> > > 専業主婦でも借りられるカードローンの利用条件とは何か

専業主婦でも借りられるカードローンの利用条件とは何か

カードローンの利用目的は様々ですが、最も一般的なのは一回当たりの利用金額はそれほど大きくはないですが生活費の補填としての利用です。特に生活を回しているのは主婦の力が大きいため生活費での借入の主体は主婦と言う事になります。主婦と言っても最近ではパートなどで何らかの収入がある人が多いのでカードローンも利用しやすい訳です。

しかし主婦の場合、こういった収入のある人ばかりではなく収入のない専業主婦と呼ばれる人もいます。以前は専業主婦の比率は高かったのですが、最近では徐々に低くなりつつあり、収入がありませんから、返済の事を考え、金融機関は専業主婦への融資を躊躇し借りにくい状況にあります。ではどうすれば専業主婦がカードローンを利用できるでしょう。

カードローンの一般的利用条件

カードローンは誰にでも借りられるというものではありません。一定の利用条件をクリアしなければ借りることはできません。最も厳しいものは法的な規制ですが、そのほかにも年齢制限や、収入など金融機関が独自に設定している利用条件が様々あります。

これは収入のある人もない人も同じように満たさなければなりません。収入のない専業主婦には厳しいものもあります。そこでまずはカードローンを利用するために必要な利用条件から考えていくことにしましょう。

法的な規制

専業主婦だけがターゲットと言う訳ではありませんが、収入によって融資できる金額に上限を設けている法令の規定があります。この規定は貸金業法の総量規制と言うものです。貸金業法は消費者金融などの貸金業に適用されるもので、同じようなカードローンを提供している銀行には適用になりません。まずこの規定を調べておきましょう。

この規定によれば貸金業で融資できる上限は年収の3分の1までと言う事になっています。このためもし収入がなければ貸金業は融資を行うことができません。そういうことになってしまうと例えば生活を必死で回している専業主婦も借りられなくなってしまって、生活できなくなってしまう世帯も出てくることが予想されます。

このため、この規定には2つの例外規定が用意されています。一つは1つの貸金業からは50万円以内、複数合わせても100万円までは例外として収入を問わない、もう一つは専業主婦の場合には配偶者の了解があれば配偶者の借り入れ分と合わせて配偶者の年収の3分の1まで融資できると言う規定です。つまりこの範囲で無収入でも利用できる訳です。

したがって専業主婦でも法的にはこの2つの例外規定によって貸金業である消費者金融でも融資を受けることが可能です。銀行の場合にはもともとこういう法的な規定がありませんから、要するに金融機関は専業主婦でも融資してよいと言う事になります。しかし実際には収入が無い人への融資は非常にハードルが高くなっているのが現状です。

一般的な申込条件

法律を満たしているからと言って金融機関は返済能力があるかどうかわからないような人においそれとは貸せません。貸したうえで返済されなければその分は損失と言う事になります。金融機関のお金の出どころは基本的には銀行の預金です。消費者金融はその銀行からお金を借入して貸しているだけで、突き詰めればこれも銀行の預金なのです。

したがって返済できるかどうかわからない人に安易に貸して損失を出したら預金者を裏切ってしまうことになるのです。もしそんなことになったら、そんな銀行からは預金者は預金を引き揚げてしまうでしょう。このためカードローンの融資もそう簡単にはできないのです。専業主婦と言えども同じことで、金融機関は安易な判断はできません。

このため金融機関はカードローンやそれ以外のローンも同じですが、利用の申し込みができる条件として、安定収入がある人という項目が入っています。この条件は専業主婦には厳しいもので、いくら法的には融資がクリアになっているとしても、実際にはこの条件のためになかなか審査に通らないと言う事になってしまう訳です。
(⇒カードローン審査に通らないのはなぜ?

