> > > 一番通る金融機関はどこ?審査の甘いカードローンの選び方

一番通る金融機関はどこ?審査の甘いカードローンの選び方

カードローンを利用する場合、ちゃんと返済能力があっても、どうしても心配になってくるのが審査です。そこでカードローンを利用しようという場合には、金利などを調べるのと同時に通りやすい審査なのかどうかも調べる人も多いでしょう。審査というのは金融機関から見てこの人は信頼でき返済してくれるだろうかということを調べるものです。

もしこの審査に通らなければ、カードローンを利用することはできません。そこで利用を検討している場合、できるだけ審査が甘く通りやすいところを探す人が大勢います。では実際に一番通りやすい金融機関と言うものを探すことはできるのでしょうか。それともそもそもそういうものを探すことには無理があるのでしょうか。

カードローンが通りやすいとは

カードローンが通りやすいかどうかは金融機関の審査で決まりますが、審査は金融機関ごとに行っていて一般人がうかがい知るようなことはできません。ですから分かることと言えば実際に申込んでみた経験者の体験談ぐらいしかないことになります。こういった体験談はインターネットを検索すれば山のように見つけることができます。

しかしこういう話は誰でもが公開することができ、うがった見方をすれば通りやすいという情報を流して利用者を集めるために金融機関などが書き込んでいるというような事も無いとは言えません。したがってあまりこういった体験談を参考にするのではなく、分かっている情報から通りやすいと言う事を探っていこうと思います。

まずは審査についてしっかり理解していなければなりません。そこで最初に審査とは何かについておさらいしておくことにしましょう。なぜ審査が必要なのか、審査では何が問われることになるのかと言うようなことをしっかり理解したうえで審査に通りやすいという点について次節以降で検討していくことにしたいと思います。

ローンには審査がつきもの

カードローンでなくてもローンというものは審査がつきものです。審査は何のために行うのかと言うと要するに金融機関は貸したお金が返ってこなければ困るわけです。そこで申込者が本当に返済してくれるのかどうかを審査で判定しているのです。これを甘くすると言う事はそれだけ返済に対するリスクが高まることになるわけです。

ただし世の中には審査なしで融資してくれるような金融機関もあります。それは一般的には闇金と呼ばれています。こういう金融機関は場合によっては裏社会の人間を使っても強引に取り立てを行ういますので、リスクなどものともしません。しかしそんなところからは誰も借りたくありませんよね。ですから審査は避けて通れないのです。

審査では何が問われるのか

では審査ではいったい何が問われているのでしょうか。まずはその点を確認しておきましょう。審査は大きく分けて次の3点について行われます。

  • 本人の確認
  • 返済能力の確認
  • 信用情報の確認

まず本人の確認と言うのは、あまり解説で触れられることはないのですが、金融機関が全く違う人に貸して、請求だけ名義人に出してしまったとしたら、どうなるでしょうか。信用第一の金融機関の信用は一気に崩壊してしまうでしょう。ですから審査で最も重要なのは本当に本人が申し込んでいるかと言う点なのです。

このために金融機関は申込みに当たっては本人確認の書類の提出を要求し、さらに本人の勤務先に在籍確認までして間違いのないようにしているのです。金融期間によっては住民票の写しまで要求している場合もあるのです。在籍確認は嫌がる人がいますが、金融機関はなかなかやめることはでないでしょう。在籍確認ではしっかり対応しましょう。

返済能力の確認ではお金を貸すのですから当然申込者の収入が調べられます。金融機関はこの年収からどの程度までなら返済に回すことができるかを計算して、返済に問題がないかどうかを判定することになります。

当然年収が少なかったり、収入がないというような場合には返済能力なしと判定されてしまうことになります。

ここで油断してはいけないのは、他の金融機関から借り入れが有る場合です。この場合返済能力の判定ではその分が減額されてしまうことになります。そうすると返済能力は小さくなりますから、審査での評価は厳しくなります。借入件数が増えれば増えるほど厳しくなり4件目程度になるとまず審査が通るというようなことは有りません。

