> > > 【真相解明】レイクなら親バレしないで借りられるってホント?

【真相解明】レイクなら親バレしないで借りられるってホント?

今月、どうしてもお金がない!急な出費で、明日までに10万円用意しなければならない・・・。そんな時、あなたが頼れるところはありますか?

庶民のお金事情の強い味方であるカードローン。でも、初心者が、カードローンをなんの知識もなく利用するのは、大変な危険が潜んでいます。

親バレするというのもそのひとつ。カードローンを利用することを、誰にも知られたくないという人は大変多いです。とくに、身近な人にこそ、知られたくないですよね。

カードローンを利用すると親バレしてしまうものなのでしょうか?人気カードローンのレイクなら、親バレしない!といううわさは本当なのか、検証します!

カードローンで親バレする時

あなたは、カードローンを借りる流れをご存じですか?どんなふうに借りて、どんなふうに返して、どんな時に親バレするのか、まずは知りましょう。

カードローンに申し込みする

カードローンに申し込みするのは、基本的にとてもかんたんです。一昔前は、直接店舗に行ったり、電話やFAXで時間をかけて申し込みしたりしました。(今もそういう消費者金融会社はあります)

大手のカードローン会社であれば、今は、インターネットで24時間サクサク申し込みするのが主流です。スマホからでも審査を受けやすくなったので、だれでもかんたんに申し込みできるようになりました。

この、申し込みする時点で、親バレすることはあるのでしょうか。

大手カードローン会社や銀行であれば、申し込みしたというだけで親バレするというのはほとんどありえません。インターネットで申し込みできるので、親があなたのケータイやパソコンを覗き見たりさえしなければ、バレることはないでしょう。

しかし、審査の時はどうでしょうか?

カードローンの審査って?

カードローンの審査は、大きく分けて二つです。仮審査と本審査です。カードローン会社によって、他の言い方をすることもあります。(こちらもご参考に→審査基準が緩いカードローンってある?

仮審査では、あなたの職業や年収で借りられるかどうかを、一瞬で判断します。スピードを重視した、簡易審査と言えます。急いでお金が必要な人向けに、かんたんに審査を受けやすくしたサービスです。

仮審査は、必要な情報をPCやスマホの画面で入力するだけで、その場で画面に結果が表示されます。必要な情報は、「あなたが借りたい金額」や「年収」や「他社からの借り入れがあるかどうか」などです。会社によって違いますが、だいたいそんなところです。

その仮審査では、あくまで仮審査ですから、あなたの個人情報は会社側に伝える必要はありません。ですので、親バレすることもありません。それでは、続いての本審査ではどうでしょうか。

仮審査に通ったら、本審査に進みます。本審査では、あなたの住所や電話番号等の連絡先はもちろんのこと、職場の連絡先など細かなことも会社側に伝えます。学生さんでアルバイトの場合は、そのアルバイト先の連絡先を伝える必要があります。

自宅の電話番号や、アルバイト先の電話番号などを伝えると、「バレないかな?」と、ちょっとドキドキしてしまいますよね。この電話番号は、どんな時に使われるのでしょうか。

在籍確認って何?

カードローンの審査では、必ず「在籍確認」というものがあります。在籍確認とは、あなたが本当に働いていて、収入があるかどうかをチェックするものです。

あなたの自己申告では、無職なのに職があるとウソをつかれても、その真偽をチェックできません。しかし、あなたの職場の連絡先を聞いておいて、そこに電話して「○○さんはいらっしゃいますか?」とたずね、あなたが実際に電話口に出たら、本当に働いているという証明になりますよね。

ですので、カードローン会社は、電話でこの在籍確認をするのです。収入がちゃんとあれば、お金を貸しても返してくれると安心できますので、審査に通しやすくなるのです。

延滞したら親バレする!

自宅の電話番号や住所は、何に使われるのでしょうか。それは、あなたが、カードローン会社との約束を破った時に使われます。

つまり、延滞してしまったり、連絡がつかなかったりする時に、自宅や親のケータイ電話などに連絡が行く場合があるのです。

あなたにお金を貸しているのに、あなたに連絡がつかなくなってしまったら、ローン会社は心配になってしまいますよね。そうすると、あなた以外の連絡先に、あなたの消息を尋ねる連絡がいくのは自然です。

逆に言えば、あなたがしっかりと契約を守り、返済の期限をやぶったりしなければ、親に連絡がいくことはないのです。ふつうに便利に使っている分には、親バレしない!ということですね。

カードが届く時に親バレする?

順番が逆になりますが、カードローンの審査に通った時に、親バレする可能性がある重要なことがあるのです。それは、カードの受け取りです。

カードローンはその名の通り、カードを利用したキャッシングです。カード一枚さえあれば、コンビニのATMなどでも気軽にお金を借りることができるのが人気の秘密のひとつですね。

ですので、審査に通ったら、カードを受け取らなければなりません。そのために、自宅に郵送してもらった場合。親と同居していたら、もしかしたらその郵送物から親バレしてしまうかもしれません!