判断は金融機関ごとに違う

ただし金融機関の方でも、利用者を獲得していかなければなりませんので専業主婦と言うのは魅力的な市場の一つであることに違いはありません。そこで金融機関によっては条件さえ満たせば専業主婦であっても融資に応じるというところはあります。また一般向けのカードローンでは審査上難しいと言う事であれば別の手段を用意している場合もあります。

このあたりは金融機関ごとに判断が異なっており一概には言えません。金融機関によっては厳密に審査をして専業主婦では申込みすらできないところもありますし、色々な工夫で大勢の利用者に利用してもらおと考えている金融機関もたくさんあります。ですから専業主婦の場合、まずは申込条件を確認することが必要になってきます。

地元金融機関などがねらい目

専業主婦の場合、対応してくれる金融機関は少ないですから、できるだけ多くの金融機関の情報を集めた方が早く見つけられるでしょう。そのためにはテレビで宣伝しているような大手金融機関だけではなく、地元にある地方銀行や信用金庫あるいは信用組合と言った中小の金融機関の情報も集めるようにしてください。意外にねらい目なのです。

こういった中小の金融機関は地元密着で営業していますから、地元の事情に精通していて例えば専業主婦が多い地域の場合にはそれに対応するために何らかの方法を用意している場合もあります。そういった金融機関を見逃す手はありません。しかもこれらは銀行やそれに準じる立派な金融機関ですから安心して利用することができます。

またこういった金融機関はお付き合いも大変評価してくれますから、以前から利用しているというような場合には審査でも優遇されるはずですので、それを利用しない手はありません。またご近所をあまり知らないという場合には、この際少し近所を回ってみて金融機関を発掘してみることも必要かもしれません。時間をかけて調べてみましょう。

ただし、中小の金融機関と言えば街中でよく見かけるいわゆる街金と呼ばれる業者があります。もちろんこういった業者は銀行やそれに準じるものではなくて消費者金融の一部と言う事になりますが、正規登録もしていない闇金と言う事も十分考えられるので、特に専業主婦にはお勧めできる業者ではありません。近寄らないようにしましょう。

専業主婦への融資条件

カードローンで審査に通りやすいのは収入が最も安定している公務員や会社の正社員と言う事になり、ついで契約社員や派遣社員、さらにパートや長期アルバイトが続き自営業が来ます。ここまではとにかく収入が有るので金融機関の方もカードローンの申込みは普通できると考えて良いのですが、もちろん専業主婦は入っていません。

収入のない専業主婦や定期収入のないフリーターなどの場合はなかなか申込みを受け付けてくれません。専業主婦が受け付けてもらえるカードローンの場合には各金融機関が設定する条件をクリアしている必要があります。条件は金融機関毎に違いますので、まずは専業主婦を受け付けてくれるカードローンを探すことが必要になってきます。

旦那さんの承諾が必要

まず専業主婦が申込むためには返済ができることを示さなければなしません。

多くの場合は旦那さんの収入から返済していくことになりますから、旦那さんの承諾が有ればカードローンの申込みを受け付けてもらえます。

金融機関によっては旦那さんと言うだけではなくてその世帯内で収入があって承諾が得られるのであれば受け付けるところもあります。

ただしもしこういった旦那さんなどの収入が少ない場合には収入が少ない人が申込むのと同じですので、やはり審査は厳しくなってきます。したがって承諾を得るにしても返済能力をよく考えてから申込む事が必要です。旦那さんにも世帯内にも返済能力がないと言う事になると借入と言うよりも別の方法を考える必要があります。

現在カードローンでは保証人や担保を必要としませんし、専業主婦が申込む場合も保証人は必要ではありません。しかし旦那さんの承諾と言う事は旦那さんの収入を返済のあてにしていると言う事で実質的には旦那さんが保証人になっていると言う事になります。この保証人というものには誤解があって返済の責任はあくまで申込者のように聞こえそうです。

しかし保証人と言うのはそうではありません。申込者とまったく同様な返済義務があるのです。したがって奥さんが安易な気持ちで旦那さんに承諾を頼んで、同様に旦那さんが安易に承諾してしまいがちですが、返済と言う観点から考えれば、旦那さんにも重大は責任が生じることになると言う事を忘れてはいけません。良く説明しておいてください。

上限額が抑えられているのが普通

また申込だけではなく、貸し出しにも条件が設定されているのが普通です。通常は専業主婦に対して融資される利用限度額は少ない金額が設定されます。例えば一般向けの場合利用限度額として300万円程度が設定されていたとしても、専業主婦向けに設定される利用限度額としては30万円程度を上限としている場合が多いようです。

ただしこれも非常に条件が良い場合であって、通常は10万円程度の利用限度額が設定されます。ですから専業主婦の場合融資を希望したとしても、自分の必要になっている金額が借りられるかはかなり疑問です。生活の補填だけと言うのであれば10万円あれば足りるかもしれませんが、それ以外にも使いたいというのは難しいかもしれません。

