> > > ブラックにのる条件は?こんな甘い考え方をしてる人は危ない!?

ブラックにのる条件は?こんな甘い考え方をしてる人は危ない!?

金融関係のことを調べ見ると、「ブラックリスト」このような言葉を見かけることが多いと思いますが、これはどのようなものなのでしょうか。キャッシングやカードローン、クレジットカードを利用したことがある人は知っている人も多いと思いますが、知らない人も中にはいるのでは?

知らないうちに、このブラックリストの仲間入りということもあるのでお金を融資するときには注意が必要。また、こんな甘い考えをしていると知らないうちに載ってしまうことがあるのです。

ブラックリストはどんな情報?

キャッシングやカードローン、クレジットカードといったもので融資を受けているのであれば、だれでもブラックリストに載ってしまう可能性があります。もちろん、利用方法を間違っていなければこのリストに情報が載ることはないので、利用方法を守っている人は特に心配する必要もないでしょう。

「ブラックリスト」というのは、キャッシングなどで融資を受けている人が「事故」を起こしてしまった情報が載っているリストになっています。ここでいう事故というのは、借金の返済が遅れてしまった情報などが当てはまるのです。そのほかにも次のようなことがあてはまります。
(⇒ブラックでも借りたい!審査が緩いカードローン

  • 債務整理
  • 代位弁済

おもにこのような理由が原因でブラックリスト、事故情報に載ってしまうことになるのです。ちなみに、この「事故情報」というのは、「信用情報機関」というところに記録されていて、ここに事故情報が登録されることになります。

返済が遅れてブラックリスト

ブラックという金融事故情報は、「返済が遅れてしまった」ということが理由で載ってしまうこともあります。キャッシングやカードローンなどで融資を受けたら、返済をしていかないといけないわけですが、期日までに返済できないという人も中にはいるのです。また、口座にお金が入っていなくて、返済が遅れてしまうということも考えられます。

返済が遅れてしまっても、後日返済しておけば記録は残らないといわれているので、返済ができるのであれば、後日できるだけ早く返済しておくとよいでしょう。

どのくらい遅れたら載るのか?

返済が遅れてしまってブラックに載る、続きですが、ではどのくらい遅れたら載ってしまうのでしょうか。

これは、3か月以上連続で返済が遅れてしまうとブラックに載ってしまうといわれているのです。また、「返済日から61日以上」日にちがたってしまった場合も載るといわれています。

  • 返済が遅れてしまってブラックリスト入り

この理由でブラックリストに載ってしまう人が多いようなので、返済は期日までにしっかり行うように注意しないといけません。

債務整理でブラックリスト

ブラックリストに載ってしまう理由としては、「債務整理の手続きを行った場合」というものもあります。この債務整理というのは民事再生や自己破産、任意整理といったものがあって、この中のどれかの手続きをすると事故情報として載ってしまうのです。

「債務整理」と聞くと、悪いイメージを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、借金や金利を減らすこともできるので、場合によっては手続きをするのもよいでしょう。

代位弁済でブラックリスト

ブラックリストに載ってしまう理由にはそのほかにも「代位弁済」が行われた場合に事故情報として記録されてしまうことになります。

「代位弁済」というのは、契約している人が借金を返済できなくなってしまったときに、弁済が連帯保証人などに切り替わった時にこう呼んでいるのです。ブラックリストに自分の金融事故情報が載ってしまうと、基本的にはこの情報を消すことはできません。

キャッシングやカードローン、クレジットカードなどで借金を行う場合は、金融事故を起こさないように注意して利用するようにしましょう。

こんな理由でもブラックリスト

返済が遅れてしまったり、債務整理の手続きをしたり、代位弁済が行われた場合にブラックリストに事故情報として載ってしまいますが、実は次のような理由でも載ってしまうことがあるのです。

  • 奨学金の滞納
  • 携帯料金の滞納
  • 公共料金の滞納

「ブラックリスト」とは関係ないと思うかもしれませんが、実は関係があるのです。知らずに料金の滞納をしていると、事故情報として残ってしまうこともあるので注意が必要です。

