> > > 審査なしで借りれる?キャッシングの常識とコツのあれこれ

審査なしで借りれる?キャッシングの常識とコツのあれこれ

ちょっとまとまったお金が急に必要になった時、給料前でどうしてもお財布が寂しくなってしまった時、案外誰でもある経験ですよね。食費を節約したり雑費を抑えて間に合う程度なら良いのですが、そうもいかない場合が多いのもまた現実です。かと言って今時、給料の前借りも中々言い出しにくいものですし、何かと頭が痛い問題です。

そんなことにならないようにすればいいんだ、もっと計画的に給料を使うべきだ……なんて堅実な言葉もあるでしょうが、人生は何が起こるか分からないもの。唐突に明日までに数万、数十万必要だ、なんてことにもなりかねません。そんな時、普段は使わないくらいの大金をすぐに用意できる人の方が少ないのではないでしょうか?

ではそんな事態になったらどうすればいいのか……多くの人はキャッシングを選ぶと思います。キャッシングは一度利用できるようになってしまえば、普段は使わなくてもいざと言う時に大変心強い存在になってくれます。キャッシング会社が色々ありますので、一社、あるいはそれ以上の会社と契約している人も多い時代になっています。

契約するだけでも心強くて安心!

普段は使っていなくても、いざという時、不測の事態でまとまったお金が必要になったら、キャッシング契約さえしてあればすぐに用立てることができます。これは保険のようなものだと考えれば分かりやすいかもしれませんね。医療保険に入っておけば、急な入院や手術の時に役に立つように、キャッシングもお金の保険のようなもの。

もちろん、日常生活の中で家計に織り込んで利用する人も多いですよ。返済計画をきちんと立ててから、収入に見合った金額をキャッシングし、生活にちょっとした潤いを取り入れて楽しんでいる人もいます。最初から利用金額を決めておけば家計の予定も立てやすいですし、賢いやり方かもしれません。生活の向上ということで、中々良い使い方です。

長期的に考えて見ると、やはり「人生何が起こるか分からない」、このことに重点を置いてみることが大切かもしれません。もしも急にまとまったお金が必要になっても、一切用意できないとしたら……それは大変なことに繋がりませんか?キャッシング契約をひとつしておくだけで、その危険性を回避できる可能性がとても高くなるのです。

キャッシングの常識はこれだ!

でも、今まで現金主義だった、キャッシングをしたことがない、お金を借りたことがない……と言う人も当然いるはず。むしろ誰でも最初は未経験です。そんな状態だと分からないことも多いですよね。自分では思いも寄らなかったことが、キャッシングの世界ではとても重要ということも有り得ます。そんな時のために少しの予備知識は必要です。

なぜ予備知識が必要かと言うと、その理由は至って簡単と言えば簡単。キャッシングの世界は「知らない」では済まされないことが結構あるのです。たとえば「返済日に無断で遅れたらいけないと知らなかった、返せばいいと思っていた」と言う人もいます。確かにそんなイメージを持ってもおかしくないのが現代のサービスですよね。

しかしキャッシングの世界では取り扱うものがお金なだけに、無断で遅れたりするということは何よりも嫌がられるのです。思った以上にあなたの信用に傷が付いてしまったりもします。他にもキャッシングの世界には、経験しないと分からないことがたくさん。知らないうちに酷いことになる前に、少しチェックしておくのも悪くはありませんよね。

キャッシング用語あれこれ

キャッシングをしなければ分からないこと、たくさんありますよね。現金だけで暮らしていたなら耳にすることもなかったかもしれない用語もあります。もしかすると仕事などで聞いたことのある言葉があるかもしれませんが、先に知っておくのと知らないのでは大違い。知らなければここでチェックを、知っていたら一度改めて考えてみませんか。

代表的なキャッシング用語を集めてみました。知っているものはありますか?

借入 返済 総量規制 審査
お金を借りること お金を返すこと 個人で借りられるお金の上限 キャッシングできるか否か信用情報を精査する

借入、返済は特に説明をする必要もないでしょう。とはいえ、キャッシングの基本と言えば基本なので記しておきました。この借入と返済があってこそのキャッシング社会です。基本的にはこの二つをしっかり理解するところからキャッシングというものは始まるわけです。どちらも文字を見れば内容がすぐに分かるものですが大変重要です。

そして返済もとても重要。借入できても返済に遅れると、あなたのお金関係の信用情報に傷がつき、その後の人生で大きな買い物をしたい時に面倒なことになるかもしれません。一定の期間が経てば返済に遅れた記録は消えますが、それは数年単位になります。数年も記録が残るのは嫌なものです。返済日はしっかり守りましょうね。

審査の常識と密かなコツ!

審査って個人情報や信用情報を詳しく調べるって本当?でも、キャッシング会社によってはこの審査ナシですぐにキャッシング契約ができるって聞きました。これも本当ですか?

