> > > レイクのカードローンって審査が甘いの?借りやすさ徹底分析!

レイクのカードローンって審査が甘いの?借りやすさ徹底分析!

レイクといえばどなたもご存知のカードローンですが、その知名度だけでなく、申込みやすさや使いやすさでも人気を誇っています。またレイクは審査が甘いとも言われているのですが、実際はどうなのでしょうか?

実は審査が甘いと思われているのは、レイクが銀行のカードローンであるということもその理由のひとつとして考えられそうです。

レイクはご存知のように、新生銀行のカードローンです。外見や特徴は消費者金融とあまり変わらないのですが、それにもかかわらず貸金業法の影響は受けないという、ちょっと特殊なカードローンなんですよ。

最近、消費者金融は使い難くなってしまったとも一部では言われています。これは貸金業法の改正に伴って規制が厳しくなったためで、これによってこれまで借りれた人も借りれなくなってしまったり、又手続きが増えてしまったというケースもあるのです。

一方で銀行であるレイクは、そのような規制とは無縁です。そういうこともあって、非常に借りやいカードローンとして人気となっているんですね。これからそのレイクの借りやすさを、皆さんと一緒に詳しく見て行きたいと思います。

なお巻末には、レイクの無利息期間を無駄にしないための秘訣をまとめました。せっかくの無利息も、勘違いしていると有効活用できないことがあります。是非こちらもご参考になさってください。

貸金業法の影響とは

その前に、レイクの借りやすさにも繋がっている法改正のことを、少しご説明しておきましょう。消費者金融は全て貸金業法の下で営業をしていますが、直近の改正においては、利用者にも大きな影響の出る変更がありました。ご存知のように総量規制の導入をはじめとする、一連の法改正です。

法定金利の引き下げもその中のひとつで、それまでの上限である29.2%が20%へと引き下げられました。その結果、現在殆どの企業では18%が金利の上限となっていますよね。金利が下がることは大歓迎のはずですが、利用者にとってはむしろ総量規制の方が大問題だったようです。

総量規制の影響

総量規制が導入されたことで、何と言ってもそれまで借りれていたものが借りれなくなってしまうのですから、やはり実質的にはこちらの方が利用者にとって切実な問題であるのは当然のことかもしれませんね。

ところが銀行カードローンのレイクならば、この総量規制とは無関係なのです。つまり規制である年収の三分の一近くまで借りている人だって、申込み可能なんですよ。消費者金融ならばここまでの借入がある人は、審査どころか申込みの時点でシャットアウトですから、これは非常に大きな差だと言えます。

借入額が年収の三分の一近くあっても、返済能力はまだ十分に見込める人も少なくありません。そのような人は、レイクならば新たな借入が可能なのです。

  • レイクなら総量規制とは無関係!

また申込み時には年収の三分の一を越えていない場合でも、他社からの借入のある人については、どうしてもその限度額は控えめに設定される傾向があります。これは他からの借入が増えて規制額を越えてしまわないためなのですが、総量規制の制限がないレイクでは、そのような心配もありません。

収入証明書の提示

総量規制は年収額に対する借入額についての制限ですから、その人の年収のチェックが欠かせません。消費者金融ならば、今回の借入で50万円、他社からの合計で100万円を超える借入があれば、収入証明書の提示が必要となります。

もちろん銀行だって総量規制とは関係ないといっても、返済能力の審査はしなくてはなりませんから、一定額以上の借入になれば、どこでも必ず年収証明書の提示を求められます。但しその基準は消費者金融よりもかなり緩く、そこでの申込み額が100万円、200万円、中には300万円以下は提示が不要といったケースもあります。

レイクの場合は100万円を超える借入については、年収証明書が必要となります。つまり今回の借入が100万円までならば、本人確認書類だけでOKなのです。提出する書類が少ないというのは、融資を急ぐ方にとっては非常に助かりますよね。

  • レイクなら100万円までは収入証明書不要!