もし何か理由があってもっと大きな金額が必要と言う事であれば、専業主婦が申し込むのではなくて旦那さん名義で借入をした方が大きなお金を借りられる可能性は高くなります。ただしカードローンというものは初めて申し込んだときの利用限度額は非常に低額ですから、収入の多い旦那さんであってもせいぜい30万円程度になるでしょう。

レディスローンが借りやすい

金融機関の一部では一般向けのカードローンのほかに、貸出限度額を抑えて収入の少ない女性でも審査に通りやすくしたレディスローンと言うものを提供している所があります。こういったカードローンでも専業主婦ではやはり条件が付くのが普通ですが、条件さえ整っていれば審査自体は一般向けよりも通りやすくなっています。

レディスローンは銀行では少ないのですが、消費者金融は大手消費者金融を中心にレディスローンが用意されています。申し込みについてもインターネット上からもできますし、店舗も女性向きにおしゃれな作りにしてあったり、店舗の従業員全員を女性にして入りやすくしている所もありますので、専業主婦でも申込みやすいでしょう。(こちらもご参考に→女性に心強い味方!女性向けカードローン

またレディスローンではないですが、カードローンでは対応せず、利用目的自由のフリーローンのほうで条件付きの専業主婦の利用を認めている銀行なども存在しています。このようにカードローンが駄目でも他のローンでうまく利用してもらえるように考えている事も有るので、カードローン以外のローンについても調べる必要が有るわけです。

カードローンの利用条件を確認

このように専業主婦の場合カードローンを利用するには何らかの利用条件を満たしている必要があります。平たく言えば誰の収入で返済するかと言う事を明らかにしておくことが必要と言う事です。この利用条件は金融機関ごとに少しづつ違いがあります。そこで申込先を探すに当たっては、まずこの利用条件を確認しておくことが必要です。

そこで近所の自分の行動範囲にある金融機関を調べて、そこのホームページを見てみるようにしてください。カードローンの紹介ページには細かいことは書いてありませんから、商品詳細の説明ページを開いてください。ホームページによってはなかなか見つからないかもしれませんがよく探してみてください。必ず有るはずです。

その商品詳細の申込条件のところを見れば安定収入がある人と言っている付近に例外規定のように専業主婦の場合には何々が必要と言うように但し書きがある場合があります。これが専業主婦でも条件さえ整えば貸しますよというサインです。これがなければ専業主婦が申込むのは難しいと考えて良いでしょう。よく見て見逃さないようにしましょう。

返済を考える

もし申し込みができるところを見つけたとしても、もう一つ確認しておくことがあります。それは返済です。申込んで審査が通ったとしても借入した後本当に返済していける保証はありません。何しろ専業主婦の場合には自分に収入がありませんから、収入のある人よりもさらに厳しい目で返済について検討しておかなければなりません。

よく言われるのが、金融機関の審査に通ったのだから、返済能力について金融機関が認めたのだと言う事です。しかしそんなことは全くないのです。それは金融機関の返済能力の判断は収入によって行われているためです。返済能力は本来は利用者の収支で検討するべきものなのです。そうしないと日々の生活の中で返済に回せる金額がわからないからです。

旦那さんの承諾は得られるか

まず返済するお金を当てにしている旦那さんの承諾は得られているのでしょうか。専業主婦が勝手に承諾が有られているように見せかけていると言う事はないのでしょうか。そういう場合には審査でばれてしまう事も有りますが、うまく切抜けたとして、いよいよ返済しなければならないというときに旦那さんのほうが支払を拒否したらどうなるでしょう。

そうなったら収入のない専業主婦には返済できないことになってしまいます。旦那さんが勝手に契約させられたと主張したら更に立場は悪くなってしまうでしょう。まあ使い道が生活費で、信頼しあっていればそういうところまではいかないと思いますが、それにしても旦那さんの収入を当てにするのであれば、しっかり承諾を得ておきましょう。

また情報共有は申込時だけではありません。実際に利用する時点でも何時いくらの借入れをするというような情報は共有しておくようにしましょう。旦那さんも了解したわけですから必要と判断すれば借入にダメとは言わないでしょうけれども、話し合いによって金額を減らすことや、借入しなくても済む可能性も出てくるので、よく話をして下さい。

