> > > レイクは審査があまい?申し込みに関する噂や口コミを検証!

レイクは審査があまい?申し込みに関する噂や口コミを検証!

巷よくあるカードローン会社。今では使いやすくて大人気の消費者金融から、堅実でそつのない銀行系まで様々なカードローンが揃ってます。実際に選ぼうと思っても中々選べないものなんですよね。どれも似ているような雰囲気なのに細かいところが違う、となれば、どうしても迷ってしまうのは仕方がないというものです。

そんな時には元々有名なカードローン商品に目を向けてみるのも良いかもしれません。知人や友人が利用している商品も安心ですよね。今日はそんな中でも昔からの人気を誇る、レイクについて注目してみましょう。消費者金融の黎明時代から有名だったレイクですが、利用したことがなくても名前を知っている人が多いかも?
(⇒レイクで急に借り入れできなくなることってある?

かつては消費者金融の雄!

レイクと言うと、消費者金融が大流行した時代まで歴史をさかのぼることができます。それほど昔ではないような気もしますが、実際は結構な年月が経っていることに驚いてしまいますね。でも何より驚くのは、当時はカードローンなんて考えもしない子供だった人が大人になった今でも、レイクという名前はよく知られているということです。

レイクは他の大手の消費者金融同様、成長する消費者金融企業として頭ひとつ抜いた業績を上げていました。テレビでのCMや雑誌での広告でも精力的に宣伝活動を行い、利用者は増加する一方でした。当時のCMを覚えている人もいるのではないでしょうか?分かりやすく覚えやすいCMで、今でもCMソングを口ずさめてしまいます。

しかし時代が流れるにつれ、レイクはその業態を変えて行くことになりました。貸金業法の改正がその引き金になったと言う人もいれば、元々経営陣はそのつもりだったに違いない、と言う人もいます。どちらが真実かは断言できませんが、どちらにせよ、悲観的な理由ではなく、あくまでも前向きな姿勢での業態変更であったことは確かです。

銀行のカードローン商品に!

その業態変更は、レイクそのものが銀行の商品になるというものでした。銀行は新生銀行という、メガバンクと比べれば規模は小さいものの、しっかりした基盤を持つ中堅どころの銀行になります。この銀行がレイクをカードローン商品として傘下に収めたということになります。合併や吸収ではなく、商品そのものということに驚いた人も多いでしょう。

レイクはカードローン商品として生まれ変わり、新生銀行は元々レイクが持っていた全国展開済みの専用ATMや店舗を手に入れることができました。これによって新生銀行は一気に全国に進出したことになります。今までよりもずっと広く経営の範囲を広げ、様々な人に融資や預金のビジネスを推し進めることができるようになったのです。

また、銀行の商品になったことによって、今まで消費者金融としての立場で貸金業法が適用されていたのですが、それからは銀行法が適用されるようになりました。貸金業法と銀行法はどちらもお金に関する法律ですが、名前が違うということは内容も違うということです。消費者金融時代に面倒だったことがから解放されるという一面が発生しました。

銀行法だから不自由解消!

消費者金融時代、利用者の人たちが頭を悩ませがちだったのが総量規制です。この総量規制は年収の三分の一までしか借りられない、という内容なのですが、やはり人によってはそれ以上の金額を必要とすることもありますよね。ところが総量規制があると、消費者金融ではどうしても決められた金額しか借りることができなくなります。

しかしこれはあくまで貸金業法の一端であり、銀行法とは全く関係ありません。つまり、銀行法に則って提供される融資商品(カードローンなど)には、総量規制が適用されないのです。銀行には貸金業法は関係ありませんから、それは当然のことですよね。今まで年収の三分の一までと決められていたことが解放されたことになります。

レイクは消費者金融として経営していた頃はやはりこの総量規制が曲者でした。しかし今、新生銀行の商品のひとつとなってからは、貸金業法は関係なく、総量規制に悩まされることもなくなりました。もちろん融資上限そのものは存在しますが、年収の三分の一という概念にとらわれなくて済むようになったのは嬉しい人も多いでしょう。

速度重視の審査が嬉しい!

銀行のカードローン商品と言うと、どうしても溜息をつきたくなってしまうのが審査の長さ。色々と書類を揃えなきゃいけないし、最近はオンラインで申し込みができると言ってもやっぱり銀行だと時間がかかりそう……。ところがレイクはそんなことはありません。流石は元大手消費者金融と言えばいいのでしょうか。

大手消費者金融の特徴は、申し込みから審査、契約の成立までがとてもスピーディであるということが上げられます。申し込んだその日から融資を受けられる、なんてことも珍しくありません。レイクもその例に漏れず、消費者金融時代はかなりスピーディな審査と契約成立で利用者の人気をがっちり集めていたものです。

その時のノウハウを活かし、現在は銀行の商品でありながら、当時のようなスピード審査が可能になっています。銀行側としても、今までになかった発想や方法に驚きつつもレイクの存在と人気は有り難いことでしょう。利用する側にはこれと言って構えることもありませんし、スピーディに銀行のカードローンを楽しめるようになりました。

審査は甘い?厳しい?

審査と言うと、気になるのが審査の厳しさです。クチコミや噂で「あのカードローンは審査が厳しい」「あっちはそれほど厳しくない」などと、色々な情報が飛び交っていますね。レイクももちろんその中に含まれているようです。レイクは元消費者金融というだけあって、詳しい人はもちろん名前を聞いたことがあるでしょう。

あまりにも有名だったため、消費者金融に詳しくなかった人は、「レイクは消費者金融だ」という間違った知識を持ったままであることも少なくないようです。これで審査や返済について色々な噂が流れ始めてしまった可能性は否定できません。新生銀行としては、今では銀行の商品だということをもっと広めて欲しいくらいかもしれませんね。

審査のレベルとしては、一般的な消費者金融と銀行の中間くらいだと言われています。厳しすぎず甘すぎず、という感覚でいれば一番良いでしょう。とはいえ、審査のスピードは折り紙つきです。そこまで厳しいという可能性はまずないと言えますね。あまり心配しすぎず、まずは申し込んでみるのが一番良いですよ。

提携ATMも全国で充実!

借り入れをしたら返済がやって来るのは周知の事実。なければ嬉しいですが、そうもいきませんね。でもこれって、振込だとついつい忘れてしまったり、期限ぎりぎりになってしまって大慌てて銀行にダッシュした経験はありませんか?そういう時に「自宅近くに返済できるATMがあればいいのに」と思ったこともあるのではないでしょうか。

レイクの返済は全国にあるATMからはもちろん、コンビニに設置してある提携ATMからも可能になっています。その際の手数料は無料で、返済金額以上のお金が手元から出て行くことは絶対にありません。たかが数百円でもされど数百円、嬉しいサービスですよね。どのATMでも手数料はかかりませんので、旅行先などで返済日になっても安心です。

コンビニで有名な提携ATMが、セブン銀行、ローソンのATM、ファミリーマートやミニストップなど有名な店舗に設置されているイーネットになります。どこも借り入れも返済もできるという優れた提携振りですので、日本全国どんな時でも安心して利用できるのが何よりも嬉しいですね。旅行先の不慮の出費にも対応できます。

レイクは全国区をカバーする、便利なカードローンです。今まで知らなかった人も、迷っていた人も、一度は利用してみても良いのではないでしょうか。金利などにももちろん無理はなく、どんな層でも利用しやすいカードローンになっていますよ!

【参考ページはこちら】
レイクは家に確認の電話がかかってこないってホント?

新着記事
TOPICS