせいで、会社の同僚や上司にキャッシングすることがバレるのでは」ということではないでしょうか。

確かに、「○○カードローンですが~」などと電話がかかってくれば、あの人はカードローンで借りてるんだ・・・というふうにバレてしまうことでしょう。また、私用で勤め先に電話がかかってくるというのは、なんとも気まずいものですよね。

しかし、大手カードローン会社や銀行は、あなたのプライバシーを守ってくれます。在籍確認もそのひとつ。会社名を名乗って在籍確認すれば、当然、プライバシーに関わります。ですから、基本的には、個人名だったり、保険会社を装って在籍確認の電話をするのだそうです。

会社によっては、男性だとコワイイメージが生まれるということで、在籍確認は女性スタッフに任せるというところもあるくらいです。

そこまでプライバシーに気を配っているのですから、安心してカードローンに申し込みできるというものですね。

在籍確認がないローンがある?

プライバシーは守られているかもしれないけれど、在籍確認があるのが困るため、在籍確認がないカードローンに申し込みしたい。そういう方もいます。

在籍確認がないローンがあるというのは本当でしょうか。

在籍確認がないと宣伝していても

確かに、「在籍確認ナシ」と宣伝しているカードローン会社もあります。在籍確認がイヤな人たちにとっては、そのカードローン会社に申し込みしようかな、と思わせる宣伝文句です。しかし、本当に在籍確認がなければ、そのカードローン会社は、財産を失ってしまうことにもなりかねません。

在籍確認がなければ、無職の人でも、「会社員」などとウソをついて、審査に通ってしまうことにもなるからです。そうなると、返済してくれないために、カードローン会社は大損してしまいますよね。

ですから、在籍確認がないカードローン会社というのはありえません。必ず、なんらかの方法で在籍確認をしています。たとえば、「○○カードローンですが・・・」などと、会社名を名乗らずに、個人名で「こっそり」在籍確認をするという意味で、「カードローン会社としての在籍確認はありません」ということかもしれません。

在籍確認は電話以外でもできる

在籍確認が困る、というのではなくて、在籍確認で電話がかかってくるというのは困る、という方に朗報です!在籍確認は、会社によっては、きっちりした流れをくめば、電話以外でも行うことができるのです。

たとえば、収入証明書や、会社の社員証。写真付のものだとなおさら良いですね。源泉徴収票や、ここ数ヶ月の給料明細などでも、ローン会社によっては可能です。これらの証明書を、ローン会社に提出することによって、電話での在籍確認を避けることができる場合があるのです。

ただ、カードローン会社によって対応は違いますので、在籍確認のことが気になる場合は、申し込みの時に聞いてみましょう。

在籍確認でローン会社を選ぶ

とにかく星の数ほどあるのがカードローン会社です。その中から、あなたに合ったカードローンを選ぶのは大変!

カードローンを比較するポイントはたくさんあります。

金利はもちろん、即日融資オッケーかどうか、銀行か消費者金融会社か、ATMの手数料は無料か、また、サービスを重視して、無利息期間キャンペーンや、キャッシュバックサービスなどがあるかどうかなども重要です。

ここでは、在籍確認で、代表的なローン会社を比較してみましょう。

大手都市銀行の在籍確認

三井住友銀行カードローンや、三菱東京UFJ銀行などの、都市銀行カードローンは、即日融資をしてくれる銀行のカードローンとして評判です。一方、地方銀行のカードローンは、即日融資には対応していないところが多いです。

即日融資ということは、急いでいる時にお金をすぐに借りられるということですから、大変便利ですよね。しかし、やはり忘れてならないのは、カードローンの審査です。この審査に通らなければ、即日融資も難しいです。

銀行のカードローンには必ず電話での在籍確認があります。この在籍確認をパスしなければ、即日融資も難しいのです。(こちらもご参考に→在籍確認は電話以外の方法もある?

この点、土日になると営業していない銀行のカードローンは、スピードを求めるのであれば、少々厳しいかもしれません。銀行のカードローンに、土日に申し込みしても、営業していないため、審査が進まないのです。また、あなたのお勤め先の会社が土日休みであれば、在籍確認はできませんから、即日融資はやはり難しいですよね。

もちろん、平日の営業時間内であれば、在籍確認もすぐにしてくれるので、スピーディーに借り入れできます。

大手消費者金融の在籍確認

とにかく急いでいるあなたは、大手消費者金融会社の即日融資がオススメです。アコム・アイフル・モビットなどの、毎日のようにテレビコマーシャルで見るような大手消費者金融会社であれば、土日関係なく審査や在籍確認も行ってくれるので、融通がききやすいです。

たとえば、アコムでは、在籍確認が取れるまでは融資しないというわけではなく、限度額を低めにおさえておきながら即日融資してくれて、在籍確認が取れ次第、限度額を適正にしてくれるということです。

他の会社も、あなたのお勤め先に在籍確認が取れなかったとしても、給与明細や収入証明書を提出することで、在籍確認の代わりとするということができるので、電話連絡以外の方法で在籍確認を取りたいあなたにオススメです。

保証会社で選ぶのも良いかも!

ところで、カードローンの審査は、その銀行や消費者金融というわけではなく、「保証会社」が行っているということをご存じですか?

たとえば、銀行のカードローンだと、○○銀行から在籍確認の電話がくる、と思いがちですが、実際は、その銀行が契約している保証会社から在籍確認が来るのです。

たとえば、三菱東京UFJ銀行のカードローンは、そのグループ会社であるアコムが保証会社となっているために、三菱東京UFJ銀行のカードローンに申し込みしたのにもかかわらず、アコムから在籍確認の連絡が来るのです。知らないとちょっとビックリしてしまうかもしれませんね。

大手消費者金融だと、保証会社もローンの会社も両方その会社でやっているところもありますから、申し込み先と、在籍確認するところが同じの場合もありますが、必ずしもすべてがそうではないということを覚えておきましょう。

新しくカードローンを申し込みしようかな、と考えているあなたは、過去に利用した保証会社が保証しているカードローン会社を選ぶというのも、決め手のひとつになるかもしれません。

【参考ページはこちら】
会社確認は問題なし!カードローンの活用法

新着記事
TOPICS