> > > 借金をあきらめないで!銀行系ローンの審査に通らない理由と対策

借金をあきらめないで!銀行系ローンの審査に通らない理由と対策

キャッシングやカードローンを利用している人は、かなり増えてきているようですが、まだ使ったことがないという人もまだまだいるのではないでしょうか。初めて申込みしてみたけど、審査に通らないということも考えられるので申し込みは慎重に行ったほうがいい場合もあります。

審査に通らない理由にはいくつかありますが、一度申し込みをしてダメだったらすぐにもう一度申し込みするのではなく、落ちてしまった理由の改善と対策を行うことが大切です。

銀行系のローンでお金を借りる

お金を借りることは、できるだけしないほうが良いですが、どうしようもなくてキャッシングやその他ローンを使ってどうにかする人も多いのではないでしょうか。借金をするのであれば、できるだけ利用するのにメリットがあるところを利用したほうが賢い使い方です。
(⇒審査が緩い金融会社ってどこなの?

最近は金融業者もたくさんあると思いますが、まずは銀行系のローンを組むとよいといえる。

理由は、低金利になっていたり手数料がかからなかったりといったメリットがあるので、より経済的にお金を借りることができるのです。まあ、その分審査の基準や申し込みの条件なんかが厳しくなっていることもあるので、契約するまでが大変ですが・・・。

とはいえ、銀行系のカードローンなら、最近のものならアルバイトでもお金を借りられる可能性があるので、あきらめるにはまだ早いといえる。また、カードローンというのは一度落ちてしまってもまた再度申込みすることもできるので、一度であきらめてしまう必要もありません

再度申し込むときの注意点

銀行系のカードローンやその他ローンに再度申し込みを行う前に、確認しておくことがあります。

  • それは、どんな理由で審査に落ちてしまったのか?

これを行っておいて、改善しておかないと再度申し込みをしたとしても同じ理由で審査落ち、ということもあります。「理由」というのは人それぞれで、しかもこれがなかなか自分で確認することが難しい。

信用情報機関に情報を開示してもらえばだいたいの理由を知ることは可能です。そのほかにもインターネットを使って「審査落ちの理由にはどんなものがあるのか?」調べてみると自分にあてはまるものを見つけることができるでしょう。

ここでもいくつか紹介していきたいと思いますが、自分で一度調べてみるのもよいでしょう。

審査に落ちる原因は複数ある

審査に落ちてしまう理由としてはいくつかありますが、銀行系だったらただ単に属性が弱いということも考えられます。属性が弱いというほかには、だいたい次のような原因があります。

  • 入力ミス
  • 申し込みブラック
  • 借入件数が多数ある

あげるとすれば、だいたいこのようなことを上げることができます。そのほかにもただ単に「仕事をしていない」「収入がない」「年齢を満たしていない」といったようなものもあげることができます。

銀行系カードローンに限らずですが、申し込みができる人や審査の基準というものは金融会社によって違います。このことから、上記のような審査に落ちてしまった理由を改善しなくても、別のカードローンに申し込みをしたらなぜか審査に通った、ということも結構あります。

まあしかし、落ちてしまった理由を改善しておかないと、また同じ理由で審査に落ちる可能性もあるので、できるなら改善しておいたほうが再度申し込みをしたときに借り入れができる可能性は高いでしょう。

入力ミスで審査落ち

銀行系のカードローンだけでなく、各種ローンに申し込みをするときには自分の情報を入力する項目があると思います。たとえば、自分の住所だったり電話番号だったり、入力する項目がある。

そこで、入力ミスをしてしまうと審査で落とされてしまうこともあるようです。調べてみたのですが、この理由で落とされてしまう人も多いという情報を見かけたことがあります。急いでいる時だと、あせって入力してしまってその分入力ミスにつながってしまうので注意してください。

また、入力する情報には正しい情報をしっかり入力して、ウソの情報を入力しないようにしましょう。審査に通りたいからと言ってウソの情報を入力する人もいるようですが、かえって審査に通りにくくなってしまいます。