奨学金でブラックリスト

「奨学金」と聞くとブラックリストとはあまり関係ないような気もするのですが、甘い考えをしていると知らないうちに事故情報が載ってしまうことになります。

ちなみにここで書いている「奨学金」というのは「日本学生支援機構」から学費等のお金を借りている場合です。キャッシングやカードローンなどと同様に、3か月以上連続で料金を滞納してしまうとブラックリストに登録されてしまうことになります。

  • 「現在借りた奨学金を返済している」

ということであれば、返済が遅れないように注意するようにしましょう。

携帯料金でブラックリスト

奨学金と同様に携帯料金を滞納してしまうとブラックリストに載ってしまうことになります。最近の携帯電話は、本体を「分割払い」で購入することができますが、分割払いで購入した場合には注意する必要があります。

携帯料金だからと甘く考えていると事故情報として記録されることになり、キャッシングなどの審査に影響を与えてしまうこともあるのです。

  • この携帯料金の滞納

これが、ブラックリストに載ってしまう原因として多いようなので、キャッシングなどを考えているのであれば注意してください。キャッシングの延滞や、奨学金の滞納などと同様に携帯料金も3か月間滞納してしまうと事故情報となってしまいます。また、61日以上返済が遅れてしまうと事故情報になってしまうのです。

携帯料金の未納もブラックリストに載ってしまう理由になるということを忘れずに、毎月携帯料金はしっかり支払うようにしましょう。

公共料金の未納でブラック

公共料金の未納でブラックリストに載ってしまうことはあるのでしょうか。公共料金を滞納してもブラックリストに載ることはありません。まあ、滞納してしまうと電気やガスが止まってしまい生活しづらくなってしまいますが。

また、公共料金の未納でブラックになることはないといいましたが、お支払方法にクレジットカードを使っている場合には注意が必要です。クレジットカードを使っている場合だと、滞納してしまうとブラックリストに載ってしまうので覚えておきましょう。

ブラックになる影響は?

キャッシングやカードローン、クレジットカードなどで金融事故を起こしてしまうと、ブラックリストに載ってしまいますが、では事故情報が載ってしまうとどのような影響があるのでしょうか。

借り入れは可能なのか?

ブラックリストに事故情報が載ってしまうと、大手の金融業者から融資を受けることがほぼ不可能となってしまいます。そうなると、お金が必要になった時に自分の収入のみでどうにかしなくてはいけなくなるので、お金が必要になった時に困ることになってしまいます。

ブラックリスト入りしてしまうと、借り入れすることはできませんが、インターネットを使って探してみると「ブラックでも借りられる」のようなことが書いてあることがあります。

ブラックだと基本的には融資を受けることはできないので、上記のようなことが書いてあるところは、闇金だったり悪徳な業者だったりする場合が多いのです。事故を起こしてしまって、リストに載ってしまったからと言って闇金などに手を出すと逆に悪い状況になる可能性が高い。

お金が必要だから、借金したいということはわかりますが、ブラックOKのようなところに手を出さず、借金があるのであれば返済しておいてブラック情報解消を目指しましょう。

審査に落ちてしまう理由

キャッシングやカードローンなどには必ず利用する前に「審査」を行いますが、このブラックリスト入りということが理由で落ちてしまうこともあります。ではそのほかにはどのような理由で審査に落ちてしまうことがあるのでしょうか。(こちらもご参考に→カードローン審査に通れないのはなぜ?

  • 属性が弱い
  • 借入件数が多い
  • 申し込みのし過ぎ

いま思いつくだけですが、上記のようなことが理由で審査に落とされてしまうこともあります。

属性が弱くて審査落ち

キャッシングなどの審査では、自分の属性によって契約することができるのか変わってきます。属性が弱かったりすると審査で落ちることもあるので、属性を確認しておく必要があるのです。

「属性」というのは、どういうものなのかというと、自分の収入や住居情報、その仕事を初めてどのくらい経つのかといったような項目が含まれています。そのほかにも項目はいくつかあるので、どのようなものがあるのか気になるのであれば調べてみてください。

たとえばですが、仕事を始めたばかりで勤務年数が短いと審査に通りづらく、最悪落とされてしまうことも考えられます。勤務年数というのは、長ければ長いほど審査では有利に働いてくれ、契約できる可能性も高くなるのです。

