> > > レイクで急に借り入れ出来ないことってある?その場合の対策とは

レイクで急に借り入れ出来ないことってある?その場合の対策とは

レイクに限ったことではありませんが、カードローンを利用していて急に借入れが出来なくなってしまったという経験をした方は少なくないでしょう。利用者としては理由がよくわからないが急にカードが使えなくなりただ途方に暮れるばかりになってしまいますね。

ネット上の口コミでもレイクや多くのローンで同様のことが起こっている情報をみることがあるので、ローンを利用している方は他人事の話とはいえないでしょう。

レイクなどのカードローンを上手く利用していくためにはこうした急に借入れができなくなるということに備える必要があるでしょう。そこでそのような状況にならないためにはどうしたらよいか、陥った時にはどのような手を打っていったらよいか、といった方法を紹介することにしましょう。

借入れできなくなった理由とは

「レイクで急に借入れできなくなった」という事態に備えていくためには、まずそのようなことになる原因を探る必要がありますね。原因のはっきりしない問題に対策を打っても効果がでにくいので、ここでは急に借入れできなくなる理由を確認していくことにしましょう。

信用事故に関する問題

ローンを利用していて急に借入れが出来なくなる理由として最も可能性が高いと考えられる原因は信用に関する問題でしょう。

法的な義務を負わされている消費者ローンを含めて一般的に多くのローンでは定期的な信用調査をローン利用者に対して行っています。ローン事業者は自社での取引情報を確認していますが、信用情報機関から利用者の信用情報を入手して返済遅延、滞納や債務整理などの信用事故の有無や内容もチェックしているのです。

もしローン事業者がそのような信用事故を調査で確認できれば、その内容次第では利用者の借入れをストップすることもあるわけです。

借入れがストップするような信用事故は滞納、債務整理、債権回収や保証履行などが該当しますが、滞納に関してはその内容により利用停止になるかならないかの判断が分かれることもあるでしょう。例えば、携帯電話の料金を滞納しているケースや、カードローンの3カ月滞納が1回あるケース(その後完済)では停止にならないこともあるようです。

しかし、レイクなどでの判断基準は公表されていないので、どの程度の信用事故を起こせばローンが利用停止になるかは正確に判断できません。それでも少なくとも3カ月以上の返済遅延を起こせば一時的な利用停止の可能性はでてくると考えておくべきでしょうね。

借入残高と借入件数に関する問題

返済能力もカードローンの利用停止に影響しますが、中でも借入残高と借入件数の増加は影響力が大きいといえるでしょう。消費者金融などでは総量規制の適用を受けるので特に借入残高の増加は直接的な利用停止の要因になりやすいのです。

レイクは新生銀行が運営しているため総量規制の対象外ですが、リスク管理の観点から総借入残高が一定額以上になると利用を停止することは当然あります。つまり、レイクでの利用限度額の範囲内の借入残高でもあっても利用者が他のローンで借入れを増やしていれば、レイクとしてはその総借入残高の金額により利用停止にすることがあるわけです。

また、借入残高がレイクの許容範囲内であっても借入れ件数の増加によって利用停止にすることもあります。借入件数の増加が借入残高の増加に直ぐに繋がるとは限りませんが、利用限度額の余力(与信枠)次第では大幅に増加することも予想されます。そのためレイクでも借入件数の内容によりローンの利用をストップすることもあるわけです。

収入に関わる問題

収入の減少なども気になる点ですが、これによって急にローンから借入れができなくなることはほとんどないでしょう。あるとすれば利用者がローン側へ更新情報として収入証明書や勤務先情報などを提出した際に、年収が大幅に減少していたり転職していたりしていると利用停止や限度額の減額といった処置が行われるかもしれません。

つまり、利用者が自分の低下した返済能力に関する情報をローン側へ提供した時に、その内容次第ではローンの利用がストップされるということもあるわけです。ただし、どの程度収入が減少すれば利用停止になるのか、転職した日がいつなら減額されるのか、といった影響度はローンごとにことなるため判断することは困難です。