これは再度申し込みを行う前に改善しておく、というのではなく申し込みを行う時に入力ミスなどがないようによく確認するようにしましょう。

申し込みブラックになっている

申し込みは何回も行うことができるので、審査で落ちた時のためにたくさん申し込みを行う人も中にはいるでしょう。数をこなせばどこかの銀行系カードローンと契約できる、と思うかもしれませんが、たくさん申し込みをするとかえって悪影響を与えてしまいます。

月に3社以上申し込みを行うと「申し込みブラック」という状態になるといわれています。一度この状態になってしまうと、しばらくは銀行系カードローンなどに申し込みをしても審査に通ることができません。あなたがもし短期間でたくさん申し込みをした経験があるなら、この状態が原因で審査に通らないのかもしれませんね。

借入件数が多すぎる

すでに他社からの借入がある人は、銀行系のローンなどで審査に通りにくいかもしれません。返済状況やどのくらいお金を借りているのかによって変わってくることですが。銀行系は総量規制の対象外になっていて、特にお金を借りられる上限というものは存在していませんが、他社からの借入が審査に影響を与えてしまうこともあるのです。

他社からの借入がある状態で新たに借入するとなると、この人はちゃんと返済してくれるのか?というリスクが生まれるのです。金融会社からしたら貸したお金は返してもらわないといけないわけですから、すでに他社借入がたくさんあり、返済できなそうな人にはお金を貸してくれません。

すでに借入があるのであれば、どの程度借入しているのかよく確認しておく必要があります。

属性が弱いと審査落ち

銀行系のカードローンなどでは自分の属性が審査にかかわっているのです。属性には勤務年数とか収入・年収といったその人の情報が審査では重要になります。この属性が弱い、たとえば、年収が低いとか勤務年数が短いと審査で落とされてしまうこともあるのです。

具体的に年収というものは○○万円以上必要ということは知ることはできないし、勤務年数もどのくらい勤務しているのか具体的に知ることは難しいでしょう。ただ年収が低いから借りられない、勤務年数が短いからと言って必ず借入ができないというわけではないのですが・・・。

まあ、自分の属性次第では借入できない場合や審査に通りにくいということも考えられます。

落ちた理由を改善・対策

銀行系ローンなどに落ちてしまう理由を紹介してきたと思いますが、次は改善策や対策についてです。いくら落ちてしまった理由を見つけられたとしても直しておかないと意味はありません。「入力ミスが理由で落ちてしまう」ということは、申し込みを行う時によく見直しを行う、慎重に入力を行うことで対策することができるでしょう。

  • 申し込みブラック
  • 借入件数が多数ある
  • 属性が弱い

入力ミス以外の上の3つの改善や対策にはどのようなものがあげられるのでしょうか。

申し込みブラックの対策

申し込みブラックというのは、短期間にたくさん申し込みをしすぎるとこの状態になってしまいます。対策としては簡単な方法ですが、申し込みするところを絞ることです。

具体的にはどの程度の数に絞ればいいのか、これはだいたい2社~3社といったことをよく見かけます。これ以上になってくると申し込みブラックになってしまうので注意しましょう。

銀行系ローンなどローンを組むのであれば、多数の金融業者と契約するのでなく、1社のところから集中して借入をしたほうがあとあといいこともあるのです。申し込みブラックにならないため、あとあとのことを考えて申し込みをするところは絞っておくとよいでしょう。

借入件数が多数あることを改善

借入件数が多数あると銀行系のローンなどに申し込みをしたときに審査に影響を与えることがあります。特に多額のお金をすでに他社から借入している場合には注意しないといけません。また、使わないキャッシング・カードローンと契約しているときにも同様に注意する必要があります。

使わないカードを持っているのであれば、解約しておけば影響を与えることもないでしょう。すでに借入があるという人は、借金を少しでも減らしておくか、すべて返済が終わってから新たに申し込みをするようにしましょう。

他社からの借入があると、絶対に新たに借入ができないということではないですが、すでに借入がある場合は、上記のような対策を行うとよいでしょう。

属性の対策とは

審査では自分の属性が結果に影響を与えるので結構重要なものといえます。年収・収入、勤務年数といった項目があるといいましたが、正確にはもっと項目は存在しています。

年収や収入の属性項目が原因で審査に通らないという場合は、やはり収入を増やすということをしてみるとよいでしょう。仕事先をもっと収入がいいところに変えるとか、アルバイトのかけもちができるのであれば掛け持ちして収入を増やす。収入が原因なら、試してみるとよいでしょう。