収支を調べよう

了解が得られたところで実際に収支を調べてみましょう。専業主婦なら家計簿をつけているはずですので、最近の月々の収支もわかるはずですし、前年の同じ時期の収支も分かります。そこで完済までの期間の収支を予想してみましょう。予想はなるべく正確に行ってください。毎月返済額以上に黒字が出ているのであれば借入れ可能です。

もし黒字幅が小さく返済金額に足りない、あるいはそもそも収支が赤字と言う事になってしまうと、返済することはできません。そこで借り入れを諦めてもよいのですが、どうしても借り入れが必要であれば、返済できるだけのお金をどこかから持ってくる必要が生じます。例えば何かを節約して余裕を作るというようにです。

こうして完済までの毎月収支から考えて返済ができると判断がついたら、実際に借り入れをしても大丈夫と言う事になります。この計算は返済できるかどうかを左右することになりますから、十分慎重に行わなければなりません。自分のことになると判断が甘くなってしまう事が多いですが、それは行く行く自分の首を絞めるので止めましょう。

返済計画にまとめる

次にこれを返済計画にまとめておきましょう。何月には何を節約しなければならないなど予めわかっていれば、その心構えのようなものもできやすいですし、これが有るのと無いのでは返済できる可能性さえ違ってくると言われます。旦那さんや家族にもこれを良く説明しておけば返済に協力してもらいやすくなることは間違いありません。

ただし、計画と言うものに狂いは付きものです。このためこの返済計画は毎月見直す必要があります。計画に狂いが生じた場合にはすぐにその狂いを修正しておかなければなりません。たとえば収入が少なかった場合には赤字になっているかもしれません。その赤字を埋めるには何らかの無理が生じたはずです。それが翌月以降に影響しないか調べましょう。

もし影響するのであれば、それに対して計画立案時と同じように何らかの節約をしなければなりませんし、それで吸収できる程度のものなのかどうかもしっかり確認しておかなければなりません。よく先々を見通してできるだけ問題が大きくならないうちに感知して早め早めに解決しておくことが重要です油断していてはいけません。

無理な計画は立ててはいけない

ここで注意しておかなければならないのは、無理な返済計画の立案です。

無理をすれば必ずどこかで計画のほころびが生じることになり、そこから計画が破綻していくことになります。したがって節約するにしても、本当にそれができるのかと言う事を見極めておかなければなりません。

あとになってやっぱりできなかったでは済まないのです。

例えば節約がどうしても無理なので、旦那さんの収入を増やすように勝手に残業時間を決めてこれだけ残業しろと言うような話を旦那さんにしたとしても、そんなことが旦那さんに約束できるわけはなく、結局計画が破綻する原因にならないとは言えません。ですから絶対に無理な計画を作るようなことはせず十分検討して実行可能な計画を立ててください。

借りないという選択肢

どうしても返済計画を作ることができ無い場合には借りないという選択肢もあることを忘れないようにしましょう。いくらお金が必要であっても、先々返済が滞る可能性があるうちは借りてはいけません。借りるのではなく家族に相談して緊急にでも節約して、必要なお金を捻出するという方法で考えた方が賢明と言って良いでしょう。

もう生活に行き詰って節約するところもないというのであれば、そもそも生活できるだけの収入が無いと言う事です。借りたからと言って先々の返済の見通しもないでしょう。そういう場合には行政に相談したうえで、生活保護など別の手段を考えるべき時です。よく旦那さんや家族と話し合って下さい。専業主婦が背負い込むのは難しいでしょう。

専業主婦の借入の問題点

専業主婦が生活を回していくためにカードローンを利用してお金を借りるというのは生活の質を維持していくためには必要なことかもしれません。しかし借り入れに伴って負う事になるリスクにも目を向けなければなりません。もちろん返済できるのかと言うような問題もあることはあるのですが、それ以外にも大きな問題が存在しているのです。

人間と言うものは弱いものでお金が借りやすくなってしまうと、最初は警戒して借入はなるべく少なくしておこうと考えるものなのですが、返済に慣れてくると徐々にタガが外れていくようになって借入金額が増え、最初は生活費だけのつもりだったものが、いつの間にかその他のものの買い入れにも利用するようになってしまう傾向が出てきます。

こうなってくると、専業主婦にも欲しいものはたくさんありますから、そういうものにもお金を使うようになってしまい利用額はさらに増えていきます。そのうちに借入が増えてしまって返済がずっと続くようになってしまったり、さらに別の借入先を探したりするようになることがあります。これは人間の弱点と言っても良いでしょう。