審査はキャッシング契約の申し込みのいの一番にやるものです。仮審査、本審査という二段階に分かれているキャッシング会社がほとんどで、どちらの審査も重要です。仮審査では申し込みの書類に不備はないかどうかを見ることがほとんどです。ここで落ちてしまうのは大抵書類不備ですので、送付前に何度もチェックした方が良いでしょう。

仮審査が終わればいよいよ本審査になります。本審査は仮審査とは違い、厳密な審査をされることが多いと言われています。他社からの借入額はあるのか、あったとしたらどれくらいの金額か、過去にお金関係のトラブルはないか……そんなことを信用情報機関に情報を参照しながら審査を行うわけです。場合によっては多少時間がかかります。

審査がないキャッシング会社というものは、本来絶対にありません。「審査なしでも契約できたよ!お金が借りられたよ!」と言う人の話は2つのパターンが考えられます。1つは分かりやすい闇金に引っかかったケース。身分証さえあれば貸してくれるというところも多々あります。借りられても返すのが大変になることは想像に難くありませんね。

もう1つのパターンとしては、「審査がとても速かったので審査されたという実感がない」ケースが考えられます。今は消費者金融も銀行系も変わらないくらいに審査のスピードが速くなっています。申し込んだ即日に利用できるようになることは既に珍しいサービスではありませんし、場合によっては最短で1時間未満で契約完了ということもあるくらいです。

総量規制は知っていた方が得!

キャッシングしている友人が、「総量規制に引っかかった」と言って困っています。きちんと返済日も守っているのにお金が借りられなくなったそうです。この総量規制って一体どういうものですか?

総量規制とは、消費者金融でキャッシングを利用する時に適用される法律のことです。貸金業法と言います。制定されたのは比較的最近ですが、キャッシング利用者保護のための重要なルールと言って良いでしょう。簡単に言うと、「お金を借りすぎない」「お金を貸しすぎない」という方針を目指すため、顧客と融資側双方が気をつけるルールです。

昔、まだこの総量規制が制定されていなかった頃、収入と見合わない金額の借入をする人が見られました。結局返済に困り、自己破産などの債務整理が増えてしまったのです。債務整理は本人にとってもあまり良いとは言えないことですし、融資するキャッシング会社にとっても、回収できなくなるのだから損するばかりですよね。

お互いにメリットがない債務整理を限りなく遠ざけるために制定されたのがこの総量規制です。内容としては、「年収の三分の一までしか借りてはいけない(貸してはいけない)」という、大変シンプルで分かりやすいものになっています。しかしこのシンプルなことがとても大事であることは一目瞭然ですよね。

この総量規制は個人によって違いますが、上限金額や上限近くまでキャッシングをすると、自動的に借入ができなくなります。もちろん返済を順調に行い、三分の一の金額まで余裕ができれば、また借りることができるようになります。借り過ぎない、貸し過ぎないを心がけて、上手に利用できることが一番良いですよね。

ちょっとしたコツで手元に安心!

キャッシングの契約を申し込む時、ちょっとしたポイントを抑えておけば審査に通過する確率が上がる場合があります。全く難しいことではなく、むしろかなり簡単、常識的なことかもしれません。しかしこの「ちょっとした」で大きな差がついてしまうのも皮肉な話です。審査に通るのと通らないのでは話が180℃変わってきてしまいますよね。

コツはとても簡単です。一つは「申し込みは一回につき一社のみにすること」。複数の会社に同時に申し込みをすると、もしかしてそんなに焦ってお金を用意しなければいけない変な理由があるのでは……?と心配されてしまい、結局トラブルを恐れたキャッシング会社に断られてしまうことが高確率で起こり得ます。

特にやましい気持ちも大変な事情もなく、初心者ゆえに「とりあえず何社か同時に申し込んでみよう」と考えて、軽い気持ちで一度に何社も申し込んでいしまう人もいるのですが、説明した通り、身に覚えのない理由を心配されてしまうはめになるかもしれません。審査に落ちる理由が他にないのにこれでは残念ですから、気をつけたいところです。

基本の書き間違いも要注意!

そして基本の基本なのですが、案外多い理由が「個人情報の入力ミス、書き間違い」です。インターネットでの入力ミスや、申込書類記入時に書き間違えてしまうという基本的なものですね。まさか自分の情報を書き間違えるなんて……!と笑ってしまう人もいるかもしれませんが、これが実際にかなり多いという統計が出ているのです。

こればかりは自分の不注意ですから、逆に言えばきちんとチェックさえしていればどうということはありません。送信する前に、送付する前に何度もチェックして、誤字脱字や誤記入に充分気をつけるようにしましょう。学校でやったテストの提出に比べればずっと簡単なことですよね。また、添付書類の添付忘れなどにも気をつけるようにしましょう。

ちょっとしたコツばかりですが、この「ちょっとした」ものが大切なことだったりするのがキャッシング、信用の世界です。一度利用できるようになればこんなに心強いものはありませんから、先に少し調べておいて、知識を身につけて上手に利用しましょうね。

【参考ページはこちら】
審査が緩いカードローンに関するおすすめQ&A

新着記事
TOPICS