利用者としてはそういった情報をローンへ提出する際には、利用停止などの可能性を覚悟しておく必要があり、また今後の借入れの代替手段などを検討しておくべきでしょうね。

理由から対策を検討

レイクなどのカードローンで利用停止になる理由を確認してきましたが、ここではその理由別での対策を考えていくことにします。利用停止を回避するための防止策と、利用停止後から利用を再開するための方策などをみていくことにしましょう。

信用事故の面での対策

レイクなどのローンでは利用停止に関する判断基準は公表されていないので、どの程度の信用事故を起こせばカードが利用停止になるか判断できませんが、少なくとも3カ月以上の返済遅延を起こさないことが利用停止を防ぐためには必要でしょう。

また、滞納などの信用事故の種類が何であれ、それを引き起こす原因は返済管理が悪く支払いを遅らせたことによるものか、借入れが増大し返済それ自体が困難になったことかからか、またはその両方により起こったか、のいずれかでしょう。

そのため借入れを返済できないほどに増大させない適切な利用管理や返済管理を実施していくことが求められます。自分の現在の給料から毎月返済できる金額を算出し、それを根拠に利用計画を立てることが重要です。例えば、返済可能限度額が月3万円なら総借入残高を100万円までに抑えられるような利用計画(約4年での返済)を立てるのです。

そして、毎月の月初めなどに借入残高を確認し絶対に残高を100万円にしないように借入れをコントロールする、毎月の返済額は借入額よりも可能な限り多くする、といったルールを作り実行していことが欠かせないでしょう。そうした意識をもって何らかの利用管理を行っていけば返済ができないほどの状態に陥ることは避けられるのではないでしょうか。

なお、利用停止を回避するにはカードローンの返済だけでなく、クレジットカードや携帯電話の代金などの支払いにも注意しておく必要がありますね。これらの返済の遅れも利用停止に繋がることもあるので、カードローンと同様の利用管理をしてほしいですね。

信用事故を起こしそれが原因でカードローンの利用がストップすれば、利用の回復までには一定の期間が必要となるでしょう。事故の内容によっては回復しないで返済の利用のみになることもありますが、滞納が原因であるなら回復の見込みはないとはいえないでしょう。

利用停止となったらまず原因を確認し、それが滞納であれば速やかに返済しなくてはなりません。また、一定期間は回復しないので、それまでは他のローンやクレジットの支払いなどで返済遅延などを起こさないように徹底した利用管理に努めるべきです。信用度を下げたなら少しでも信用を得るための行動を示していく必要があるのではないでしょうか。

借入残高と借入件数の面での対策

信用事故の心当たりがなくローンの利用が停止したら原因としては借入残高と借入件数の増大の可能性が高いでしょう。

もしそれらが原因であれば、増大させる前の状態に出来るだけ早く戻すことが対策となります。借入件数をいきなり減らすことは難しいので、まず借入残高をできるだけ多く返済して増大させる前の水準以下にすることが重要でしょう。その上でいずれかのローンを完済して借入件数を元の水準にするのがよいですね。

削減の対象となるローンは借入条件で劣るほうにするべきですが、利用環境なども考慮して総合的に判断する必要はあるでしょう。借入残高と借入件数の増大を回避するためにはできるだけ複数のローンを利用しないことです。

例えば、現在のレイクの利用限度額が不十分である場合は、別のローンの借り換えやおまとめローンを利用して全体の借入件数を増やさずに利用限度額を増やせる手段を検討するのがよいでしょう。

もちろん借入額を増やさないほうがよいのですが、それでも借り換えで認められる限度額内であれば、ローンの利用を止められることはありません。また、金利が低下する可能性もあり毎月の返済が楽になるかもしれないので、借り換えやおまとめローンはオススメですが、必要以上の借入れは控えるようにしたいですね。

また、カードローン以外のクレジットカードにも注意が必要です。クレジットカードを利用していなくても枚数を増やしキャッシング枠を増やしていくと、それが利用停止の原因となることもあります。不要なカードやキャッシング枠を作らないことが何よりの防止となるでしょう。