郵送物に、「○○カードローン」などと書いてあって、親がその郵送物を見たら・・・疑われること必須ですよね。

このことが心配なあなたは、ぜひ、下記の「レイクで借りる流れ」をご覧ください。

レイクで借りる流れ

さて、以上で、カードローンを借りるだいたいの流れを、おおざっぱではありますがご説明しました。親バレするかどうかは、カードローン会社によって決まるということもおさえておかなければなりません。

ここでは、人気のカードローン「レイク」で借りる流れをご紹介しますね。

レイクの申し込み方法

レイクでは、インターネットの申し込みがやはり主流です。レイクのサイトにて、「審査結果がすぐにわかる」というところをクリックすれば、パソコンから申し込みするのがとってもカンタンにできます。
(⇒レイクのカードローンでお得に借り入れ

申し込みするのに必要なのは、契約希望額と、あなたの連絡先だけ。身分証明書や収入証明書などは、この時点で一切要りません。急いでいるときに、便利ですよね。

パソコンからだとちょっと不安・・・という方は、フリーダイヤルの電話でもオッケーです。また、レイクのお店に直接行くのももちろんオッケー。さらに、郵送でも大丈夫です。インターネットは家族と共有だから不安・・・という場合でも、これなら安心ですよね。

審査に通ったらいざ契約

無事に審査に通ったら、契約後、希望額をキャッシングすることになります。その時に、カードが自宅に届いたり、来店する必要があったりして外出を親に怪しまれたりしたら、親バレしてしまうかも・・・と思う方も多いかもしれません。

レイクでの契約方法は、あなたのご都合に合わせて選べます。主流のインターネットであれば、審査結果はパソコンやケータイ電話の画面に表示されるので、郵送物などが届くことはありません。もちろん、郵送でもオッケーですし、直接来店しても大丈夫です。電話で申し込みも可能。その電話口で直接、審査結果を伝えてくれます。

また、契約の時には身分証明書が必要です。運転免許証や健康保険証などのメジャーなものだけで大丈夫ですので安心してくださいね。その身分証明書の提出も、メールやFAXでオッケーなので、大変気軽に申し込みすることができます。

ということは、レイクならば、郵送物から親バレすることはなさそうですよね!それでは、レイクなら親バレしないのかどうか、もっと詳しく見ていきましょう。

レイクなら親バレしないの?

申し込みから借りるまで、プライバシーを守られているレイク。さすが、大手のカードローンです。でも、レイクって本当に親バレしない?というか、どんなカードローンなの?

そんなふうに、不安がのこったまま申し込みしてしまうのは、大変危険なことです。レイクが親バレしないカードローンなのかどうか、しっかりチェックして参りましょう!

レイクってどんなカードローン?

お金を急いで借りたいあなたは、もしかして、レイクは消費者金融会社のカードローンだと思っていませんか?レイクは、銀行のカードローンなのです。

カードローンには、「消費者金融会社」と「銀行」の、大きく分けて二つの種類があります。大手都市銀行の方が安心感があり、多くのお客さんに支持されているようですが、大手の消費者金融会社は、サービスの充実が評判になり、これもまた人気があります。

レイクというと、少し前は、消費者金融会社のカードローンの名前でした。ところが、現在では、新生銀行のカードローンになっているのです。昔、新生銀行のグループ会社のカードローンだったところ、現在では新生銀行のそのもののカードローンになったのです。

銀行のカードローンということは、親バレしない点においても、多くのメリットがあります。

銀行だと怪しまれない?!

銀行のカードローンだと、カードローン契約後、たとえ、郵送物が来たとしても、なんとなく安心ではありませんか?というのも、「○○カードローン」という名前の書かれた封筒が来る心配がないからです。

銀行からの郵送物で、「○○銀行」とだけ書かれたものであれば、銀行からのお知らせかな、くらいに思われて、中身がカードローンだと思われる可能性がとても低くなりますよね。また、カード自体も、銀行のキャッシュカードに見えるため、借りる時も怪しまれません。(銀行の中には、キャッシュカードでそのままキャッシングできるところもあるくらいです。便利ですね。)

このような点で、レイクは、親バレしにくいカードローンといえるでしょう。

レイクのサービスは超充実

親バレしにくいレイクは、銀行なのにもかかわらず、消費者金融会社並みのサービスで評判です。これは、レイクで借りる時の大変なメリットですから、ぜひおさえておくべきですよ。

レイクでは、無利息期間キャッシングというサービスがあります。一定の期間、無利息で借りられるのです。無利息ということは、レイクから無料でお金を借りることができるというのですから、こんなにオトクなことはありませんよね。

無利息期間が選べるのはレイクだけです。「30日無利息」か、「180日無利息」のどちらかを選ぶことができます。30日だと、制限なしで借り入れできますが、180日だと5万円までの借り入れが無利息になります。