勤務年数というのは、言葉のとおりですが、その仕事に就いたばかりやアルバイトを始めたばかりという人は銀行系ローンなどに申し込みを行わないである程度働いてから申し込みを行うとよいでしょう。

1年間、最低でも6か月の勤務年数があれば、審査に通りやすいといったようなことをよく見かけます。目安程度にしかならないと思いますが、参考にしてみてください。

審査に通らないなら消費者金融

金利面や手数料にことを考えると、銀行系でローンを組んだほうがよいですが、審査に通らないのであれば消費者金融を使うという手もあります。審査の基準からしたら、銀行系よりは審査に通りやすいといわれていますからね。

通りやすくなっている分、いくつかデメリットもあるわけですが、消費者金融にもメリットは存在しています。どうしても銀行系じゃなければいやだ、ということではなければ検討してみてください。

消費者金融のいいところは?

消費者金融のいいところ、つまりはメリットについてですが、やはり審査の結果が素早くわかるということでしょうか。最近は銀行系のカードローンでも審査は素早く行われるようになっていますが。

結果がすぐにわかるので、即日でお金を借りたい人にはうれしいですね。ただ、即日融資の場合だと申し込みをする時間帯には気を付けないといけないので注意してください。遅い時間帯に申し込みをしたとすると、翌日以降の借入になってしまいます。

消費者金融には、「金利がゼロになる」というキャンペーンをやっているところが多いです。30日間とか期間が決められていることがほとんどですが、期間の間なら利息をかけずにお金を借りることができてしまうのです。短期間でお金借りて返済する、という人にはかなり魅力的です。
(⇒金利のかからないカードローンってあるの?

消費者金融の悪いところは?

次に消費者金融のデメリットについてですが、「金利が高い」ということがよく言われています。金利には幅があることがほとんどで、下限は銀行系ともそう変わりはありませんが、上限が高く設定されていることが多いのです。

まあ、金利がゼロになるキャンペーンをやっているところも多いので、期間限定でこのデメリットに対策することができます。

あと、消費者金融にはあまりいいイメージを持っていない人も中には多いのではないでしょうか。現在残っている大手のところは安全に借入することができますが、名前を聞いたことがない中小の金融業者とかを利用する場合には注意が必要です。利用するなら大手を利用したほうが安全だし、違法な利息を取られることもありません。

金利が高いといったデメリットはありますが、これは補うことができるので銀行系ローンと契約できないのであれば、消費者金融を利用するというのも手段の一つです。

銀行系ローンの借入について

銀行系ローンというのは、消費者金融などに比べると審査に通りにくいといわれています。借入ができないのか?と言われると、絶対に無理というわけではなくお金を借りられる可能性も十分あります。一度審査に落ちてしまった人でも再度申込みすることもできるので、一度であきらめないようにしましょう。

  • 記入ミス
  • 申し込みブラック
  • 借入件数が多数ある
  • 属性が弱い

上記のようなことが理由で審査に落ちてしまうかもしれませんが、対策や改善策というものもあります。一度審査に落ちてしまったのであれば、落ちてしまった理由を見つけて改善してからもう一度挑戦してみるとよいでしょう。

最近は銀行系の公式サイトで簡易的なものですが、審査を受けることができるようになっています、これを受けてみれば、現在自分が借入できる状態の人なのか、簡単にですが判断してもらうことができます。申し込みを行う前には一度行っておくと借入できるのかわかります。

  • 簡易的な審査に通っても、申し込みをしてみたら審査に落ちてしまう

ということもよくあるので、信じすぎるのもよくないと思いますが、この簡易審査に通らないようだと借入することは難しいです。まあこの審査は記録にも残らないしタダで行うことができるので試しに使ってみてください。

銀行系ローンに通らないなら消費者金融を使う手段もありますが、金利的なことや後々のことを考えると銀行系のほうがより経済的。一度落ちてしまった人でも落ちてしまった理由を改善しておけば借りられる可能性はあるのであきらめずに挑戦してみてください。

【参考ページはこちら】
審査の厳しい銀行カードローンは何を重視する?

新着記事
TOPICS