> > > 初めてのカードローンなら必見!上手く借入する経験談あれこれ

初めてのカードローンなら必見!上手く借入する経験談あれこれ

初めてカードローンに申込もうと考えているのなら、すでに経験された人の体験談を参考にされると良いですよ。より安全に上手に借入る為に耳を傾けてみて下さいね。

カードローン会社を決めた理由

カードローンを申込むにあたっては様々な理由があると思いますが、まずは何故そのカードローン会社に申込んだのかを聞いてみましょう。

その会社を選んだ一番の決め手は

あなたは何故そのカードローン会社を選んだのですか?
TVでコマーシャルを何度も耳にしていたから、やはり申込むのなら大手消費者金融の方が安心だと思いました。ネットでホームページも確認して、返済方法や金額など、金利を含めてどのようになるのかを、しっかりシミュレーションした上で申込む事が出来ました。細かい所まで目で見て納得する事が出来るのでホームページは欠かせません。
ずばり金利の低さです。銀行のカードローンなら安心だし、金利も低い。より金利の低い所で、早く完済する為に一括返済や随時返済の出来る事も確認して申し込みました。特に少しまとまった金額の融資を受ける場合はこれって大切な事ですよ。支払う利息がぜんぜん違ってきますから。
銀行と消費者金融とでは具体的にどういう点が違いましたか
今は銀行も消費者金融もそれ程の違いはないのではないでしょうか。消費者金融のカードローンも金利は以前のように高くないですし、大手銀行との提携で、イメージ的にもとても良くなっています。もちろん一番の差は金利と言う事になりますけれど、金利が低い分、銀行のカードローンはやはり審査は厳しいですね。本人に収入がある場合に限りますが、消費者金融は年収額よりも安定している事を重視してくれますね。
何と言っても銀行のカードローンは安心感が違う。特にメインバンクだったら、口座を新たに作る必要もなく、カードもキャッシュカードをそのまま利用できる所もあるので便利です。融資限度額は少なくなりますが、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込めますよ。消費者金融は専業主婦は申し込めませんよね。

借り易さと金利の安さ

消費者金融の特長はやはりその借りやすさでしょう。 審査が緩いと言うのではなく、勤務形態に関係なく申込みを受け付けてくれると言う点はアルバイト、パート、そして派遣社員で勤務している人にも借りやすいと言う事になりますね。

消費者金融など貸金業者には貸金業法により総量規制が施行 されています。これは年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないと言う法律です。年収が低いとやはり融資額は少なくなります。それでも勤務形態に関係なく借入が出来ると言うのは消費者金融の良さですね。

銀行のカードローンは総量規制対象外の為、アルバイトやパートなどの人でももちろん申込めるのですが、収入額が審査に大きく関わるのも事実です。銀行のカードローンは金利が低い所が特長です。

この低い金利設定を維持できるのは、優良顧客が多い と言う事も理由のひとつです。回収不能となるリスクを抑える 事で低金利を実現しているのですね。そうなるとある程度の収入額は審査基準となりますよね。

消費者金融は収入の多さよりも安定しているかどうかを重視し、銀行は安定はもちろん収入の多さも重視する所が多いのです。そういう所で消費者金融は審査が緩いと思われるのかもわかりませんね。

申込み方法の選択について

カードローンを申込む方法にも色々な方法があります。早く簡単に融資してもらえる申込み方法はどの方法でしょうか。

申込みはどのような方法でされましたか?それは簡単でしたか?
インターネットで申込み、契約書、カードは郵送で受け取りました。出かける必要がなく自宅にいながら手続きが完了したので、良かったです。日にちは契約書を送り返したり、カードが届くまで少しかかりましたが、さほど気にはなりませんでしたよ。
インターネットで申込んで、自動契約機でカードを受け取れましたよ。何しろ少しでも早くお金が必要だったので即日に借入出来て助かりました。郵便物も届かないので家族に知られたくない人にも良い方法だとおもいますよ。

インターネットでの申込

カードローンへの申込み方法でやはり一番多いのはインターネットでの申込みでしょう。どのような手順になるのかまとめてみましょう。

  • インターネットで申込フォームに入力、送信する
  • 最短での審査→審査結果を電話、メールで連絡
  • 契約手続きとカード受取(郵送もしくは自動契約機)
  • 融資開始