信用情報と言うのは利用者ごとに借入情報や、これまでのローンの返済情報、各種料金の支払状況などが記載されています。

この中には返済が滞ったり、さらに進んで債務整理をしたという様な情報も記載されていますので、この中に金融機関の嫌がる情報が含まれていれば審査に通ることはありません。

特にかつて問題があった場合には厳しいでしょう。

審査基準は金融機関毎に違う

金融機関はこの審査を各金融機関が独自に作り上げた審査基準によって行っています。注目しなければならないのは各金融機関独自と言うところです。つまり大きな部分では同じような構成であったとしても、各々の審査項目は各金融機関ごとに違いがあると言う事です。ここに通りやすいあるいは通りにくいという要因が隠れています。

また審査基準の運用にも注意する必要があります。例えば融資の希望が10万円だったら審査基準は甘めに利用されてなるべく利用してもらった方が利用者を増やすことができます。しかし融資の希望が100万円だったら、これは返済能力の点をしっかし審査しておかないと返済して貰えるかどうか不安になる金額のため審査基準の運用は厳しくなります。

審査に通りやすい利用者を考える

では次にどういった利用者が審査に通りやすいのかを考えていくことにしましょう。ただし審査が通ると言う事が自動的に金融機関が信用したと言う事にはなりません。審査に通ったというのは審査基準上は問題がなかったと言う事であって、金融機関が全面的信用しているわけではなく、とりあえず使ってもらって様子を見るという段階です。

このため申込み後最初に設定される利用限度額と言うのは非常に低い額ですし、金利は逆に最も高い値になっているはずです。ですから本来は審査が通ったからと言って安心してはいけないのです。ここでは審査が甘いところを考えていますが、審査に通ったとしても、利用を通じて審査されていると言う事を忘れないようにしましょう。

審査基準との相性

さて審査に通りやすいと言う事を考えて行きましょう。各金融機関には審査基準と言うものがあると言う事は説明しましたが、申込者にはそれぞれ個性や置かれた状況と言うものがありますから、これが金融機関の審査基準との相性が良ければ審査には通りやすくなりますし、相性が悪ければ審査に通るのが難しくなってくることになります。

この審査基準は金融機関ごとに違うと言う事は説明しましたが、そうすると申込者にとって相性のいい金融機関も有れば相性の悪い金融機関も出てくることになります。このため申込んだ先が相性が良ければ審査に通りやすいわけですが、相性が悪ければ厳しい審査だと感じるようになります。厄介なのはここからです。

個性や状況は申込者ごとに全然違いますから、申込者によって審査に通りやすかったり通り難かったりする金融機関と言うものはそれぞれ違ってくることになるのです。このため一番通りやすいと思っていたところを友人に紹介したら審査に通らなかったというようなこともしばしばあることです。このため安易に通りやすいというような話はできません。

つまり審査の通りやすさと言うのは一概に言う事ができないわけです。ですから一番通りやすいというのは他の人に聞いたとしてもそれが自分に当てはまると言う事はまずないと言ってよいのです。したがってもしカードローンを選ぶのだとしたら大体の傾向を把握してあとは別の有用な基準で選んだほうがずっとよい選び方と言えるでしょう。

体験談が何故使えないのか

ここで最初に説明した体験談が使えない理由を考えておくことにします。体験談は先ほど説明したように実際には利用者を誘導するための情報が含まれているというような問題があってそもそも危険なのですが、実際に経験した人の体験談を掲載していたとしても、やはり利用するには問題があるのです。それはここまでの話で分かるでしょう。(こちらもご参考に→カードローン利用体験談に関するおすすめ記事

実際にカードローンの審査で体験した人が実体験を書いたとしましょう。書き込みした人にとっては実体験ですから書き込みした内容は事実に基づいています。その体験は申し込んだ金融機関の審査基準と書き込んだ人の相性の結果と言う事になります。しかしそれはそれを読んだ人とは全く関係のない話と言う事になります。