レイクで認められている収入証明書は以下の通りです。

  • 源泉徴収票(直近分)
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 所得(課税)証明書

また上記の書類が用意できない場合には、以下の提出が求められます。

  • 給与明細書(直近の3ヵ月以内の連続2ヵ月分)

給与明細書は勤務先によって様々な形式がありますので、なるだけ公的書類の方が望ましいんですね。特に記載内容が手書きのものは認められませんので注意しましょう。もしも手書きの給与明細ならば社印が必要で、社員個人の印章しかないものは年収証明書にはなりません。

年収証明書は、企業によっては「原本」を求められるケースもあるので、レイクの場合の提出方法と、コピーでも可能かどうかについてもまとめておきましょう。

    《年収証明書の提出方法と提出形態》

  • 郵送〈コピー〉
  • FAX、メール送信〈原本を写して送信〉
  • 自動契約機〈原本を提出〉

このように、レイクでは年収証明書はいずれの提出方法であっても、原本はそのまま手元に残すことができます。これならば他にも使い回しができますので、今後どこかで年収証明書が必要な場合にも安心ですね。

なお郵送の場合、もしもコピーでなく原本を送付したとしても特に問題はないのですが、その場合、再利用のために返してもらいたくても返送はしてもらえませんので注意しましょう。また過去1年以内の賞与明細書もあれば、一緒に提出すればより審査には有利になります。この提出形態についても年収証明書と同様です。

ところでインターネットから申込む場合、送付した年収証明書などの画像が不明瞭だと、やり直しが必要な場合もあります。スピーディーなはずのレイクでの申込みも、このような不手際があると、貴重な時間が半日から1日以上も無駄になってしまうかもしれません。

特にお急ぎの場合、画像の処理に自信のない方は、スムーズな借入の為に自動契約機の利用がお薦めですよ。

自動契約機はスグレモノ!

レイクの借りやすさは、その申込み方法が充実していることも理由のひとつに考えられます。パソコン、スマートフォン、携帯、郵便にも勿論対応しているのですが、新生銀行以外にも店舗を持っているレイクとしては、その自動契約機の存在が非常に大きな長所となっています。

しかし契約機を使うのは初めてという方にとっては、なんとなく敷居の高いものかもしれませんね。レイクの店舗へ行くのはちょっと気が引けるという方も多いでしょう。しかし何も自宅や勤務先近くでしか利用できないという訳ではありません。

レイクのサイトで店舗検索をすれば、ちょっと離れた安心な場所で、申込みやすいポイントが必ず見つかりますよ。

    レイク店舗検索は、所在地以外の条件でも絞り込めるスグレモノ!

  • ATM設置
  • 24時間営業
  • 駐車場の有無

また機械を相手に手続きをするのは難しいとお考えの方も、ご心配は無用です。自動契約機といっても、オペレーターと通話できますので分からないことは全てその場で尋ねることができますよ。

また申込書の作成も画面で行うのではなく、申込みシートにボールペンで記入するタイプですから、画面の手続きが苦手という方でも心配ありません。

  • レイク自動契約機はオペレーターが対応!申込用紙は手書き!

また本人確認書類や年収証明書など、必要書類の提示が最も簡単なのが、この自動契約機なんです。郵送やファクスの場合は、コピーをとって送付する必要がありますし、インターネットならば写真に撮ったりスキャンして画像ファイルにした上で、メール送信という段取りになります。

必要書類の主な提出方法は?

申込み方法 書類の提出手段
郵送 コピーして郵送
ファクス コピーしてファクス送信
インターネット 撮影して画像ファイルをメール送信
自動契約機 原本を持参

このように自動契約機ならば、原本をそのまま持って行くだけ。ややこしいことが苦手という方には特にお薦めですよ。

またお仕事が忙しくて店舗まで行く時間がないという方でも、自動契約機は営業時間が長く、余裕をもって利用できます。

レイク自動契約機の営業時間

平日・土曜日 8時45分~24時
日曜日・祝日 8時45分~22時
毎月第3日曜日 8時45分~19時

そして何と言っても、カード発行が早いというのが契約機の一番の魅力でしょう。契約機でカードをその場で入手して、店舗内のレイクATMでそのまま借入が可能ですよ。

振込キャッシングも!

レイクには自動契約機やATMが揃った店舗がありますが、もちろんレイク店舗を全く使わない借り方だって可能ですよ。次に、店舗を一切利用しない申込みと借入方法についてもご紹介しましょう。
(⇒レイクのカードローンでお得に借り入れ

レイクでは店舗ATM以外にも、新生銀行(リテールバンキング店舗)のATM、またコンビニATMも利用可能ですので、店舗を使わずカードで出金することは簡単です。

    レイクで利用できるATM

  • レイク店舗ATM
  • 新生銀行(リテールバンキング店舗)ATM
  • コンビニATM

振込も便利!