収入に関する面での対策

収入証明書や就業状況を報告した直後に利用停止なれば、それが停止の原因と考えられるでしょう。もしそれで停止になった場合は手の打ちようがありません。

年収の低下が原因であればアップさせる必要がありますが、容易なことではないでしょう。また、転職が原因であれば、元に戻すこともできないので勤務を継続していくしかありません。そのためしばらくの間は回復を期待しにくいため、どうしてもカードローンの利用が必要であれば他のローンを検討するほかありません。

ただし、転職後間もない時では審査に通過するのは利用停止の回復よりも難しいかもしれません。それを覚悟のダメもとで新たなローンにチャレンジする場合でもできるだけ時期を遅らせることが重要でしょうね。

この原因による利用停止を回避するには安易な転職をしないことが一番です。もしする場合でも年収がかなりアップする、より仕事が安定する、より規模の大きい会社で働ける、といった返済能力の向上に繋がる転職でないとローンの利用に影響するかもしれません。キャリヤアップのためなどでやむを得ないケースもあるでしょうが、慎重に考えてほしいですね。

利用停止時の代替先の検討

レイクなどでローンの利用が停止された場合に他のローンの利用が必要なケースも少なくないでしょう。つまり、停止が解除されるまでの期間をしのぐことができない時は当然他のローンを探し申し込む必要がありますね。ここではその際の他のローンの検討の仕方などを紹介していきましょう。

レイクと同等の借入条件で検討

例えば、今までカードローンレイクを利用していて急に借入れできなくなったとします。この場合に代わりの借入先を単にみつけるというのではなく、その必要な状況に合わせながら最適な代替先を探し契約することが望ましいでしょう。

もちろん利用停止となった原因にもよりますが、代わりのローンと契約することは容易ではありません。しかし、容易でないから借入条件が悪すぎるローンと安易に契約すると後で大変苦労するはめになるかもしれません。そのためまずはレイクと同等の借入条件で利用できそうな代替先を検討するべきでしょう。

レイクの借入条件では金利が4.5%~18.0%、利用限度額が500万円までとなっています。この条件に匹敵するローンとしては銀行や大手消費者金融に多くあります。その例として下表のようなローンが挙げられます。

表1:レイクと借入条件が近いローン

事業者 金利 利用限度額 即日融資
レイク 4.5%~18.0% 500万円まで 可能
アコム 4.7%~18.0% 500万円まで 可能
アイフル 4.5%~18.0% 500万円まで 可能
三井住友銀行 4.0%~14.5% 800万円まで 可能
三菱東京UFJ銀行 4.6%~14.6% 500万円まで 可能
楽天銀行 4.9%~14.5% 500万円まで 可能
オリエントコーポレーション 4.5%~18.0% 500万円まで 可能

この中でレイクより審査が厳しいか同等程度の審査難易度と思われるローン事業者は検討先の候補からとりあえず外しておくほうがよいでしょう。つまり、銀行カードローンは除外し残りのアコム、アイフル、オリエントコーポレーションを第一候補として検討するのです。

一般的な審査難易度としては消費者金融よりも信販会社のほうが厳しいといわれているので、優先すべきはアコムとアイフルとなります。そして、両者の2014年3月の新規契約率をみるとアコムが48.3%、アイフルが44.2%なのでアコムのほうが審査は優しいとみることができ、同社が表の中では借入条件が同等なローンとして第一候補となるでしょう。

検討にあたっては利用者がより重要な要素を加えたり、ネット上の口コミ評価を加味したりして検討するとより適切な評価ができるでしょう。とにかく何の根拠もなく安易にローンを選ぶことのないようにしてほしいですね。

実現可能性の高いローンの検討

先ほど借入条件が同等の代替先の検討の仕方をみましたが、実際に契約するのはやはり容易ではないでしょう。そうなると借入条件を多少落としても利用できることが優先されるので、より審査が甘いと思われるローンを中心に検討せざるを得えません。

審査の甘いローンとしては、銀行、信販会社、消費者金融という順になりますが、先ほどのアコムでも契約が難しいとなると中小の消費者金融が代替先の候補となるでしょう。以下の表はその候補となりそうなローンの例です。