読んだ人が同じ金融機関を申込んだとしても相性は全く違うわけですから、審査の結果も全く違うものになります。審査は甘いと記載されていたとしても、実際には審査は厳しいかもしれないというように、まったく逆のケースも存在するでしょう。ですから体験談と言うのは使えそうですが、あくまで参考程度に扱わなければならないものなのです。

ブラックと言う状態

しかしどんなに返済能力があったとしても、有る状態になるとカードローンの審査は一切通らない場合があります。これは先ほど説明した信用情報に関係しています。信用情報には過去の情報が含まれていると言いましたが、この中に例えばローンの返済やなにがしかの支払いが滞ってしまっているような場合には金融機関は不安を抱きます。

また以前に債務整理をしたような場合には、さらに大きな不安になり、金融機関はこれらのことをからカードローンの審査は通さなくなってしまいます。この状態をブラックと呼んでします。もともとは信用情報中にブラックリストがあるという噂から出た言葉ですが、実際には各々に情報が格納されているだけでブラックリストは有りません。
(⇒自分はブラックだと思う人向けのカードローン情報

ではブラックになってしまうともう一生駄目なのかと言う話になりますが、そうではありません。情報は一定期間経過すると信用情報中から消されることになっています。例えば単なる滞納と言うような場合には情報は5年間残ることになっていますし、債務整理をした場合には10年間は残ることになっています。

また心当たりがなくてもブラックになっていることはあります。例えば最近では携帯電話料金の滞納があります。自分としては大したことはないと思っているかもしれませんが、携帯電話料金を何か月も払っていなかったというような人は既にブラックになっている可能性があるのでカードローンを申込むときには注意しなければなりません。

重要なのは使いやすさ

このように一番通る金融機関と言うのは、個々に要件が変わるため、一概に言う事ができません。申込者ごとに変わってしまうのです。ですから、ここで安易にここがお勧めですよと言うようなことを言ったとしても、必ずそれに反するような結果になる人も出てくることになります。ですからカードローンを選ぶためには別の視点を持つ必要があります。

ではどうやって選ぶのが良いのでしょうか。それは他のものを選ぶ場合を考えればすぐにわかります。つまりどれが自分に合っているのか、あるいはどれが自分にとって利用しやすいのかと言っても良いでしょう。たとえ審査が一番甘かったとしても実際の場面で使いにくいのでは話になりません。何かを選ぶというのは普通そうだったはずですよね。

通りやすさの傾向

そうはいっても審査がやはり気になるという人は、大体の傾向程度を覚えておきましょう。まず最も審査が厳しいと言われるのが銀行です。銀行はもともと信用の最も高い事業者という一般認識がありますから、安易な貸出はしません。次に続くのが大手消費者金融で、それに続いて中小の消費者金融が続きます。しかしこれは一般論です。

現在ではカードローンを提供している事業者が多数あるため、利用者の獲得競争のような状態になっています。テレビのCMの多さを見ればこの状況が垣間見えるでしょう。この状況が審査にも微妙に影響しています。要するに審査を多少甘くしてでも利用者を獲得しようと考えている金融機関も少なくないのです。これは銀行でも変わりません。

このためメガバンクのカードローンでもブラックでも通すのではないかと言われるようなところもあります。もちろんブラックで銀行の審査は通りませんが、要するにそれほど甘いと言う事です。そうなるとどうなるかと言うと全体に審査を甘くせざるを得ないのです。例えば中小の消費者金融ではブラックでも通すところも出てきています。

通りやすいかどうかの判断は無理

こういう状況下ですから、通りやすいかどうかの判断はさらに難しくなってしまいます。どこでもそれなりに甘いと考えて申し込んだとしても、やはりここまで説明してきたとおり審査基準との相性が悪く落とされてしまう人もいれば、どう見ても通りそうにない人が利用限度額を低くした状態で審査に通る場合も出てくるでしょう。

したがって、通りやすさの傾向と言うものがあったとしても、必ずその通りの結果になると言う保証は現在かなり怪しくなってしまっています。したがって傾向は傾向として覚えておく必要はありますが、収入が極めて低いと言う状態でもなければ、やはりあまり審査を気にすることなく使いやすさで選ぶしか方法と言うものはないでしょう。