一方で、カードを使わない振込キャッシングも、レイクでは非常に便利に使うことができます。特に契約機を使いたくないという方は、インターネットで申込み、仮審査の結果が出た後、必要書類をメールかファクスで送信すれば、確認後すぐに振込で入金してもらえます。

この場合、カードは後日郵送になりますが、とりあえず一回目の借入は、早ければ当日中にも可能なのです。但し即日借入のためには、手続きの完了は平日の14時がタイムリミットになります。もしもこれを過ぎてしまうと、翌日以降の借入になりますが、カード郵送を待つよりは確実に早く借りれるでしょう。

※カードを使わないレイクの借入手順
1.インターネットで申込み
2.仮審査結果の連絡
3.必要書類をメールかファクス送信
4.銀行口座に振込(平日14時までなら即日振込可能!)

ところで、カード一式を後日郵送にしてもらった場合、ひとつ注意しておきたいことがあります。レイクのカードや契約書などは本人限定郵便で郵送されますので、受取の際にも本人確認書類が必要となるのです。

本人限定受取の郵便物が該当する郵便局に到着すると、まず本人宛に通知書が届きます。これと本人確認書類を窓口に持参し、基本的には郵便局で受け取りという段取りになります。

外出先からも振込みで!

振込キャッシングは申込み後初めての借入時だけでなく、その後も必要に応じて利用することができます。カードを使いたくない場合や、カードを忘れたという場合にも、携帯やスマホに登録しておけばすぐに手続き可能です。

  • レイクならカードなしでもスマホで借入れOK!

レイクの会員ページから申込めば、平日14時45分までならば当日中に振込んでもらえます。カードを持ち歩かなくても、外出先からもスマホから誰にも気づかれずに手軽に手続きできますので、レイクではお薦めの借入方法ですよ。

レイクの2種類の無利息期間!

しかし何と言ってもレイクでお得なのは、無利息期間です。銀行カードローンとして貸金業法の規制を受けないにも関わらず、無利息期間はこのようにちゃんと利用できるのですから、レイクがいかにお得なカードローンかということがよく分かりますね。

  • レイクなら2種類の無利息期間がある!

しかもレイクならば、2種類の無利息期間から自分に合った方を選べるんですよ。あなたならどちらがよりお得に活用できますか?

無利息期間 適用額 契約額
180日間 5万円分 1万円?200万円まで
30日間 全額 1万円?500万円まで

無利息キャンペーンは、今回レイクで初めて契約した方が対象となりますので、以前利用したことのある方には適用されません。また2種類ある無利息期間は、180日間か30日間のどちらかしか選ぶことができません。

また無利息期間を無駄無く上手に活用しようと思うと、これ以外にも幾つかの注意点があります。それを以下にまとめておきますので、お得な利用のために是非ご参考になさってください。

※無利息期間は契約の翌日からスタートします!

よくある勘違いで、無利息期間は実際にお金を借りた翌日からスタートすると思っている方がいますが、これは間違いです。無利息期間は、申込みをして審査に通った契約成立の翌日が、無利息期間の第一日目となります。

つまり契約後借りずにいると、せっかくの無利息で使える期間がどんどん無駄に過ぎ去ってしまうことになるのです。無利息期間を活用するには、契約後はなるだけ早く借り始めることがポイントです。

※180日間は5万円を超えた分に通常の利息がかかります!

180日間の方は、非常に長期間使えるお得な無利息期間ですよね。但し適用額の上限が設定されており、いつでも利用額の内5万円についてのみ無利息が適用されるという形になっています。

もちろん5万円以下の借入でもOKですよ。追加借入したとしても、5万円までならば無利息です。5万円以上の借入については、例えば8万円借りたとすると、5万円分が無利息となり、残り3万円分については通常利息扱いとなります。

※無利息期間中も約定返済はしなくてはなりません!

これもよくある勘違いなのですが、無利息と聞くと返済もしなくていいようなイメージを持つ方もいます。しかし毎月の約定返済は、無利息期間中であっても発生します。特に初めて迎える返済日については、ついうっかりすることが多いので気をつけたいところですね。

※延滞すると翌日から通常利息プラス遅延損害金がかかります!

無利息期間はお得なキャンペーンですが、延滞をすると二重にダメージがあるので気をつけなくてはいけません。無利息期間中に延滞をしてしまうと、翌日からは通常利息に戻ってしまうのです。これでは何とも残念ですよね。

しかもそれだけでなく、当然ながら通常通り遅延損害金も発生しますから、これではせっかくの無利息期間もすっかり台無しになってしまいます。特に無利息期間中は返済不要といった勘違いの結果延滞にならないよう、くれぐれも気をつけたいところです。

【参考ページはこちら】
レイクは審査が甘い?カードローンについてもっと詳しく

新着記事
TOPICS