以上の流れでの申込みとなります。消費者金融のカードローンも銀行のカードローンもほぼ同様の手続きとなりますが、提出書類の内、収入証明書は消費者金融では50万円以上の借入を希望の場合必ず必要となり、銀行では約300万円を超える場合などに収入証明が必要としている所が多いようです。

消費者金融、銀行共に即日融資を希望の場合は申し込み時に自動契約機での契約、カード発行を選択する必要があります。

その他、電話での申込み、郵送での申込み、店頭での申込み、そして自動契約機での申込みなどの方法があります。各ホームページで詳細確認の上、一番合う方法を選んで申し込んで下さいね。

カードローン借入を上手にしよう

申込んでカードを手にしたら、今度は上手に利用する事を考えなくてはいけませんね。せっかくのカードをよりお得に使う為に良い方法はないのでしょうか。

カードローンの上手な利用方法、ここがお得と言う経験をされた事はありますか?
一番便利だと思ったのは、土日に急な現金が必要になった時。いつでもどこでもATMで現金を借入出来るので本当に助かります。しかも利息は借りた日にちだけ。借入時の手数料はかからない所が多いですよ。土曜日に借りて月曜日に返済すれば、利息は2日分で済みます。自分の預金を引き出しても手数料がかかりますよね。そう考えるとお得でしょ。
1ヵ月後にはボーナスが出るんだけど、丁度行きたかった旅行のツアー料金が今予約すれば30%もお得!迷わず借入して旅行に行っちゃいました。1ヵ月間だけ借りて、ボーナスで一括返済。もちろん利息よりも得した金額の方がずっと大きかったのは言うまでもありません。今必要と言う時に借入れして、早めに返済する事でずいぶんお得に使えますよ。
金利は高いのではと思う人もいるでしょうが、例えば1万円を借入した場合、消費者金融の実質年率18%として1日の利息代金はわずか4円です。2日で一括返済すると8円の利息。決して高くはないですよね。

10万円借入して30%オフの旅行に行ったとすると1ヵ月の利息は1479円。割引の旅行代金は3万円となるのでお得なのは一目瞭然ですね。こんな風に上手にカードを利用する事でずいぶん得になると言う事がわかりますね。

利息は借りた日数だけって本当?

返済についてもう少し詳しく知りたいですよね。返済方法や返済額、そして利息について聞いてみましょう。

カードローンの返済について、返済方法でどういった事が便利でしたか?また無理なく返済計画をたてるにはどういう風にしたら良いと思いますか?
返済額や返済期日などをある程度自分で決められるのが良かったです。返済額は最低返済額が設定されていて、それ以上なら月々の返済額を自分で設定出来るのです。もちろん追加での返済も出来るので、自分なりに返済計画を立てて、出来るだけ早く完済できるようにしました。早く完済する方が当然利息も少ないですから
月々の返済金額が残高によって変動するのが楽でした。返済額が少ないとその時は楽でもなかなか完済できないと言う事も確かにあるので、残業とかで給料が少し良い時は多めに返済したり、そういう所も無理がなくて良かったですよ。完済した今は必要な金額を借りて、次の給料日で一括返済をメインにしています。これだと利息は借りた日にちだけで済みますよ。まとまったお金が必要な時には当然無理のない返済計画を立てて返済します。

なるほど…返済計画は自分なりに立てる事が出来るのですね。確かに便利です。大きな金額の時は無理なく少しずつの返済額なのが家計には優しいです。でも時には随時返済も行って残高を減らすと言う事も必要です。返済期日も自分で決められるのは給料日などに合わせられてより計画的に借入返済出来ますね。カードローンは簡単に申込めて、借入も返済も自由に出来る便利なものだと言う事はお分かりいただけましたか。

審査基準とその内容について

カードローンを申込む事で一番気になる事、不安に思った事はやはり審査に受かるだろうかと心配 だと言う声が多いようです。審査基準などはどのような内容になっているのでしょうか。

審査基準は消費者金融も銀行もそれ程の違いはありません。まずは各カードローン会社の貸付条件をクリアする事が必要です。年齢による制限や勤務形態などが自分に当てはまるかどうかです。年齢制限が60歳までとなっているのに、65歳ではもちろん通りませんし、本人に収入がある人となっているのに専業主婦では審査対象から外れてしまいます。そういった最初の条件をまず満たしているを確認してから申し込んで下さい。
(⇒審査基準が緩いカードローンってある?

