> > > あきらめないで!カードローンに何度も落ちる理由とその対策

あきらめないで!カードローンに何度も落ちる理由とその対策

特にこれといった目的がなくても使えるカードローンは、とても便利で魅力的なので利用したことやカードを持っている人も多いのではないでしょうか。ただ、いざ利用したいと思い申し込みをしたとしても審査に引っかかってしまい「利用することができない」という人も中にはいるのでは?

何度申し込みをしても通ることができずに、

  • 審査が甘いところはどこなのか?
  • 審査に通るにはどうすればいいの?

といったような質問をしている人も見かけることもあるので、利用する人も多いですが、「利用できない」という人も結構いるのだなと感じました。では、カードローンの審査に「何度も落ちてしまう」という人が審査に通るにはどうすればよいのでしょうか。

最近はWEB上にさまざまな情報があり、調べればわかることですが紹介していきたいと思います。

何度もカードローン審査に落ちる

カードローンは基本的には複数回申し込みをすることができますが、「何度申し込みをしても審査落ち」という人もいるのではないでしょうか。複数申し込みができるからといって、「落ちてしまった理由」を改善しておかないと何度申し込みをしても審査の結果はかわりません。

最初に申し込みをしたところには審査に落ちたけど、次に申し込みをしたら無事に審査に通ることができた、といったことが起こることもありますが、たくさん申し込みをしてすべて落ちるなら何か自分の情報にまずいところがあるのです。

審査に落ちてしまった理由は知ることはできず、改善することは難しいですが「落ちた理由」はある程度WEB上で情報を得ることができます。

何度も審査に落ちてしまう原因

カードローンの審査に落ちてしまう原因には複数あるので、自分がどの原因に当てはまるのか?自分の属性と照らし合わせてみてはどうでしょうか。

  • 属性に問題がある
  • すでに借り入れがある
  • 限度額と収入が見合っていない
  • 申し込みのしすぎ

調べてみればまだまだあるのかと思いますが、だいたいこんな感じの理由で審査に落ちます。自分に当てはまりそうなものはあったでしょうか。あてはまるものがない人もいるかもしれませんね。

「審査に落ちてしまった理由は知ることができない」と書いてしまいましたが、「信用情報機関」に自分の情報を開示請求してみると、どんな理由で落ちてしまったのか知ることができます。

信用情報機関にはこんなところがあります。

  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター
  • JICC

落ちてしまう理由解説

落ちてしまう原因を紹介しましたが、詳しくは書かなかったので紹介。原因には対策もあるので、何度も落ちてしまうようなら落ちてしまった理由をじっくり考えて対策をしておくようにしましょう。

  • 属性に問題がある

属性というのは自分の情報のことで年収や勤務年数・住居の情報などが属性に含まれています。それ以外には職業・保険証の種類・家族の構成といったものが含まれていて、それぞれ審査で有利になる属性というものがあるのです。

たとえば年収ですが、これは高ければいいというものではありませんが、高ければ審査では有利になります。同じように勤務年数も長いほうが有利だし、今住んでいるところに長年住んでいるといったことも審査では有利です。自分の属性も審査で落ちてしまう原因になってしまっていることもあるので、確認してみるといいでしょう。
  • すでに借り入れがある
カードローンを利用したことがない人には当てはまらないことですが、すでに年収の3分の1のお金を借りていたり、借り入れがたくさんあったりすると審査に通ることができません。一部の金融業者では総量規制というものがあり、年収の3分の1を超える借り入れができないようになっています。

すでに借り入れがあるのであれば、どのくらいの借り入れがあるのか確認しておくようにしましょう。

  • 限度額と収入が見合っていない

カードローンは基本的に限度額の範囲であれば自由に使うことができるので、やっぱり高いほうが魅力的に思うかもしれません。高く設定したいというのはわかりますが、自分の年収で返済ができないような金額だと、審査で落とされてしまうのです。

最大でも年収の3分の1の限度額を希望することができますが、最初から多額を希望すると審査に通る確率は低くなってしまうでしょう。自分の生活に支障がでない金額を希望したり、最初はあえて低い限度額を希望したりすると審査に通る可能性も高いです。
  • 申し込みのしすぎ

何度も審査に落ちてしまい、また更に何度も申し込みをしたいという気持ちはわかりますが、短い期間で大量に申し込みをしてしまうと「申し込みブラック」になってしまうので注意が必要です。

1か月に申し込みを行うところは2~3社程度に抑えておいて、すべて審査に落ちてしまった場合でもそれ以上の申し込みをしないで、最低でも半年間は期間を開けてからまた挑戦してみるといいでしょう。

審査に落ちてもあきらめない

審査に落ちてしまう理由は人によってさまざまですが、原因を解消することができればカードローンを利用することは可能です。何度か落ちてしまっても、「一生借り入れができない」ということではないので、あきらめずに申し込みをしてみるのもいいでしょう。

  • 別のところに申し込みをしてみて審査に通った

といったこともたくさんあるので、審査に落ちてしまった理由を改善しておき次に備えておくと、次に申し込みをしたときに審査に通る可能性も見えてくるでしょう。
(⇒なぜ審査に通らない?意外な原因をピックアップ!

