> > > 銀行カードローン、審査が厳しい会社は一番に何を基準にするのか

銀行カードローン、審査が厳しい会社は一番に何を基準にするのか

銀行のカードローンは審査が厳しいと言われますが、特に審査の何を一番に重要視するのでしょうか。消費者金融とでは審査基準にどのような違いがあるのでしょうか。銀行のカードローンの審査が厳しいと思われる理由についてお話ししましょう。

銀行のカードローンの審査基準

一般的に銀行のカードローンは審査が厳しく消費者金融は審査が甘いと言われます。はたしてそうなのでしょうか?確かに以前は銀行のカードローンの審査に落ちた人が消費者金融の審査には通ったと言う事例があったのも事実です。(こちらもご参考に→審査基準が緩いカードローンを教えて!

これは銀行の審査基準と消費者金融の基準とに違いがあった為と思われます。銀行では属性を重視し、勤務形態や年収が重視される傾向にありました。これは極力回収不能となるリスクを抱えない と言う銀行カードローンのあり方によるものです。

低金利実現にはリスク回避が必要

銀行のカードローンの特長は何と言っても低金利 だと言う事です。多少の差はあってもどの銀行カードローンも上限14%前後の金利設定となっています。消費者金融の金利が上限18%前後ですからずいぶん違ってきます。

この低金利実現には優良顧客を獲得すると言う事と重要なかかわりがあるのです。ご存知のようにカードローン会社は融資した金額にかかる利息を利益としています。返済はもちろんですが、元金プラス利息分を完済されて初めて利益があると言う事になります。

それが途中で返済不能となってしまうと利益どころか元金も回収できないと言う状態になってしまいます。そのリスクを補う為には金利をいくぶん高く設定する必要があるのが実情です。貸金業法改正以前、消費者金融はとにかく多くの顧客を獲得する事に力を入れていました。

回収不能になるかも分からないリスクを抱えてでも顧客を増やして行ったのです。その結果多重債務者などが多く破綻し、貸金業法改正により消費者金融の経営自体も低迷期を迎えました。そして現在は大手消費者金融は銀行と提携し、経営を立て直しているのです。

銀行は優良顧客獲得を目指す

そして消費者金融は今銀行カードローンの顧客に多い優良な顧客 を確保する事を目指しています。銀行のカードローンの審査が厳しいと言われるのは、リスクを抱える事のない優良顧客を獲得する事に力を入れているからです。

審査基準は消費者金融も銀行もさほど変わりはないのです。ただ、銀行のカードローンの場合は優良顧客に拘るために、基準から少しでも外れた場合は審査に落ちてしまう事が多いのです。 スコアリングがあまり良くない場合、信用情報を照会した結果が悪くなくても希望に添えない場合もあります。

その点消費者金融は総合的な結果を重視するので、許容範囲が広くなるのでしょう。銀行カードローンの審査に落ちた人でも消費者金融の審査には通ったと言うのはこの為です。だからと言って銀行のカードローンの審査をむやみに怖がる必要はありませんよ。

それでは本題の銀行のカードローンの審査基準についてお話ししましょう。消費者金融は貸金業法の総量規制を受けますが銀行のカードローンは規制対象外です。本人収入のない専業主婦でも配偶者に収入があれば申込み出来ます。収入の少ないアルバイトやパート社員にも間口を広げています。

それでもやはり収入の額はかなりの比重を占めるようです。銀行によっては年収の下限を条件に明記している所もあります。消費者金融では概ね年収額よりもどれだけ安定した収入があるかと言う事が重視されるようです。

低収入の人は総量規制で年収の3分の1以内の限度額であっても消費者金融の方が審査を通過し易いと言えますね。ただ今の大手銀行は大手消費者金融と提携し、審査に関しては消費者金融会社を保証会社 として、その保証会社に審査を任せる形となっています。

消費者金融のノウハウを取入れる

提携前は銀行独自の審査方法を取っていた銀行のカードローンですが、より迅速な審査と小口融資に必要な審査項目のノウハウを消費者金融会社から取入れ、迅速かつ効率の良い審査が出来るようになりました。

銀行がもともと持っていた優良顧客を確保するというやり方はまた、消費者金融にとってはリスクを抱えない顧客獲得に役だっています。お互いに良い所をのばし不足している所を補いあって伸び悩んでいたカードローン業界の立て直しの元になっているのです。

消費者金融の提携銀行はここ

銀行カードローン 提携消費者金融
三菱東京UFJ銀行 アコム
三井住友銀行 プロミス、モビット
新生銀行 ノーローン、レイク

上記の内レイクは消費者金融としてではなく銀行のカードローンの商品ブランドとなっていますが、このように大手消費者金融のほとんどが銀行と提携 しています。提携がないのはアイフルくらいになってしまいました。

提携する事によって消費者金融はイメージアップを図り、銀行は審査に時間のかかっていた小口融資を即日融資出来るという迅速さに変えたのです。

審査の厳しい銀行の一番の基準は

審査が厳しいと言われる銀行のカードローンについてお話ししましたが、それではより審査の厳しいと言われている銀行は、何を一番の基準にしているのでしょうか。

まず考えられるのは個人信用情報の履歴です。先に述べたように、銀行は何よりも顧客の質に拘っています。優良顧客への融資を目指しているのです。優良顧客と言うのはもちろん融資したお金を間違いなく返済してくれる顧客です。

きちんと回収出来てこその利益なのです。その為には過去に他社への延滞などはなかったか。銀行はまず間違いなく回収できるという事を審査の目的とします。属性ももちろん大切ですが、やはりきちんと返済してくれる人を信頼すると言う事ですね。

消費者金融もまた顧客の質に拘る

今では銀行だけでなく消費者金融も顧客の品質向上を目指しています。 少しくらい不安のある顧客でも取り敢えずは融資対象にして、少し高めの金利で回収不能になった場合のリスクに備える。これが今までの消費者金融のやり方でした。

現在はその金利の上限が法律で定められています。正しく言うと利息制限法の上限利息と刑事罰を受ける出資法の上限利息が同じ20%に統一された為、貸金業者にとっては実質上の金利引き下げとなった訳です。

これではどうしてもリスクを抱える訳には行きませんよね。自ずと審査も厳しいものになります。以前には審査が緩いと言われていた消費者金融の審査状況も今ではかなり変化してきています。

反対に審査に厳しいと言われていた銀行のカードローンはこの消費者金融会社を保証会社とする事で、消費者金融の小口融資審査のノウハウを取り入れ、要点をきちんとついた審査となりしかも迅速に結果がわかると言う長所に繋がりました。

こういう点では、今では銀行、消費者金融の差はほとんど無くなってきていると考えてよいのではないでしょうか。そしてその両者ともが優良顧客の獲得を目指しているのです。

優良の顧客であり続ける為に

優良顧客であり続ける為には何に気を付ければ良いのでしょうか。それは決して難しい事ではありませんよ。計画的に借り入れて、必ず期日までに返済をする事。月々の返済状況は個人信用情報の履歴にしっかりと刻まれます。

どれだけ利用し、毎月返済期日を守っているか、遅延がないか。返済のみでなく、利用も大きな条件となります。使い過ぎるほどではなく、ほどほどに利用してくれる顧客もやはり優良顧客です。

もちろんきちんと返済してこそではありますが。属性に関しては、例えば勤務先を変更したのならその旨きちんと申し出るなど、申込み当初の申告内容に変更が生じた場合はすみやかに申し出る事で、信頼はより増すでしょう。

【参考ページはこちら】
様々な金融機関のカードローン情報が知りたい方におすすめ

新着記事
TOPICS