資料を集めよう

審査のことが気になるのであれば、事前によく金融機関を研究しておきましょう。例えばパートの人が使いやすそうな金融機関を見つけたとして、そこでさっそくカードローンの案内をみてみたところどうもパートには申込めないものだっとします。その場合そこで諦めてしまう人がいますが、それでは肝心な部分を見落としてしまう可能性があるのです。

パートを申込み対象にしていないカードローンと言うものは色々とあります。しかしその金融機関がパートの利用を拒絶しているわけではないのが普通です。もう少しよく調べてみると、もう一つ別のカードローンを持っている場合があります。そしてそちらの方ではパートも受け付けていることがよくあります。そういうところまで調べてください。

このように金融機関によっては例えば主力のカードローンのほかに、貸出限度額を下げて返済能力の小さい人を対象にしたカードローンや或はフリーローンの形で提供している所があるのです。場合によってはパートなどの女性をターゲットにしたレディスローンと言うような形で提供している場合もよくある提供形態になっています。

金融機関側も色々と考えてなるべく利用者を獲得できるようなカードローンを提供していますので、そういうものを見逃さないように資料集めでは十分気を付ける必要があります。それを踏まえたうえで自分の居住地や勤務地の周辺にある金融機関のカードローンの資料を集めるようにしましょう。大手だけではなく地方銀行なども忘れないでください。

利用開始後の使いやすさが大切

さていよいよ使いやすさを追求することになります。はじめに行わなければならないのは、自分がカードローンに何を要求しているのかをはっきりさせておくことです。そこで何を要求しているのかあるいは何を期待しているのかを、箇条書きに並べていきましょう。金利がいくつ以下とかATMが近くで利用手数料がかからないとか返済方式は何とかです。

一覧表にしたら、全部満たすところがあるかどうかは分かりませんから、それぞれに優先度に応じて重みを付けます。金利をいちばん重視するのか、あるいはATMの位置なのか、自分の判断で付けるようにしてください。ここまでできたら要求の箇条書きと重みを縦に並べて横に資料を集めたカードローンを並べてマトリックスを作ります。

あとは資料を見ながら要求に対する評価を行います。当てはまるものには重みの数字を書きます。全項目、全金融機関について評価をして下さい。あとはカードローンごとに当てはまった項目の所の重みの数字を足します。これがそのカードローンに対する点数です。点数の最も高いところが最も使いやすいカードローンと言う事になります。

こうやって選んだカードローンがお勧めと言えますので、信用情報に問題がなく返済能力さえあれば、あまり審査を心配するのは止めて申込みをしてみましょう。もし最も点数の高いところで審査に落ちたら次の点数の所が候補になります。ただし連続して申し込むと申込ブラックということになりますから、注意が必要です。

申込ブラックというのは通常の金融ブラックとは違って申込みを繰り返している人を金融機関ではお金に困っているのではないかと判断して審査に落とされるようになってしまう状態のことを言います。この状態は通常の金融ブラックよりも金融機関にとっては高リスクと評価されることが有るので注意しなければなりません。

申込ブラックは申込んだという情報が信用情報に書き込まれることによって始まります。この情報は6か月を超えない期間の間残ることになっていますので、概ね3か月程度、早ければ1か月程度で削除されます。したがってその機関の間は申込みを待ってから次を申込むようにしてください。慌てて何度も申込んでも審査には通りません。

ブラックの場合

では申込ブラックではなくて通常の金融ブラックの人の場合にはどうすれば良いのでしょうか。この場合説明したように5年あるいは10年間は信用情報中のブラックの原因情報は消えません。しかしブラックであろうがなかろうが生活していればお金が必要になるようなことは無いとは言えません。では何か対策と言うものはあるのでしょうか。