それぞれ有利になる属性というものがあるので、自分の属性が有利になるものなのか、確認しておくのもよいでしょう。

借入件数が多くて審査落ち

キャッシングやカードローンなどは複数に申し込みすることもできるので、一人で複数の金融業者と契約することもできるのです。2~3社程度なら、同時に契約することができるかもしれませんが、あまり多くなりすぎると審査落ちの原因になることもあります。

申し込みをして契約するのであれば1つのところに絞っておいたほうが管理もしやすいし、金利もあまりかけることがありません。また、借入件数とは関係ないかもしれませんが、金融業者からどのくらいの額融資を受けているかによっても、審査の結果が変わってきます。

現在たくさん融資を受けている、ということであれば融資を受けられない可能性もあるわけです。借入件数や、現在どのくらい借入しているのか確認しておくようにしましょう。

申し込みのし過ぎで審査落ち

申し込みは複数行えると紹介したと思いますが、申し込みを行いすぎという理由で審査に落ちてしまうこともあるのです。ブラックリストとは違うようですが、「申し込みブラック」とかよく呼ばれていますね。

この状態にならないようにするには、たくさんのところに申し込みをしすぎないようにすること。複数申し込みをする場合でも2社とか3社までにしておきましょう。複数に申し込みをしてすべてで審査落ちという結果になったら最低でも半年間立ってから新たに申込みするようにしましょう。

審査に落ちた理由を改善

キャッシングなどの審査に落ちてしまう理由としてはだいたい次のようなことがあてはまります。

  • ブラックリスト
  • 属性が弱い
  • 借入件数が多い
  • 申し込みのし過ぎ

キャッシングやカードローンなどではよく、「別のところに申し込みをしてみたら審査に通った」ということがありますが、申し込みを行う時は、前申し込みをしたときどのような理由で審査に落ちてしまったのか。ということを調べて改善しておくことも大切になるのです。

上記のように別のところに申し込みをすると審査に通ることもあるかもしれませんが、また同じ理由で審査に落ちてしまう可能性もあります。審査に落ちてしまった理由は調べることは難しいですが、最近だとWebで調べてみるとどんな理由で落ちてしまうのか詳しく書いてあるところもあります。

また、「信用情報機関」に情報開示手続きを行えば、審査に落ちてしまった理由もだいたいわかります。情報の開示手続きをしてみるのもよいでしょう。

ブラックの情報を消す

「ブラックリストに載っている」ということもキャッシングなどの審査に落ちてしまう理由ですが、このリストの情報は自分で消すことはできないのです。少し上で、申し込みをするなら、審査に落ちてしまった理由を改善しておく、と紹介しましたが、「ブラックリストで審査落ち」という人はどのように改善したらよいのか。

ブラックリストの情報は自分では消すことはできませんが、時間が経過すれば消えるようになっているのです。まあ1か月とか2か月という範囲ではなく、年単位のものになってしまうのですが・・・。

ブラックリストに載ってしまった理由によっても事故情報が消える年数は違いますが、だいたい5年とか7年の年月が必要になることが多いです。このように金融事故を起こしてしまうと年単位でしばらくキャッシングやカードローン、クレジットカードを利用することができなくなってしまいます。

借金はよく計画的にとか言われていますが、キャッシングなどを利用する場合はよく自分で管理しておくようにしましょう。

ブラックにならないためには

ブラックリストに載らない為には、やはり借金をしないということです。まあ、どうしてもお金が必要になってキャッシングやカードローンから借り入れしなければいけない、というときもあるかと思いますが。

借金するのであれば、返済できるお金を用意できるのか、その借金がホントに必要なのか、よく考えてから借入する必要があります。

ブラックリストに載る理由に、返済が遅れてしまって載ってしまうというものがありますが、1回や2回の遅れでリストに載らないからといって甘く考えないようにしましょう。また、携帯を分割払いで購入、奨学金を借りた、という人も注意しましょう。

料金を滞納してしまうとブラックリストに載ってしまう原因にもなるので、甘く考えずに、毎月期日までに支払いができるように準備しておきましょう。事故情報が残ってしまうと、キャッシングやカードローン、クレジットカードなどローンなどを組むことも難しくなってしまうので注意してください。

【参考ページはこちら】
ブラックでも借りられるキャッシングって怖くない?

新着記事
TOPICS