表2:中小の消費者金融

事業者 金利 利用限度額 ブラック対応
AZ(京都) 7.0%~
20.0%
300万円まで 口コミ情報あり
アロー(名古屋) 15.00%~
19.94%
200万円 口コミ情報あり
フクホー 7.3~
20.0%
200万円まで 口コミ情報あり
キャネット(北海道) 15.0%~
20.0%
300万円まで
(新規は50万円まで)
口コミ情報あり
中央リテール 10.95~
13.0%
500万円まで 不明

表のローン事業者の借入条件をみるとレイクよりも不利な内容となっており、利用に関しては慎重に考える必要があるでしょう。しかし、借入れる金額によってはそれほど差がないこともあります。例えば、レイクでは100万円未満で借入れする場合、金利は15.0%~18.0%で設定される可能性が高いです。

同様に上の表の事業者で借りるとしたらそれほど変わらない金利が採用される可能性は十分にあるでしょう。そのため自分が実際に利用しそうな借入条件で候補となるローンの条件を確認する必要があるわけです。その結果、あまり差がないようでしたら十分に検討する価値はあるでしょう。

また、審査の難易度の面では中央リテールを除いた4社はブラック対応もしているという口コミ情報もあることから審査はレイクよりもかなり緩いことが予想されます。もちろん利用停止の原因にもよりますが、契約できる可能性はあるのではないでしょうか。

利用停止に関して気を付けたい点

今までレイクなどのローンで利用停止になった場合の対策や代替先の検討の仕方などをみてきましたが、それらを行う前や行う際の注意点を少し最後に確認しておきましょう。

できるだけ停止解除をまつ

ローンの利用ができなくなるとしばらくは借入れができなくなり生活上のつなぎ資金に不安を感じることになるかもしれませんが、あわてて不利な条件の代替ローンと契約することは避けるべきです。確かに利用停止の原因によっては回復の見込みがないこともありますが、かといって停止が解除しないともいえません。

そのため自分が可能な限り待てる期限を決め、それまでは新たなローンに申し込まないようにしてはどうでしょうか。その期限までに代替ローンに関する情報を集め、今よりも不利にならず、かつ審査に通りそうなローンを探し出すのです。そうしておけば利用停止が継続したとしてもその代替ローンに期待できるではありませんか。

また、利用停止中にもう一つやらなければならないのがその停止の原因追求です。利用しているローンに確認しても理由は教えてもらえないでしょうが、ダメもとでも質問すれば何かヒントをもらえることもあるかもしれません。それでわからなければ、信用情報機関から自分の信用情報を取り寄せて確認してみてはどうでしょうか。

そうすれば少なくとも信用面に問題があるのか否かがわかり、原因を絞りやすくなるでしょう。そして、原因が特定できれば後は改善あるのみです。多少時間がかかることもあるでしょうが、今後のローンの利用再開や代替ローンの審査に良い影響を及ぼす可能性もあるので少しずつでも確実に進めていきたいですね。

悪徳業者にはかかわらない

代替先のローンを検討する際に闇金などの悪徳業者に引っかからないように注意したいですね。世の中には借金で困っている人に近づき、有利な融資話を持ちかけ高利の融資に契約させたり手数料などの名目でお金をだましとったりする悪徳業者少なからずいます。

聞いたことも見たこともないローンから頼みもしない案内を電話やメールでしてくる事業者がいますので、安易に話を聞いてはいけません。中には真っ当なローン事業者かがいるかもしれませんが、まずはネット上でもその営業実態を確認すべきです。

貸金事業登録はあるのか、操業はいつからか、店舗はあるのか、固定電話など連絡先は確かか、利用者の口コミ情報はあるのか、金融庁や日本貸金業協会の悪徳業者情報にヒットしないか、などの確認を怠ってはなりません。

また、悪徳業者でなくても中小の消費者金融の中には利用者への応対などがあまりよくなかったり、サービスが悪かったりするケースも時折耳にするのでそういった面のチェックも必要かもしれませんね。そのためにはネット上の口コミ情報をできるだけ集めて確認したり、実際にローンに電話したりして確かめてみるのがよいでしょう。

【参考ページはこちら】
レイクは家まで確認の電話がかかってこない?

新着記事
TOPICS