総量規制ができたわけ

以前の貸金業法には総量規制と言う規定はありませんでした。このため専業主婦であっても資産状況などを判断して返済できそうな場合は融資を受けることが出来ました。しかしここに問題があったのです。専業主婦が日々のストレスを解消するためパチンコを始めたりウインドウショッピングがいつの間にか実際の買い物に繋がってしまったりしました。

多少ならそれでも良いのですが、そういうことを続けていると常習的になってしまう事もしばしばあって、自分ではそこから抜け出せなくなってしまうようになります。これを依存症と言います。毎日毎日パチンコを続けていたり、毎日毎日ブランド物を買いあさってしまうのです。自分ではだめだとわかっていてもそれが止められず苦しむ事になります。

そしてカードローンの利用額は徐々に膨らんでいきます。そしてすぐに利用限度額まで使い切ります。しかし依存症がそれで収まるわけはありません。我慢しきれずに別のカードローンに手を出します。こうして次々に借入をしてしまい、いつの間にか多重債務者になり返済できず家族が気が付いた時にはどうしようもなくなって自己破産です。

こうして専業主婦の依存症は社会問題に発展してしまいました。実は貸金業法に総量規制が設けられた一つの理由はこの専業主婦の依存症もあったのです。これだけが専業主婦が現在のようにカードローンを利用しにくくなった原因とは言えませんが、使い方の方にも問題があったと言う事は覚えておいた方が良いのではないでしょうか。

現在でも依存症にはなりうる

現在でも生活費のつもりで借りたお金を利用するのは専業主婦です。実際に何に利用するかは、その人次第と言ってよいでしょう。大きなストレスが溜まっていたとすれば、考え方が正常な状態ではなくなってしまう事も十分ありうる話です。そうなるとどうなるかと言えば色々な状態が考えられますが、やはり依存症も有りうる話です。

もしそうなってしまうと、かつての社会問題が再現されます。しかも現在では利用限度額が小さいばかりでなく、次の借入先を探すのも難しいため、安易な借入先として闇金の罠にかかってしまう可能性もあります。したがって利用限度額が小さいと言う事は安心できることではないのです。常に注意が必要と言う事になります。

したがって利用には何らかの歯止めのようなものを作っておくことが必要でしょう。例えば、利用する場合には必ず、旦那さんと協議して、利用明細は必ず2人で確認するとか、もっと厳しく行うとすればカードは旦那さんが持っていて必要な時に渡すとかです。ただしそうすると今度は安易に旦那さんのほうが利用を始めることも有るので注意が必要です。

依存症になった場合

依存症になったとしても自分も周囲も簡単には分かりません。特に自分は精神的に病んでいるので、苦しんではいてもそれが依存症なのかどうかは判断できません。そのうちに症状が進行していき、さらに自分では判断力がなくなってしまいます。依存症の難しいところはまず依存症なのだと自覚する事ができない、できても抑制が効かないところです。

したがって専業主婦の異変は周囲が気づいてあげるべきことなのです。その点で旦那さんの責任は重大です。例えば毎日新しいブランド品が増えていくとか、家族の話を聞いて毎日長時間家にいないと言うようなことがあったとすれば、依存症の兆候として見て良いでしょう。そういう疑いがあるときにはどうすれば良いのでしょうか。

依存症は精神的な病気です。自分で治すのは極めて難しいと考えられています。病気の治療は医師に任せるのが一番です。まずは心療内科に連れていくようにしましょう。ただし自分が依存症だと言う事は容易には認められないので、受診を拒否する人もいます。そういう場合には旦那さんや家族が相談に行くことも可能です。なるべく早い対応が必要です。

問題の解決

依存症以外にもカードローンの利用では様々な問題に遭遇するでしょう。例えば返済計画を立てていても、急な冠婚葬祭が入ってしまえば、たちまち返済計画は狂い、しかも修正不可能なまでになってしまうかもしれません。そういう時はどうすれば良いのでしょうか。もちろん専業主婦にできることは限られています。

したがって問題解決に当たっては夫婦共同で当たることがもっとも大切なのです。必要があれば夫婦だけでなく家族全員で対応する必要が出てくるかもしれません。そのためには日頃から細かいことに至るまで情報を共有していることが必要です。毎日家族で話し合う時間を作るような生活を日頃から心掛けるようにしておきましょう。

【参考ページはこちら】
女性の場合、カードローン審査は厳しいの?

新着記事
TOPICS