> > > 無職で収入は年金…でも借りれる所があるのを知っていますか

無職で収入は年金…でも借りれる所があるのを知っていますか

やっと年金受給の年齢になったのに、支給される年金だけでは毎月の生活がぎりぎりで、いざという時にはどうすれば良いのか不安と言われる人が多いです。確かに年々年金の支給額は少なくなっており、しかも各税金も年金から天引きされての支給なので、生活費以外の電気製品が壊れたとか、家を少しリフォームしたいとか、突発的な支出に慌てる事もありますよね。そんな時借入出来る所があったら…と思いませんか。

年金受給者でも融資は受けられる

収入は年金だけと言う年金受給者でも、いざという時に融資してもらえるとしたら本当に心強いですよね。無職の年金受給者でも融資してもらえる所をピックアップしてみましょう。

年金受給者OKは銀行系のみ?

年金受給者融資 年齢制限
バンクイック 年金収入のみでも申込み可能 20歳~65歳未満
みずほ銀行 年金受給のみでも可 20歳~66歳
レイク 年金の受給のみでの申込み可 20歳~70歳

消費者金融のカードローンはやはり総量規制もあり年金のみの収入の場合は申し込み不可となります。銀行のカードローンの場合も年金収入のみでは以上3社に代表されますが、その他、各地方の信用金庫で「シルバーきゃっする」など60歳以上の年金受給者専用のカードローンもあります。上記の銀行カードローンは年齢制限があるので確認の上申し込んで下さい。

年齢制限が65歳までなのは何故

年金受給者は通常65歳以上の年齢です。それなのに65歳を過ぎると年齢制限にかかってしまいます。銀行のカードローンはほとんどが60歳から65歳 までとなっています。これはやはり年金収入であっても、返済途中での死亡など回収不能になるリスクを考えての事ですね。リスクを抱えたくない消費者金融などが年金受給者への融資を見合わせるのは仕方のない事かもわかりません。

その点信用金庫のカードローンは年金受給者のみの対象で60歳~69歳までに融資可能なので、年金生活の人にとっては助かります。信用金庫は各地域の地域密着なので、地元の信用金庫に年金受給者専用のローンがあるか確認して下さい。その際も各地方によって年齢制限などもあるので併せて確認が必要です。(こちらもご参考に→65歳からでも利用できるカードローンの条件

もちろん、年金だけでなくアルバイトやパートでの仕事をしている場合は消費者金融での借入条件の69歳まで申込み可能と言う年齢制限の所へも申し込めます。別に収入がある場合は大手消費者金融でも融資可能となりますから、ぜひ検討して下さい。

知っておこう年金担保融資の事

もう一つ、カードローン以外に年金受給者への融資を行ってくれる所があります。それが「年金担保融資」です。福祉医療機構の年金担保貸付事業が行っている貸付で、年金受給者を対象とした年金担保融資について少し詳しくお話ししましょう。

年金担保融資制度はどんな制度?

年金担保融資制度とは国民年金、厚生年金など年金を担保にして貸付が行える事を法律で認められている制度です。国民年金証書、厚生年金保険年金証書などの証書を持ち、その支給を受けている人が対象になります。

資金使途は冠婚葬祭、医療費、住宅補修、生活必需品購入などとなりますが、次の3つの条件を満たす融資金額が限度額となります。

  • 10万円~200万円の範囲(生活必需品購入は10万円~80万円)
  • 年金額の0.8倍以内
  • 1回の返済額の15倍以内

融資利率は1.8%とかなり低金利となっており、返済は偶数月に支給される年金から指定金額(支給年金の3分の1が上限、下限1万円)を返済に充てる。カードローンなどと違う点は文字通り年金を担保にすると言う所で、年金証書を預かり、年金証書預かり証を引換に渡されます。そして連帯保証人も必要と言う所も違いますね。