以前であればただ単にそんな金融機関は闇金以外には無いよと言ってよかったのですが、最近では利用者獲得競争が激化してきたため、どうもそう簡単に無いとは言えない状態になってきています。銀行や大手消費者金融は名前も売れておりブラックを相手にしなければならないように利用者には困っていませんが、中小の消費者金融はそうではないのです。

カードローンは無理

ただし消費者金融にもいろいろあってカードローンのようにATMやカードの発行が必要なようなシステムを自前で持てるような業者は大手消費者金融やせいぜい中堅と言われるような経営規模の大きなところでなければ無理なため、ブラックを相手にしなくても良い程度の業者ばかりです。したがってブラックではカードローンの利用は無理です。

しかし消費者金融の融資方法はカードローンだけと言うわけではありません。もともと消費者金融では窓口に行ってお金を融資してもらうという利用形態で営業していました。現在でも中小の消費者金融ではその形態を残しており、社長が直接話を聞いて融資しているというような所も残っていてブラックでも話を聞いてくれる場合があるのです。

ブラック対応の消費者金融

こういった消費者金融でも当初はブラックには尻込みしていたのですが、さすがに利用者がなかなか獲得できなくなってくるとそうは言っていられなくなってしまったわけです。そこで審査基準を少し甘くして、過去の信用情報については敢えて問わず、返済能力さえあれば貸そうということにする消費者金融が現れるようになっています。

このような業者は徐々に増加しており、今では消費者金融の一角を占める程度に数を増やしています。ですから自分はブラックだからお金は借りられないと思う前にブラック対応の消費者金融を探してみてください。ただし多くの業者はまだ大都市周辺にあるため、地方の人が直接店舗を利用するのは難しく、その場合はインターネットを利用します。

ブラック対応の消費者金融もやはりホームページを持っていて情報発信をしていますが、融資には一度来店を要求している所が意外に多く、地方から探すのは時間がかかるかもしれませんが、インターネット上から借入ができる業者も有りますので焦らずにゆっくり探してみてください。ただしこういった業者でも審査があることを忘れてはいけません。

ブラックOKの業者でも審査の結果、返済能力に問題があると利息どころか貸したお金すら返ってこない可能性があるため、融資はしてくれません。ただしなるべく融資ができるように融資額は低く抑え金利は高く設定してリスクを回避するようになっています。そういう条件で良いのであれば、ブラックの人でも融資を受けることができると言う事です。

利用のおすすめはしない

ただし本当に困ったという場合以外の利用はお勧めできません。理由としては一度ブラックになってしまったという人の場合、やはりお金を借りてしまうとまた同じように返済に行き詰ってしまう人が多く、また生活に困ることになりかねないためです。したがってもし借りる場合でも十分注意する必要があるのは言うまでもありません。

まずはなぜブラックになってしまったのかと言う事をとことん追及してください。表面的な理由だけではなくて、その深層にはどのような原因が隠れているのかと言うことまで明らかにする必要があります。決して途中で追及をやめてはいけません。そして原因がわかったら、それに対する対策を明らかにしなければなりません。

借入したら、対策を実践して2度と同じ道を歩まないように注意しながら完済まで返済を続けましょう。この原因追求と対策の検討は自分だけで行っても無意味です。自分とは別の視点を持つ誰かと一緒に検討することが大変重要です。もちろん借入自体についても相談して、止めた方が良いと言われたら行うべきではありません。

ブラックかどうか分らない場合

自分がブラックかどうかよくわからないけれども、何度カードローンを申込んでもどこも審査に通してくれないと言う人もいます。そういう場合、客観的に見るとブラックではないかと思うのですが、自分にそういった状態になる原因が思い当たらないとなかなか自分がブラックになっていると言う事を考えずさらに焦った状態になることがあります。

そういう場合は自分の信用情報は閲覧することができます。閲覧して自分の目でブラックになっているようなら理由を調べることができます。そして納得がいけばよいですが納得できなければ修正をしてもらうように申請することが可能です。情報のミスと言うのはそう有ることではないのですが、全くないとも言えません。

【参考ページはこちら】
ブラックでも利用できるカードローンってあるの?

新着記事
TOPICS