次に審査の内容ですが、大まかに分けて属性と信用情報による審査となります。属性とは本人の勤務先、勤続年数、家族構成、居住形態など本人の生活にかかわる事です。信用情報は過去の金融事故などがないか、他社での借入状況などに問題が無いかを個人信用情報を照会する事で確認します。属性の内勤務先には間違いなく勤務しているか電話で確認します。これが在籍確認です。

在籍確認はなぜ電話でするの?

在籍確認には電話が使われます。勤務先へ電話があったらカードローンに申込んだ事がわかってしまうのではと心配ですね。実際に在籍確認を受けた人に在籍確認はどのように行われるのか聞いてみましょう。(こちらもご参考に→在籍確認なしで借りられるカードローンを教えて!

在籍確認の電話はどういう内容でかかってきますか?勤務先にわかってしまう事はありませんか?
勤務先への電話は会社名でなく個人名でかかったらしいですよ。自分は丁度外出していたので外出していると伝えたようですが、それで在籍を確認出来たようです。携帯電話があるのにわざわざ勤務先に友人がかけてくる訳はないので、電話を受けた人には金融関係だと分かったかも知れません。まあローンで買い物をしても在籍確認があるでしょうから特に困る事はありませんでしたよ。
銀行名でかかってきました。確認ですと言う事で生年月日を聞かれたのですが、大手の銀行名だったので別に怪しまれるような事もありませんでした。

在籍確認の場合多くは会社名でなく個人名で電話がかかります。ただ大手銀行の場合は銀行名で電話をかけてくる所もあるようです。在籍を確認する為の電話なので、一度かけて席をはずしていたり、外出中だった場合でも再度掛ける事はありません。勤務時間の私用電話は会社で禁止されているなどの場合は、電話をかける時間帯などを希望する事は可能です。担当者に相談してみましょう。

在籍確認は申し込み者本人が間違いなくその会社に勤務しているかの確認です。今現在の状況を確認する為に電話が使われるのです。派遣社員などどうしても電話確認が難しい場合には給与明細などで在籍確認をしてくれる消費者金融がごく一部ありますが、それはあくまでも少数の会社であって、ほとんどは電話での確認となります。直近の給与明細を提出出来ても、その直後に退社している場合が無いとは限りませんからね。

信用情報では何を照会されるか

個人信用情報で申込み時の審査にかかわる問題があったと言う人はいますか?
実はもう3年以上前に通販会社での購入代金をうっかり忘れてしまい、2000円前後の支払を延滞したまま放っておいた事があり、これが履歴に残っていてまったくローンが組めなかった経験があります。小さい金額だと油断してうっかりした苦い経験です。一度自分の信用情報を開示請求すると良いと思いますよ。意外な情報が残っている可能性が皆無ではありませんから

信用情報に関しては過去に金融事故を起こした事がある場合、履歴が消えるまでに5年から7年 はかかります。金融事故とは自己破産、任意整理、3か月以上の長期延滞などの事を言いますが、この履歴がある場合はどの金融会社でもまず融資はしてくれません。完済、解決済みの場合でもやはり難しいと思います。一部の消費者金融では状況に応じて審査対象にしてくれる所がまったくない訳ではないので、確認してみて下さいね。

その他では消費者金融は総量規制を受けるので他社での借入が審査に大きく関わってきます。合計の融資可能額が年収の3分の1以下でなくてはいけないと言う法律の為、3社以上から融資を受けている人は審査に通りにくくなるのは事実ですね。また、申込みの履歴も信用情報で確認出来るので、何社か同時に申込めば何処かで借りれるだろう、などと安易な考えで多重に申込むと多重申込みで審査に落ちる事になります。

カードローンについて申込み方法や借入返済の事、審査の事など体験を交えてお話ししましたが、初めて申し込まれる方に少しはお役に立てたでしょうか。カードローンは上手に使えば本当に便利なものです。いざという時に手元にあるだけで安心する事も出来ます。ただカードローンには総量規制により多重債務に陥る人は少なくなっていますが、簡単に借入出来る為についつい借り過ぎてしまうと言うデメリットもあるのです。

くれぐれも使い過ぎてしまったなどと言う事のないように、しっかりと計画を立ててゆとりのあるカードローン生活を楽しんで下さいね。

【参考ページはこちら】
審査が緩いカードローンに関するおすすめQ&A

新着記事
TOPICS