年金受給者が融資を受ける為には消費者金融や銀行のカードローンではその範囲が狭まってしまう事はおわかり頂けたと思います。その代わりと言う訳ではありませんが、シニアに優しい年金担保融資があるのです。こういった制度を利用してゆとりのある生活を送るのも良い方法ですね。

インターネットで申込もう

年金受給者がカードローンや年金担保融資に申込む方法や必要書類などについて少し詳しく説明しましょう。まずは年金収入のみでも申込みを受け入れてくれる銀行のカードローンへの申込み方法からです。銀行のカードローンへの申込み方法は年金収入のみの人であっても通常の申込み方法と変わりはありません。

年金受給者で65歳の人なら、みずほ銀行とレイクのカードローンに申込みが可能です。それぞれのカードローンへの申込みからカード発行、融資までどのような手続きでどういった書類が必要なのでしょうか。

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座をすでに持っている人と持っていない人とで申込み手順が少し違ってきます。口座を持っている場合は申込みから融資まですべてインターネットで完結します。口座を持っていない場合もインターネットでの申込みで最短即日融資が可能です。

みずほ銀行口座ありの場合

  • ホームページの申込みフォーマットにて申込み事項を入力送信する
  • 内容に基づき審査、審査結果をメールで回答
  • 必要書類、運転免許証、収入証明書(200万円以上を希望時)を写真撮影後登録用URLへ登録する
  • メールにてカードローン口座開設連絡
  • 銀行キャッシュカードがそのままカードローンカードとして使用可能となる

みずほ銀行口座なしの場合

  • ホームページの申込みフォーマットにて申込み事項を入力送信する
  • 内容に基づき審査、仮審査結果をメールで回答
  • 本申込書類送付、必要書類、運転免許証、収入証明書(200万円以上を希望時)を同封の上返送
  • カードローンカードの発行
  • カード発行前に融資希望の場合は口座へ振込融資可能

年金をみずほ銀行で受給されている場合はそのままキャッシュカードをカードローンカードとして使用出来るので便利ですね。ただし、みずほ銀行の場合は65歳が年齢制限ぎりぎりなので注意して下さい。

新生銀行レイクに申込む場合

  • ホームページの申込みフォーマットにて申込み事項を入力送信する
  • 内容に基づき審査、通常時間帯8時10分~21時50分、第三日曜日8時10分~19時に申込み分は即画面上で結果回答
  • 時間外の申込みについての審査結果は翌営業日にメールでの連絡となる
  • 契約手続きフォーマットへ入力送信、契約内容表示の確認
  • 本人確認書類(運転免許証など)コピーをFAXかメール添付で送信
  • 急ぐ場合は指定口座へ振込融資、カードを本人宛に郵送(自動契約機でのカード発行も可能)

みずほ銀行、レイク共に電話、自動契約機、店頭受付での申込みも同時に行っています。電話、店頭では様々な質問にも丁寧に応えてくれるので、利用されるのも良いですね。

年金担保融資に申込むには

 
通常の銀行での融資と異なる点は、年金担保融資は年金を受け取っている金融機関窓口 (ゆうちょ銀行、農協は除く)での申込みのみとなり、必要書類も借入申込書の他、年金証書と直近の年金支給額を証明する書類(年金振込通知書、年金決定通知書など)が必要となります。

また連帯保証人も必要となり、年金受給を受ける権利を担保にする為、年金証書は金融機関での預かりとなります。通常のカードローンなどとはかなり異なり、金利面、返済額、などいついても特に2014年の12月から融資を受けやすい状況になっています。こういった制度を利用するのもまた良い方法ではないでしょうか。

経済状況もなかなか安定しない中、わずかな年金から税金を引かれ、年々年老いて行く不安や医療費の高騰などでも老後を穏やかに暮らしにくい世の中になってしまいました。どうしても必要な家の補修料金や冠婚葬祭などにかかる費用を低金利で返済も計画的にしやすい、年金担保融資で融資してもらうと言う選択肢があっても良いのではありませんか。

【参考ページはこちら】
無職だけど借りられるカードローンを教えて!

新着記事
TOPICS