携帯料金の未納で審査に落ちる?

カードローンの審査に落ちてしまう原因には書きませんでしたが、携帯料金の未納があったりしても審査で落とされることがあるようです。スマートフォンといったものが流行っていて、一人に一台大抵みなさんお持ちなのではないでしょうか。

最近は携帯本体の料金も分割払いになっていると思いますが、これもローンの仲間になるようで未納や遅延があると審査で落とされてしまいます。毎月しっかり支払いができているのであればいいのですが、携帯料金の支払いも行えているのか確認しておきましょう。

キャッシングやカードローンのことを調べていると、「ブラック」といった言葉をよく見かけると思いますが、これには金融事故の情報が載っているのです。

支払いが遅延するとブラック

キャッシングやカードローンを利用したら返済する必要がありますが、遅延してしまったりすると「事故」として情報が載ってしまいます。よくブラックとか言われていて、金融事故を起こした情報のことをそう呼ぶそうです。

関係ないと思うかもしれませんが、以外にも携帯料金の未納や支払い遅延でも、このブラックには載ってしまうことがあります。携帯は最近一人一台、多くの人が持っていて身近なものになっているので、使ってみれば料金が支払われているのか確認することもできますが、カードローンの審査落ちの原因にもなるので注意してください。

具体的にどのくらい支払いを遅延すると、ブラックに載ってしまうかというと、「3か月以上」の遅延があると事故情報として載ってしまいます。一度載ってしまうとしばらくはお金を借りることができなくなってしまうので、事故情報に載らないように支払いは毎月しっかりと行うようにしましょう。

どんな人が審査では有利なの?

カードローンでは審査に通りやすい人もいれば、通りにくくて何度も審査に落ちてしまう、という人もいます。

  • 何度も審査に落ちてしまったら、もう利用はあきらめないといけない?

と思うかもしれませんが、審査落ちの原因を解消してみたり、別のところに申し込みをしてみたりすると契約できることもあるのです。別にあきらめる必要もないので、どうして審査に落ちてしまったのかよく考えてからもう一度挑戦してみるといいでしょう。

さて審査に通りやすい人ですが、

  • 良い属性を持っている
  • 他からの借り入れがない
  • 借入していても返済遅延がない

といった人がカードローンの審査では通りやすいといわれています。

属性にはどんなものがあるのか紹介したと思いますが、例えば年収や勤務先です。年収は高いほうが有利だし、勤務先は大手の企業だったり公務員だったり、安定した給料をもらえる職業の人のほうが審査では有利です。

最近のカードローンはアルバイトやパートといった人でも利用できるようになっていますが、アルバイトなどよりも正社員の人のほうが審査では有利です。ちなみにアルバイトだからといって借り入れすることができない、ということではないです。

属性の項目や基準はカードローンによってさまざまですが、より良い属性を持っていたほうが審査で有利になって審査にも通りやすいです。「審査に通らないよ」という人は、自分の属性をもう一度よく確認してから、再度申し込みを行ってみるといいでしょう。

初めて利用する人は有利?

カードローンを利用している人はたくさんいると思いますが、「初めて利用する」という人も中にはいます。

  • 「初めて利用する」
  • 「すでに利用したことがある」

上記の条件の場合ではどちらが審査で通りやすいのでしょうか。調べてみたのですが、「初めて利用する人」が有利と書いてありましたが、「すでに利用したことがある人」が有利、と書いてあるところもありました。

正直どちらが審査で有利なのかは難しいところです。カードローンを利用したことがない、ということは借り入れ履歴、たとえば返済が遅れてしまったなどの情報もないわけですから審査では有利になるのかもしれません。

すでに利用したことがある人は履歴があり、返済事故を起こしてしまっている人は不利かもしれませんが、「毎月しっかりと返済できている」という人は審査では有利になりますね。

利用したことがある人とない人を比べてどちらが審査で有利かというと、利用したことがある人の借り入れの状況によって変わってくるのではないでしょうか。さすがに、すでに年収の3分の1を借りていたり、契約しているカードローンの数がかなり多かったりすると「すでに利用したことがある人」は審査で不利になると思いますが。

初めて利用するなら、借入件数なども0なわけですから、自分の属性によって通りやすいのか、そうでないのか、変わってきます。カードローンを利用したいなら、自分の状況・借り入れの状況や属性をよく確認してから申し込みを行うようにしましょう。

最近はカードローンを扱っている業者のサイトで仮診断を受けることができ、自分の年収や借入件数などを入力することによって、「あなたが借り入れできる人なのか?」診断してくれるものがあります。

仮審査に通ったから契約までできるというわけではありませんが、借り入れができるのか確認することは可能なので、何度も審査に落ちるならカードローンに申し込みを行う前に一度利用してみてください。

【参考ページはこちら】
審査が緩いカードローン、在籍確認は必要

新着記事
TOPICS