これをうまく活用すれば、ほとんど自分のお金を使わずに、急場をしのぐことができちゃいますよ。

また、新生銀行のカードローンなので、新生銀行のATMを無料で使うことができます。ATMの手数料は、重なるとバカにならないんですよね。その手数料が0円になるのは、かなりオトクで助かります。

さて、このように、便利でオトク、しかも親バレしにくいカードローンであるレイクではありますが・・・親バレする危険性とともに、「親に内緒で借りる危険性」というのも、おさえておかなければなりません。

お金を借りるのは、大変便利なこともありますが、やはり危険といつも隣り合わせにあるようなものです。何度も言いますが、不安を残してキャッシングすると必ず後悔します。

親に内緒で借りる危険性

とくに学生さんは、親に内緒で借りたいな、と思うかもしれません。その気持ちのウラには、「親に心配をかけたくない」「お金が必要な理由を知られたくない」などがあるかもしれません。確かに、親に知られてしまうと、あなたにとってリスクは高いでしょう。

しかし、親に内緒で借りるというのも、大変危険があるのです。

返済できず親バレした

もっとも多いのは、借りるには借りることができたけれど、返済に失敗して、親バレしてしまったという件です。

返済日が来たけどお金が手元になくて返済できず、キャッシング会社からの連絡が来てもこわくて無視していたら、自宅に連絡がきて、親にバレてしまった。

そういうパターンが大変多いようです。

そうなると、親にとっては、ダブルでショックです。子どもがカードローンを借りていたことを秘密にしていたショックと、返済が滞っていて借金が膨らんでいるというショックのふたつを、同時にあたえてしまうことになります。それならば、キャッシングする時点で親に伝えておいた方が、まだリスクは少ないと感じるのではないでしょうか。

返済するのは意外と大変かも

「だったら、返済をしっかりすればいいんでしょ?大丈夫だよ!」と思うかもしれません。しかし、会社からお金を借りるということは、思ったよりも大変だということを、意識しておく必要があります。

キャッシングの金利は大変高いです。基本的に、18パーセントの金利で借りることになります。レイクでも、最大金利が18パーセントですから、最初に申し込みするときは、よっぽど高給取りではないと、18パーセントでの借り入れということになるでしょう。

18パーセントということは、1万円を一年借りたら、1800円の利息がつくということです。「なんだ、それだけか」と思うかもしれませんが、ちりも積もれば山となる、で、あっという間に利息が増えてしまうのが、カードローンなのです。

さらに、カードローンは、カード一枚さえあればどこでも気軽にお金を借りることができるので、自分でも気がつかないうちに、キャッシング額が増えて、利息が増えてしまうものなのです。

気がついた時には、「えっ!こんな大金、バイトじゃ返せない!」と、ショックを受けることに・・・。ですが、返済する義務からは逃れられません。たとえまだ若くても、学生でアルバイト生活であっても、誰も助けてくれません。そうなると、あなたはどうしますか?あなたがお金を手に入れるために、まず、誰に助けを求めますか?

あなたが困っている時にいつも助けてくれた、一番身近な親なのではないでしょうか。しかし、あなたが内緒にしていたことによって、親は、かなりショックを受けることでしょう。

親に相談する勇気を持つ

こんなふうに、親にバレることには、大変リスクが伴いますが、親に隠すということも、それ以上のリスクが伴うことなのです。

カードローンでは、お金を会社から借りますよね。無料で借りるわけではなくて、しっかりと金利を払って借ります。「お金を貸してくれてありがとう」という、お礼のようなお金を、カードローン会社に払って、契約した期間お金を借りるという、立派な消費です。

このように、何も悪いことはしていないのに、利用するのになんとなく後ろめたい気持ちがするのがカードローンかもしれません。だからこそ、カードローンで親バレするのがイヤだな、と思うんですね。

しかし、カードローンで借りること自体は、何も悪くはありません。問題なのは、借りたまま返済が滞ってしまうことなのです。

カードローンを利用する人の中には、そういう人で、しかもそれが原因で職を追われたり健康を害してしまったりする人もいるために、ことさら目立ってその悪い部分ばかりが取り上げられますが、実際は、便利にカードローンを利用している人の方が多いのです。そうでなければ、こんなにたくさんのカードローン会社が、どうして営業を続けていられるでしょうか。

あなたが、急にお金が必要になったら。まず、親に相談してみましょう。カードローンを借りることになるのであれば、親としっかり相談して、お互いが納得した上で、借りましょう。もし親がカードローンを反対した場合は、どうしたら必要なお金を手に入れることができるか、一緒に考えてもらいましょう。

その時はつらいかもしれませんが、あとから来るリスクを考えれば、今話してしまうのが最も安心です。ピンチはチャンスですから、そのことによって、親子の仲も深まるかもしれません。お金に困った時こそ、お金について、さらに、人間関係についても、勉強することができるチャンスなのです。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローンが突然使えなくなった原因は?

新着記事
TOPICS